綾野剛

2021年令和3年 松本潤 小栗旬 綾野剛

2021年令和3年 松本潤 小栗旬 綾野剛

昭和最大の未解決事件の犯人からの脅迫テープに使われた「子どもたちの声」――、その声の持ち主たちは今どこでどうしているのか?そのひとりが、35年後、録音された記憶はないが確かに自分の声だと知ってしまったことから始まるこの物語の「着想の凄み」に心を掴まれました。そこから紡ぎだされ織りなされていく物語の数々とその深いテーマ性に、映画作品にしたい、しなければならないと奮い立ってしまいました。フィクションとはいえ、そこに宿る悲しみや切なさを、映画を通して救ってあげたいと心から思いました。人生と世界には自分では抗することのできない宿命があり、人はそれに向き合い、立ち向かい、乗り越えていくしかありません。そのなかで自分の大切なものを知り救い出していかなければいけません。この物語の中でその使命を託すべくふたりの人物――阿久津英士と曽根俊也――は、今回この役柄を引き受けてくださった小栗旬さんと星野源さんだと、原作小説を読み終えるまでにすでに頭の中に立ち上がっていました。おふたりとはこれまでにドラマ作品でご一緒したことがあります。それぞれが、当代きっての俳優であり表現者だと、心の中でずっと多大なリスペクトとあこがれを持ってきました。長い人生のなかでも大切なことを知り向き合う年代である30代後半の彼らとともに、今の彼らだからこそ表現できる人生の大切な物語を作りたいとずっと思ってきました。おふたりだからこそ、そして、ふたりでだからこそ、普通の市井に生きる人にも立ちはだかる宿命と悲劇、そこから救い出してくれる物語をこの映画を通して生み出せると確信を抱かせてくれます。私たち制作チームは奮い立っています。是非ご期待ください。

阿久津英士役に小栗旬、京都でテーラーを営む曽根俊也役に星野源がキャスティング。小栗と星野は映画初共演となる。監督は映画『いま、会いにゆきます』『映画 ビリギャル』、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』などの土井裕泰が務め、脚本はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』『獣になれない私たち』などの野木亜紀子が手掛けた。

「平成」から「令和」へと時代をまたいでゆくこの春に、小栗旬、星野源という今を代表する2人の表現者とともに、この「昭和」の未解決事件の物語に挑める幸せと責任を感じながら日々現場に立っています。

また星野源は「『この役を源ちゃんでイメージしているんだ』と言って頂いた時から長い年月を経て、その役・曽根俊也を演じられることを感慨深く、嬉しく思います。そして、随分前から知り合っていた小栗くんと初めてじっくりとお仕事できること、心から信頼し、尊敬している土井監督、野木さんとまたご一緒できることも本当に嬉しく、幸せに思います」と述べている。

3年前、とある作品の撮影中にプロデューサーの那須田さんと雑談していた時。この作品のストーリーを聞き、その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えています。「この役を源ちゃんでイメージしているんだ」と言って頂いた時から長い年月を経て、その役・曽根俊也を演じられることを感慨深く、嬉しく思います。そして、随分前から知り合っていた小栗くんと初めてじっくりとお仕事できること、心から信頼し、尊敬している土井監督、野木さんとまたご一緒できることも本当に嬉しく、幸せに思います。悲劇でありながらも、人間がこの社会で生きる上でとても大切なメッセージが込められたこの作品の中で、曽根俊也の悲しみと共に生き、演じていきたいと思います。

小栗旬は「素晴らしいスタッフ、キャスト、そして独特の存在感を持ち、物腰が柔らかく、私自身、時折ただのファン目線で一緒に撮影していることを喜んでしまう、星野源という素晴らしいアーティストと共に作れること。そして、阿久津という人間を通して、数々の声と向き合い、寄り添い、反発しながら、真実の声を聞き逃さないように真相にたどり着けたらと思います」とコメント。

