結果

2021年令和3年 桜花賞 結果

2021年令和3年 桜花賞 結果

2021年・桜花賞の予想オッズはこのように予想しています。
無敗の2歳女王・ソダシが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
———————
U指数を使って予想する者からすると、この桜花賞は完全なるボーナスレースと言うことができる。過去5年間で二桁順位の馬券絡みはなし。そのうえ、毎年5位以内の馬が2頭以上3着以内に入っている。そのなかには、単勝40.8倍の低評価ながらもU指数2位にランクされていた2017年1着のレーヌミノルも含まれるので、破壊力は満点だ。全体的に人気サイド決着の多いレースで、超高配当は望みづらいが、そのぶん当てやすいと考えることができる。U指数上位勢を中心に、しっかり攻略していきたい。
最初に名前を挙げるのは、前走のチューリップ賞で粗削りなレースぶりを見せながらも同着で勝利を手にした2位のメイケイエール(93.3)。激しい気性で課題は残るが、潜在能力は一級品なので、あっさりがあってもおかしくない。阪神JFで激しい1着争いを演じた3位のサトノレイナス(91.9)と5位のソダシ(91.7)も当然圏内と見るべきだろう。
そして、大注目の存在なのが1位にランクされているジネストラ(93.5)。アネモネS2着からの臨戦でまったく人気はないが、U指数はその能力を高く評価している。レーヌミノルの再現に期待が高まるところだ。

皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞、優駿牝馬(オークス)とともに“3歳クラシック”の一角を成すレースであり、牝馬3冠の1冠目に数えられる。仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、秋に行われる秋華賞(このレースはクラシック外)の3タイトルをものにし“牝馬3冠”の称号を手にしたのは、メジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。第35回(1975年)は単勝支持率88%で1.1倍の断然人気を集めたテスコガビーが、2着に1.9秒という桜花賞史上最大着差をつけて勝利。この圧勝劇は、実況を担当した関西テレビの杉本清アナウンサーの「後ろからはなんにも来ない」という名調子とともに、今も語り草となっている。第50回(1990年)の勝ち馬アグネスフローラ、第53回(1993年)の勝ち馬ベガは、繁殖にあがってからも優秀な産駒を輩出し、G1ホースの母となった。阪神競馬場が改修されて直線距離が延びてからは鮮烈な追い込み勝ちも見られるようになり、第69回(2009年)のブエナビスタ、第74回(2014年)のハープスター、第76回(2016年)のジュエラーらが、目の覚めるような直線一気を決めて先頭でゴール板を駆け抜けている。

昨年はエピファネイア産駒の2番人気デアリングタクトがデビューから無傷の3連勝で重賞初制覇。父エピファネイアも種牡馬としての初重賞タイトルとなり、大舞台で強い競馬を見せる姿こそRoberto系の神髄とも言えるだろう。
過去10年の種牡馬傾向としては、5勝を挙げるディープインパクトが頭ひとつ抜けた存在。また、2020年デアリングタクト(父エピファネイア)、2016年ジュエラー(父ヴィクトワールピサ)の勝ち馬2頭は初年度産駒となり、ロードカナロアやディープインパクトも種牡馬としての初G1制覇が桜花賞であったように、期待の種牡馬が箔を付けるレース傾向もうかがえる。メイケイエールは、父ミッキーアイル×母シロインジャー(母の父ハービンジャー)。近親に同世代の2歳女王として君臨するソダシがいる血統。本馬は父ミッキーアイルを彷彿とさせるスピードが武器で、20年ファンタジーSでは芝1400mの2歳日本レコードを更新しているほど。闘争心が強く、前向きすぎる気性に課題は残すが、好相性を示すディープインパクトの直系かつ新種牡馬の産駒という観点からも注目しておきたい存在だ。アカイトリノムスメは、父ディープインパクト×母アパパネ(母の父キングカメハメハ)。過去10年で5勝と他の種牡馬を圧倒するディープインパクト産駒であることを強調しやすく、母の父キングカメハメハも昨年の勝ち馬デアリングタクトを出している。なお、母アパパネは10年桜花賞の勝ち馬でもあり、本馬は母娘制覇のかかった一戦としても注目度が高い。母は一度使われるとパフォーマンスを上げるタイプでもあったので、休み明け2戦目となる臨戦にも好感を抱ける。ククナは、父キングカメハメハ×母クルミナル(母の父ディープインパクト)。芝とダートで活躍したピオネロの姪にあたる血統で、母クルミナルは15年エルフィンSを勝ち、15年桜花賞で7番人気2着、15年優駿牝馬で6番人気3着と人気薄ながら牝馬クラシックでも存在感を示した。良く言えばオールラウンダー、悪く言えば器用貧乏なファミリーではあるが、相手なりに走れる競馬センスは大舞台でこそ真価を発揮する。