「平成」が幕を引き、新しい時代を迎えると、歴史に刻まれる「昭和」の皺が、また一つ深まる。
『罪の声』はフィクションであるが、モデルにした警察庁広域重要指定114号は、昭和史最大の未解決事件である。犯人グループは、関西弁のユニークな挑戦状をマスコミに送りつけ、街のあちこちに指示書を貼って身代金を運ばせるという、史上初の劇場型犯罪を起こした。
21歳のとき、私は事件に子どもの声が利用されていることを知った。犯人グループは身代金受け渡しの指示書代わりに、子どもの声が入った録音テープを流したのだ。一説には3人の子どもが関わっているとされるが、私は最年少の未就学児と同世代で、しかも同じ関西に育った可能性が極めて高い。どこかですれ違っているかもしれない……そう思った瞬間、全身に鳥肌が立ち、どうしてもこの子どもたちの物語を書きたくなった。それから『罪の声』を完成させるまで、15年の歳月を要した。
映像化は容易ではない、と考える自分がいるのは事実だ。しかし、阿久津英士役に小栗旬さん、曽根俊也役に星野源さんと伺ったとき、自分のイメージを超える配役だと膝を打った。その後、キャストとスタッフを聞くにつれ、考えうる限り最高のプロが集ったと興奮した。映画化の依頼を受けてから、プロデューサー陣の本気を感じる機会が幾度もあった。その表れの一つが、硬軟自在に物語を紡ぎ出す野木亜紀子さんによる脚本だ。
この映画は総力戦になる、という予感がある。
また、そうでなければ戦後最大の未解決事件に立ち向かえはしない。
新しい時代を迎える日本で、映画が持つ大きな力を信じて、大作の完成を待ちたい。

2021年令和3年 綾野剛 結婚

2021年令和3年 綾野剛 結婚

「自分にオファーをいただくときは、「藤井組」にオファーをいただいたという認識でいる」と藤井監督は言う。「撮影の今村(圭佑)は大学時代からのつき合いですし、美術の部谷(京子)さんは僕を映画の世界に入れてくれた母のような人(藤井監督は部谷が実行委員長をつとめる映画祭のコンペ部門で受賞歴有)。監督だけが呼ばれても本質的なものは撮れなくて、撮影、照明、録音、美術などメインのチームを固めることで、相手が求めているパフォーマンスを出せるんです」。
今村は今回、時代ごとに映像のテイストを変えた。第一章では手持ち撮影がメインで、フィルムの生っぽさとざらつきを思わせる質感と陰影のコントラストが、かつての香港ノワールのようなムードを醸し出す。第二章では小型クレーンを多用してダイナミックな躍動感と緊張感を作り出し、第三章では一転してFIXの視点から登場人物たちを見つめる。画面サイズも過去パートの第一章と第二章は横長のシネスコ、現代パートの第三章だけ特大のIMAXが選ばれた。『燕Yan』(20)で監督経験もある今村の映像の魅力を、藤井監督はこう語る。「今村の映像には演出が乗っているんです。目には見えない心を撮る力がある。レンズの距離やカメラワークの一つ一つにそれが反映されているんです」。ちなみに今村は市原の初主演作である『リリィ・シュシュのすべて』(01)で撮影を担当した故・篠田昇に影響を受けたことを公言している。
撮影現場では、本番のカットがかかった後に、綾野と藤井監督が並んでモニターをチェックする姿が日常となっていた。自らが主演としてカメラの前に立ちながら、カメラの内外で全体に目を配る。それは並みの体力・精神力でできることではない。「綾野さんは自分がどう映っているかを気にしているのではなく、共演相手がやりづらい思いをしていないか、照明の位置までも把握した上で演じているんです」(藤井監督)。
家族は時代も国境も超える。日本映画というジャンルにとらわれず「アジア映画を作ったつもり」と綾野が自負する『ヤクザと家族TheFamily』は、きっと世界を分断から救う力になれるはずだ。

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。millennium parade/King Gnu/綾野剛/藤井道人/ヤクザと家族 The Familyの最新情報はリンク先をご覧ください。

杉咲は病気によって若くして命を落とす渡辺サクラを体現し、ドラマ「中学聖日記」で注目を浴びた岡田は太郎と深く関わっていく青年・あゆむ役で銀幕デビューを果たす。そのほか、小澤が弥生と結婚するがある事故に巻き込まれる白井卓磨、黒木が太郎の母・真理亜に扮し、脇を固める。

反社会勢力時代のヤクザをこんなに切なく描くとは!
家族との葛藤を綾野剛が歳を重ねながら熱演し、組長・舘ひろしのなんたる存在感、哀愁。
北村有起哉、市原隼人、役者が皆光る令和版ゴッドファーザー。

そして、何よりも個人的には脚本の完成度の高さが随一のドラマだと思っています。「ご都合主義だなぁ」と思わせる展開が皆無で、どのエピソードも自然に受け入れられるし、共感できる…。しかも、随所にドラマが盛り上がるトラブルやイベントが違和感なく巻き起こり、初回から最終回までまったく飽きることなく楽しめます。さらに、このドラマの凄い部分は「結婚したら家事は無償でやることが当たり前だ」と思っていた世の女性たちの固定概念を打ち砕いたところ。専業主婦だけでなく、兼業主婦たちにも新たな価値観を提示したのではないでしょうか。また「友達でしょ」「ちょっとくらい手伝ってよ」「良い経験になるよ」など、優しさや好意・弱みにつけ込んで人の労働力を無償で利用とする人に「それは"やりがいの搾取"だ!」と言い切るみくりにも、大きな感銘を受けました…!老若男女楽しめる平成を代表する傑作ドラマなので、普段恋愛ドラマを観ない人でも大いに楽しめるはずです。

"不倫"を題材にしているためか、本ドラマの映像は常にどこか暗く、重く、不穏。そんなずっしりとした雰囲気の中で進んでいく2人の関係は、独身の人が観る印象と、結婚している人が観る印象ではまったく違うかもしれません。昔の不倫ドラマでは「不倫でも本当にお互い好きなら結ばれる」というラストが多いですが、このドラマは違います。不倫の代償とはどんなものなのか。その現実をしっかりと視聴者に突きつける後半の怒涛の展開は、ドラマらしからぬリアリティがあって個人的にはそこが高評価でした。さらに、上戸彩さん×斎藤工さんのセクシーでフェロモンたっぷりの演技は見逃せませんよ。切ない悲恋モノが好きな人は観なきゃ損する1本です。

『新聞記者』の撮影が終わり、河村プロデューサーと僕が次に選んだ題材は「新しいヤクザ映画」でした。前作同様、難産ではありましたが、変わりゆく時代の中で排除されていく「ヤクザ」という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品です。綾野剛という唯一無二の俳優とこの作品を一緒に作れたこと、舘ひろしさんをはじめとする素晴らしいキャスト、スタッフと「ヤクザと家族」という映画を作り上げたことを誇りに思います。是非、公開まで楽しみにしていてください。

出演が決まった時、嬉しさと同時に目の前に一枚の壁が立ちはだかった感覚でした。この壁を乗り越えなければならない。そんな燃え上がる思いで挑みました。翼の役と向き合っていく中で、監督はシンクロする瞬間を大事にしていたと思います。役、相手、空気感と。だから毎シーン気が抜けない。でも気持ちのいい緊張感がありました。そして何より綾野剛さんが正面から向き合って下さったことで翼という人間が作れたと思います。映画の世界はこんなにも素敵な場所なんだと肌で感じました。俳優とは?お芝居とは?をもう一度考える機会を頂けた大切な作品です。

1月29日公開の映画「ヤクザと家族 The Family」に、millennium paradeとして主題歌「FAMILIA」を提供した常田。今回の番組には常田のほか、映画の主演を務めた綾野剛、監督の藤井道人が出演し、映画に関するエピソードを語り合う。さらにそれぞれの作品への向き合い方、コロナ禍でのエンタテインメント業界の変化、プライベートに関する話題にも話はおよぶ。