土曜日の阪神芝のレース結果、近年の桜花賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。
この中間は火曜日に2ミリ程度の雨が降っただけ。路盤がドライなうえに、A→Bコース変更週とあって芝の状態も良好。メインレース・阪神牝馬S(牝馬限定G2・芝1600m)の勝ちタイムは1分32秒0の高水準。時計が出やすいコンディションだったと推察される。
だが、土曜日の結果を振り返ると、内・前有利というわけではない。むしろ、隊列の中~外めからスムーズに進出した馬、あるいは内から中~外めへ上手にスイッチした差し馬の活躍が目を引いた。
事実、芝コースで施行された平地5競走の勝ち馬の4角通過順位は3、10、7、6、2、8番手(10Rは同着2頭)。加えて、上がり3ハロン1~2位馬が【4.2.2.3】と優秀な成績を収めている。確かな決め脚を要求される馬場であることに疑う余地はない。
日曜日の降水確率はゼロ。気温の上昇に伴う含水率低下を加味すると、内&先行の優位性が多少増す可能性はある。とはいえ、一気に状況が様変わりするとも思えない。従って、無理なく加速可能な位置を確保できそうな馬を上手に狙いたいところだ。
枠順については判断するに悩ましいが、揉まれないポジションからスムーズに進出する馬が有利という状況を踏まえると、真ん中より外めの枠が優位に働くことも考えられる。ゆえに、5~8枠に対する意識を強めたほうがいいかもしれない。
血統面については、良馬場(JRA発表)で行われた直近5回の桜花賞の複勝圏内15頭を父系別でみると、サンデーサイレンス系が10頭、キングマンボ系が4頭。この2系統でほぼ占められている(残りの1頭はレッドゴッド系の2019年3着馬)。当てはまる馬はプラスに評価してしかるべきだろう。
また、前走が芝マイルのオープンクラスで3着以内、または1番人気の支持を集めていた馬が存在感を放っているのも、近年における桜花賞の大きな特徴。良馬場(JRA発表)で行われた直近5回の1~2着馬は、例外なくこの条件をクリアしている。血統面と合わせて押さえておきたいポイントだ。
今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(5~8枠)の要点をともに満たしているのは、⑩アールドヴィーヴル、⑪ジネストラ、⑱サトノレイナス。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。

2020年令和2年 香港スプリント 2020 結果

2020年令和2年 香港スプリント 2020 結果

香港マイルは12月13日(日)の15時50分(日本時間:16時50分)に発走予定。国際的な名馬が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!

CLOSEHOME競馬ニュース【競馬】香港国際競走 ダノンスマッシュ&ノームコアの日本馬2騎が優勝!

3歳クラシック第2戦「日本ダービー2018」のレース展望と有力馬解説。注目の枠順やブックメーカー発表のオッズをもとにずばり勝ち馬を予想!

日本からは同大会で連覇を目指すアドマイヤマーズや昨年のリベンジを果たしたい香港の実力馬ビューティージェネレーションらが参戦を予定しています。

【ウィリアムヒル】日本ダービー2018:不敗神話は続くのか?2歳王者のダノンプレミアムの優駿戴冠は?ブックメーカーが注目のオッズ発表! 3歳クラシック第2戦「日本ダービー2018」のレース展望と有力馬解説。注目の枠順やブックメーカー発表のオッズをもとにずばり勝ち馬を予想!

昨年のレースでは見事を演じ、3連覇をかけて望んだビューティージェネレーションの追づいを振り切っての勝利は競馬ファンを沸かせたくれました。今回も両者が激突する香港マイルでは、どのような展開になるかは見ものでしょう。

香港の国際レースと言えば、1988年に創設された香港カップのみが開催されたたけ、当時は日本でもジャパンCが創設されたころで、欧州からの出走馬がほとんどないという状態を迎えていた時期。しかも日本よりもはるかに格が劣る香港のレースで欧州の一流馬が出走するわけがなく、創設当時は地元香港の馬、そして隣接するシンガポール所属馬が大半という状態でした。