綾野剛なくしてこの映画の誕生はあり得なかった。綾野は藤井監督の『デイアンドナイト』(19)公開時にもコメントを寄せており、「藤井さんとスターサンズチームがヤクザと家族をテーマに作品を作る。直感で参加を決めました。藤井さんは非常にクレバーな監督で、自分に求められていることを的確に把握してそれを形にできる。だからこそ、藤井さんが本当に撮りたい企画で、その才能を最大限に発揮して欲しかったんです」と参加を熱望した。
その言葉通り、綾野は脚本完成前の段階で出演を内諾。執筆中のみならず、撮影稿が出来上がってからも毎日のように藤井監督と言葉を交わし、「山本だったらどうするか」という目線で脚本に命を吹き込んだ。それだけでなく、金髪に真っ白なTHENORTHFACEの上下と白いNIKEのスニーカーという第一章での強烈なスタイルをはじめ、全編を通した山本のビジュアルにも、綾野のイメージした山本像が投影されている。こうした綾野のアプローチには藤井監督も「天才肌に見えるけどめちゃくちゃアスリートですごい努力家」と賛辞を惜しまない。そしてこの山本としての行動原理をふまえた綾野の見解は、作品の結末にも反映されることとなった。
山本にとって父親的存在となる柴咲役は、藤井監督たっての希望で、舘ひろしにオファーを敢行。脚本に惚れ込んだ舘は即これを引き受ける。「舘さんが主演された『免許がない!』(94)が好きだったんです。漢(おとこ)だけど包容力のあるあのニヒルな目を、剛さん演じる山本に送ってくれたらどうなるだろうという期待がありました。柴咲に求めていたのは武闘派の親分ではなく、時代の成り行きでヤクザの親分という職業に就いた、一家の「父」です。今の社会に足りないのは柴咲の温かさではないか……と思っていたのですが、舘さんは脚本からそのことを読み取ってくださっていました」(藤井監督)。柴咲を演じるにあたって、舘ひろしは「『スカーフェイス』(83)のアル・パチーノ」をイメージしていたという。「柴咲は当初、終始穏やかな側面を見せている方向性だったのですが、敵対する加藤(豊原功補)が襲いに来るにはまず彼に恥をかかせなければいけない。そのためにも、柴咲の怖ろしさをうかがわせるカットが欲しいと思ったので、それをいかに見せるか藤井監督と話し合いを重ねながら考えました。僕が今までつき合ってきた監督はほとんどが助監督上がりでした。でもここ何本かは、撮影所育ちではなく最初から自分の作品を撮って世に出てきた監督とやらせていただいている。藤井監督もその一人ですが、撮影現場では若いスタッフたちが何一つ妥協していなくて、久しぶりに骨のあるハードボイルドな作品に出演できたのは嬉しかったですね。」

感情表現が下手で理論的&合理的すぎる"リケジョ"を杏さん、"高等遊民"と自称し実家で引きこもり生活を送るダメ男を長谷川博己さんが演じています。この2人がキャスティングされたことで、ドラマの面白さが際立ったことは間違いありません。初デート・プロポーズ・クリスマス・お正月・結納など結婚へ向けてのイベントをこなしながら、どんどん成長する2人の姿は、ベタかもしれませんが素直に心が揺さぶられます。不器用すぎる2人なので共感ポイントは薄いにせよ、笑って泣けるドラマなので疲れたときに無心で楽しむことができますよ。

河村プロデューサーと話して、主人公の山本という役は綾野剛以外考えられない、という共通の認識でした。20年の役を生きる山本という役は、その時代を象徴するかのように様々な繊細な感情を表現しなければならなかったからです。綾野さんのストイックな役への姿勢は、本作の脚本の世界を何倍にも広げてくれました。柴咲組の組長を演じた舘ひろしさんは、僕のリクエストです。かっこよくて、でも愛嬌もある、優しい「父親像」を舘さんに託しました。舘さんには撮影時本当にたくさんのことを教えていただき、僕の監督人生の大きな財産の一つとなりました。

このドラマは「病気になった女性を献身的に支える」というところがメインではありません。病気なんて関係なく「絶対この人じゃなきゃダメだ…!」という強い気持ちで惹かれ合う2人の恋愛が主軸となっています。病気と聞くと、ついついその闘病生活に目がいきがちですが、本作の感動ポイントはあくまで2人の"純愛"です。ドラマ上でイチャイチャとじゃれ合う姿は、観ているこっちが癒されるほど微笑ましいです。恋の始まりから、結婚、出産、子育てなど、ごくごく普通な男女の人生のステップを進んでいくのと同時に、主人公のアルツハイマーの病気はどんどん進行していき…。サブタイトルにもある通り、大好きな人が自分のことをどんどん忘れてしまう話なので、ラストは切なくて号泣必至。だけど、それまでの過程は心温まるものばかり。 憂いに沈むときに鑑賞すれば、心が洗われるドラマです。

単なるヤクザ映画というわけではなく、色んな家族がある中で、こういった家族の描きかたをするんだなと撮影前から楽しみで、撮影中は心穏やかにいることが出来ました。年の近い若いチームだけれども、チームワークがすごく良くて、藤井監督の人柄なんだろうなと思いました。監督というリーダーと頼れるお兄さんになっていた綾野さんと本当に楽しい現場でした。ぜひ楽しみに待っていてください。

「ヤクザ」という題材で家族の愛を描いた作品(脚本)に、大変興味を持ちました。藤井監督は感情表現を繊細に演出し、俳優スタッフが一つとなり、丁寧に作品を作り上げていきます。その姿勢に感銘を受けました。綾野剛さんは、訴えかける目力が素晴らしい。いつも作品のこと、役柄を深く考えており、役の中をリアルに生きている、そんな俳優さんだと思います。とても刺激をもらいました。『ヤクザと家族 The Family』どうぞ、ご期待ください。

2021年令和3年 綾野剛 星野源

2021年令和3年 綾野剛 星野源

こうした定石を手堅くおさえた上で、綾野剛は「志摩と伊吹という、新しいメソッドをつくりたい」と意気込んでいた(引用:『SWITCH』5月号/スイッチ・パブリッシング刊)。その発言の真意はこれから物語が展開していくと共に鮮明になっていくだろうが、現段階で予想するなら、人間の多面性だろう。人には、様々な人格や行動パターンが内在している。“野性”と“理性”。“正義”と“悪”。どの両面を内包させ、局面ごとに多様な顔を使い分けるのが人間だ。

少なくとも綾野剛と星野源は、そんな多面性を演じるに十分な力量を持った組み合わせ。プライベートでも仲が良く、以前共演した『コウノドリ』(TBS系)でも息の合った演技を披露していた。“バディもの”が氾濫する今こそ、他に類を見ない “バディもの”を見せてほしい。

対するのは、星野源演じる志摩一未。規則を重んじ、冷静沈着に捜査を進める“理性”の男だ。伊吹と志摩は水と油。正反対のキャラクターがタッグを組むのも、“バディもの”のスタンダードだ。

2021年令和3年 綾野剛 上白石萌音

2021年令和3年 綾野剛 上白石萌音

さて、今回の『ほん怖』は、蔵出しの傑作エピソード8本に加え、新作が2作オンエアとなる。上白石萌音が主演を務める「あかずの間を造った話」、岡田健史が主演の「訳ありのカラオケ店」だ。

<あらすじ>
ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路欣也)は定年後、新宿東署に再任用された。ある日、新宿区・須賀町で粕汁の集団食中毒事件が発生。鬼塚は記憶を遡り、毒物が保管されている『新宿マキタ鉄鋼』に遠山咲(上白石萌音)を向かわせる。保管されていたはずの毒物はなくなっており、疑いの目は『新宿マキタ鉄鋼』経営者の妻・蒔田紀子に向けられる。
一方、刑事官の神啓太郎(風間俊介)は、管理官・橘修平(深澤辰哉)と捜査方針を巡って対立する……。令和の女殺人鬼を相手に、鬼塚が昭和と平成の記憶を武器に、難事件を解決に導いていく。

上白石は『ほん怖』初出演。俳優としてはもちろん、声優、歌手としても活躍する彼女だが、一躍その名を有名にしたのは今年1月から3月に放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)だろう。ジャンルを一言で説明すれば、胸キュン。佐藤健のドSな悶絶演技を真正面から受けてきた上白石が、今度は苦手だと語るホラー作に体当たりしている。『令和元年版 怪談牡丹燈籠』(NHK BSプレミアム)で幽霊役を演じたことはあったが、怯える側の役は今回が初の挑戦。エピソードは、工務店の現場監督として働く佐々木彩(上白石萌音)が、ある老舗旅館の改築を依頼される。設計図に書かれていたのは、出入り口のない奇妙な和室。そこで彩は恐ろしい光景を目の当たりにすることとなる。

先行で視聴させてもらったが、惹き込まれるのは徐々に恐怖に染まっていく上白石の表情だった。朗らかな笑顔は彼女の等身大のイメージそのままだが、不可思議な現象に誘われながら、好奇心と恐怖に苛まれていく姿。あまりの圧巻の演技に、思わず巻き戻して見直したラストは必見だ。