香港スプリント出走のダノンスマッシュ、「落ち着いている」

競馬 【10Bet】インターナショナルステークス2019:日本から参戦のシュヴァルグランは23倍オッズ!クリスタルオーシャンやジャパンが上位人気に 日本語のブックメーカー「10Bet」が英インターナショナルS2019のオッズを発表。有力馬の分析やレースを展望する。ジャパンは3番人気の5.5倍。競馬 【bet365】有馬記念2016:ブックメーカー単勝1番人気は1枠1番キタサンブラックと6枠11番サトノダイヤモンドが並んで2.75倍! 有馬記念2016枠順が21日確定し、キタサンブラックは1枠1番に。ブックメーカー発表の単勝オッズを見ながら有力馬やレース展開を徹底分析。競馬 【ウィリアムヒル】英ダービー&英オークス2015:ゴールデンホーンとレガティッシモが1番人気!ブックメーカー発表単勝オッズとレース最新情報 英ダービー&英オークス2015が日本時間の6月6日、7日の深夜にエプソム競馬場で開催される。ブックメーカー発表の単勝オッズから読む展望。競馬 【ウィリアムヒル】日本ダービー2018:不敗神話は続くのか?2歳王者のダノンプレミアムの優駿戴冠は?ブックメーカーが注目のオッズ発表! 3歳クラシック第2戦「日本ダービー2018」のレース展望と有力馬解説。注目の枠順やブックメーカー発表のオッズをもとにずばり勝ち馬を予想!競馬 【ウィリアムヒル】凱旋門賞2014にジャスタウェイ、ハープスター&ゴールドシップ参戦!日本馬悲願の初優勝なるか!?注目のオッズは? 凱旋門賞2014で悲願の日本馬初制覇なるか!?ジャスタウェイ、ハープスター、ゴールドシップの3頭が凱旋門賞初Vを狙う!気になるオッズは?競馬 【10Bet】キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス2017:欧州三冠第2戦の単勝オッズをブックメーカー発表!ハイランドリールの連覇なるか? 凱旋門賞2017を制する馬は登場するのか?欧州三冠第2戦「キングジョージ6世&クイーンエリザベスS」の展望。10Betが単勝オッズ発表。

2020年令和2年 福岡国際マラソン 結果

2020年令和2年 福岡国際マラソン 結果

アメフトの社会人Xリーグ1部(X1)エリアに所属する「みらいふ福岡SUNS(サンズ)」は5日、日本人初の米プロフットボールNFL選手の誕生を目指す「SUNSNFLPROJ…

福岡国際マラソン(12月2日・平和台陸上競技場発着)に出場する有力選手が30日、福岡市内で記者会見し、前日本記録保持者で26歳の設楽悠太(ホンダ)は「勝つための準備はできている。優勝を目指す」と淡々とした口調で決意を述べた。

大会ハッシュタグ「#福岡国際マラソン」

15年世界選手権覇者のギルメイ・ゲブレスラシエ(エリトリア)は「いい練習ができた。ベストを尽くして結果を出したい」と意気込んだ。

空手の全日本選手権(13日、日本武道館)で体重無差別の組手に出場する東京五輪組手女子55キロ級代表の宮原美穂(帝京大職)=福岡…

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした…

2020年東京五輪の代表選考会への出場権が懸かる。4月にボストン・マラソンを制した川内優輝(埼玉県庁)は既に出場権を得ているが「このメンバーは楽しみ。競り合いながら走りたい」と好レースへの期待感を示した。

高知市内で非公開の合宿をしているソフトボール女子日本代表の上野由岐子(ビックカメラ高崎)=福岡市出身=が2日、オンラインで取材に応じ、15日までの合宿で投げ込む意向を示し…

2020年令和2年 福岡国際マラソン 2020 結果

2020年令和2年 福岡国際マラソン 2020 結果

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小して6日に開かれた福岡国際マラソン。国内トップ選手が福岡の街を走り抜け、市民ランナーも奮闘した。コロナ禍で迎えた大会をボランティアが支えた。
【写真】2位でゴールする大塚祥平=西岡臣撮影
優勝した吉田祐也選手(23)ら上位選手は、レース後オンラインで報道陣の取材に応じた。
フルマラソン2回目の吉田選手は「100%出し切って優勝できてうれしい」と語った。大学卒業後は競技生活から離れようとしていたが、卒業前の別府大分毎日で2時間8分30秒の好成績を出し、就職内定先に断りを入れて競技を続けることを決めた。所属チームの花田勝彦監督は「世界で戦える。国内で終わる選手ではない」と評価した。
2位に入った大塚祥平選手(26)は大分市出身で九電工に所属。福岡国際は初挑戦で「コンディションがよく風も感じずに走りやすかった」。序盤に集団の中で転倒し、左すねに血がにじんだ状態でゴールした。「痛みもなく、全然影響はなかった」と振り返った。
大濠公園で練習を積み、地元ファンも多い福田穣選手(29)は、8月に西鉄を退社。プロに転向しNNランニングチームに所属したばかり。プロ初戦として挑んだが、11キロ地点での転倒が響き13位でゴールした。
チームは同じ日の海外レースをデビュー戦に見据えていたが、福田選手は「応援してくれている人や、西鉄の仲間に見てもらえる福岡で走って結果を出したい」と、出場を決めた。
福岡国際では一昨年7位、昨年3位と好成績を残してきただけに悔しさが残る。「プロとして良い結果でスタートしたかったが、一番苦い大会になった」

【名珍場面2020】「この球種はなに?」 韓国球界で生まれた“謎変化球”に米騒然「気持ち悪い球だ」

Copyright © 2020 朝日新聞社 無断転載を禁じます。