6月からは綾野剛さんと星野源さんがダブル主演した連ドラ「MIU404」(同)に、動画投稿サイト「NOW TUBE」で動画を配信する、YouTuberならぬ“ナウチューバ―”役で出演。個性的な格好で動画のネタ探しに奔走する、ややクセの強い役柄を演じた。序盤は短時間だが毎週のように登場し、終盤では綾野さんら警視庁“機動捜査隊”の捜査にも協力する、重要な役どころ。「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」などの脚本家・野木亜紀子さんが手がけた話題作にして、綾野さん、星野さんや菅田さん、麻生久美子さんといった実力派俳優がそろう同作で存在感を示したことは大きい。

昨年、話題のドラマで存在感を示したのが、渡邊圭祐さん。1月からは上白石萌音さん、佐藤健さんが出演し大人気となった連ドラ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」(TBS系)に、上白石さん演じる佐倉七瀬の同僚・仁志琉星役で出演。“ヘタレキャラ”な看護師役で、香里奈さん演じる天堂流子との恋も演じた。放送終了後もダイジェストや特別編が放送されるほどの人気作となった同ドラマへの出演は、渡邊さんの露出増にもつながった。

2020年令和2年 綾野剛 映画 11月

2020年令和2年 綾野剛 映画 11月

また綾野は、最後に「こうした時間が続いていけば良いなと心から思いました。エンタテインメントは最初に不要不急にされるものだと痛感しました。でも、こうして今この場に立てたことは奇跡だと思いました。皆さんにこうしてお会いすると、エンタテインメントは不急ではあっても不要ではないと改めて思いました。また必ず会いましょう」と、熱く客席に呼びかけていた。

これまで2シーズンも連続ドラマをやっておいて申し上げるのも何ですが、この「ルパンの娘」はとっても映画向きの企画だと思っていました。いや、正直言うと映画になってくれ~と念じながら企画したことを覚えています。武内監督や脚本の徳永さんとも「映画にできたらいいね」と立ち上げの時から話していました。コロナ禍での撮影は正直大変です。でも、そんなコロナ禍で疲れた方々の心を少しでもホッとさせたいという思いで制作に挑んでいます。幸いスタッフ・キャストのチームワークは抜群に良いので、どんなことでも乗り切れそうです。ドラマを熱心に視聴していただいている方々はもちろん、今までドラマを見ていただけてなかった方々にも思いっきり楽しんでもらえる映画をつくろうと思います。ご期待ください。

役と同じところまで落ち、そこからはい上がるようにして演じた役で、この年の映画賞を総なめにする。「うれしかったです、とても」

「見てください、これ」。毎日映画コンクール男優主演賞、日本映画批評家大賞主演男優賞……。「そこのみにて光輝く」などでつかんだトロフィーを、次々に並べていった。

市長公室 企画調整課 都市戦略室
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館8階
電話番号:019-613-8370 ファクス番号:019-622-6211お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

石田は、ほほ笑む。「もう、子供みたいにしゃべる、しゃべる。かわいいですよ。褒めてもらいたかったんでしょう、わかります」。実は石田にも、綾野に伝えたい思いがあった。

「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」は、11月13日から全国公開。

深田と瀬戸のほか橋本環奈、小沢真珠、栗原類、どんぐり、小畑乃々、藤岡弘、大貫勇輔、信太昌之、マルシア、我修院達也、麿赤兒、渡部篤郎がドラマに引き続き出演。監督の武内英樹と、脚本を手がけた徳永友一も続投し、12月中旬のクランクインを予定している。本作のプロデュースを担当した稲葉直人は「ドラマを熱心に視聴していただいている方々はもちろん、今までドラマを見ていただけてなかった方々にも思いっきり楽しんでもらえる映画をつくろうと思います。ご期待ください」とコメントした。

一方の北川も、「高千穂は犬養についていって、暴走を止めたり、迷っていたら背中を押す相棒の役だと思っていたので、綾野さんがどう演じるかよく見て、自分がバランスを取れるといいなと思って演じていました」と述懐。これに対し、綾野は「観察のためにずっと盗撮されていました(笑)。いつ撮られていたんだろう? という写真までありました」と笑った。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。

クリスマスの東京で起きる、連続爆破テロ事件… 日本映画の本気中の本気、超力作!

[映画.com ニュース]綾野剛と北川景子が共演し、ミステリー作家・中山七里氏の小説を実写映画化する「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」の予告編がお披露目された。主題歌は、人気ロックバンド「Alexandros」による書き下ろし楽曲「Beast」に決定。ハイスピードなロックサウンドが彩る映像には、警視庁捜査一課で検挙率1位を誇る敏腕刑事・犬養隼人(綾野)と頭脳派・高千穂明日香(北川)のコンビが、安楽死を手口にする連続殺人犯に挑むさまをシリアスに映し出している。

原作は、「第8回 このミステリーがすごい!」で大賞に輝いた「さよならドビュッシー」でデビューを果たし、“どんでん返しの帝王”の異名を持つ中山氏のクライムサスペンス。物語の始まりは、終末期の患者ばかりが狙われる連続不審死事件。捜査に乗り出した犬養(綾野)と高千穂(北川)は、依頼を受けて患者を安楽死させる“ドクター・デス”と呼ばれる医者の存在にたどり着く。ある日、重度の腎臓病に苦しむ犬養の一人娘・沙耶香が、ドクター・デスに安楽死の依頼をしてしまう……。

深川監督は、ふたりの印象を「お互いのおとをよく理解しているなと感じ、それが本作で特殊なコンビの源になっているのかなと思いました。どのような演出をしても、お互いかぶらない演出を調節していました」と語ると、綾野は「(北川とは)すごく波長が合いますし、2回目の共演でもずっと前から友人だったような感覚が残っていました」と明かした。

「久々にこんなに激しい曲を作りました」と語る「Alexandros」は、「映画もかなり激しくて、綾野さんも北川さんもアグレッシブでものすごいアクションを披露していて、その激しさに負けず劣らずな楽曲となっていますので是非劇場で楽しんでいただければと思います」とメッセージを託す。

2020年令和2年 綾野剛 映画 2020

2020年令和2年 綾野剛 映画 2020

一関市磐井町の一関シネプラザは、14日から全国公開される「影裏(えいり)」を皮切りに、本県が舞台になっている映画3作品を順次上映する。「影裏」では一関もロケ地になっており、同プラザは「岩手ロケの作品が連続で上映されるのは珍しい。この機会にぜひ観賞してほしい」と呼び掛けている。

高橋ヒロシの大人気コミック「クローズ」を三池崇史監督が実写映画化した『クローズZERO』の続編。本シリーズは小栗旬、山田孝之という2人を中心に、暴発寸前の俳優たちが跋扈(ばっこ)するのが魅力の一つだが、綾野が演じた鳳仙学園2年の漆原凌のインパクトは抜群。一見知的にも見える風貌の漆原だが、ひとたび暴れ出すと手が付けられないぐらいキレキレの動きを見せる。“緩急”という意味では、どのキャラクターよりも利いていた。『Life ライフ』とはまるで別人。続けて観ると、綾野のふり幅の大きさに驚くだろう。

市長公室 企画調整課 都市戦略室
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館8階
電話番号:019-613-8370 ファクス番号:019-622-6211お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

第2回三島由紀夫賞候補となった佐藤泰志による小説を映画化した本作。北海道函館を舞台に、社会の底辺でもがいている人々を生々しく描いている。綾野は仕事を辞めふらふらしているなか、パチンコ屋で出会った拓児(菅田将暉)の姉・千夏(池脇千鶴)と恋仲になっていく青年・達夫を演じる。この達夫には深い闇がある。それは採石場で働いていたとき、部下を事故で死なせてしまったこと。そのため、酒浸りで現実逃避を繰り返し、自暴自棄な生活を続けている。しかし、本来の達夫は愛にあふれた実直な男。そんな本質をところどころで嫌らしくなく垣間見せるところが綾野の俳優としてのすごさ。しかも色っぽく見せられるのは、大きな特長だろう。綾野、菅田、池脇という実力のある俳優たちのぶつかり合いも必見だ。

地方でキャンドルアーティストとして活動している勇(綾野)は、高校の同窓会が開催される前日に見知らぬ女性から掛かってきた留守電に導かれるようにして茜(岡本奈月)という少女に出会う。さらに赴いた同窓会では、周囲の人々の変化に敏感になり、自分だけがとり残されたような感覚で心をやられてしまう……。大きな事件や出来事は起きない。さらに勇の心に宿した痛みは、人によっては理解できないものかもしれない。しかし、ゆっくりとした時間に合わせて、綾野の持つなんともいえない優しさをまとった空気感が、田舎の風景と相まって美しい。

ジョージ朝倉の人気コミックを、俳優としても活躍している田口トモロヲが映画化。周囲に流されるままに生きてきた女性・梅宮志乃(多部未華子)が、綾野ふんするバイト先の店長・菅原京志郎と出会ったことで、本気の恋をする姿を描く。本作の京志郎は、なかなか煮えきらない。一言でいうと優柔不断。しかし、女性が惹かれていってしまう要素が体中からあふれていて「好きになっちゃうんだろうな」という説得力がある。綾野のこういったストレートな恋愛映画はあまりなく新鮮だ。

「風の電話」は、東日本大震災後、「天国に繋(つな)がる電話」として人々に広まった大槌町の私設電話ボックスにまつわるエピソードを映画化。

芥川賞作家・藤沢周の原作を、『海炭市叙景』の熊切和嘉監督で映画化。師匠である父との確執により、剣の道を捨て自暴自棄な生活を送る矢田部研吾にふんした綾野。そんな研吾の前にあらわれた、村上虹郎演じる無垢な高校生の羽田融。まったく接点のなかった2人が出会うことで、互いに持つ“死生感”が交差していく。剣道が未経験だった綾野は、本作のために身体を鍛え抜き、驚くべき肉体を披露している。これは“形から入る”というのではなく、肉体を作ることで、剣道の達人という役柄に説得力を持たせることができるという効果がある。こうしたアプローチ方法が、省略の多い作品の端々に効いている。15歳も年齢差がある村上と綾野だが、それを感じさせない2人の“心の繋がり”も綾野の人への距離感の近さの賜物ではないだろうか。

芥川賞を受賞した沼田真佑の小説を、『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史監督が映画化した人間物語。大友監督といえば、これまでエンターテインメント大作を世に送り出してきた監督だが、本作では映画的な“間”を大切に“分からないから面白い”と大いなる余白のある映画作りに挑戦した。そこで重要になってくるのが演じる役者だ。綾野ふんする今野は、大人しく引っ込み思案で、おおよそ映画の主人公とは思えないような“普通の人”。そんな男が、松田龍平演じる日浅と出会うことで少しずつ内に秘めた感情がにじみ出てくる。自身にあるものをそぎ落としていくことで見せる表現ーー。綾野の俳優としてのポテンシャルの高さをまざまざと見せつけられる作品だ。

吉田修一の同名小説を、李相日監督が映画化したミステリー群像劇。八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場に残された「怒」の血文字。それから1年後、千葉、東京、沖縄で殺人事件に隠された3つのストーリーが展開される。綾野は妻夫木聡演じるゲイの優馬の恋人・直人を演じる。本作のテーマは「近くにいる人を信じられるか」というところにあるが、優馬と直人の“信頼の形”が一番切なく感じられる。かなり際どい性描写もあり、センセーショナルな部分が話題にもなったが、直人が優馬の元を去ることになるバックヤードまで余韻を持たせる綾野の立体的なキャラクター作りには、驚きすら覚える。

「影裏」は、本県で初めて芥川賞を受賞した沼田真佑さんの同名小説が原作で、綾野剛さんと松田龍平さんが演じる2人を中心に繰り広げられるヒューマンミステリー。舞台となった盛岡市をはじめ雫石町、釜石市、紫波町などで撮影され、一関市のジャズ喫茶ベイシーでもロケが行われた。

和久井健による人気コミックを園子温監督で実写映画化。綾野は、新宿歌舞伎町を舞台に、一旗揚げようとする水商売・風俗・AVなどのスカウトマン・白鳥龍彦を演じている。龍彦はアンダーグラウンドな世界に身を置いていながら、「スカウトした女には幸せになってもらう」という信念を持っている純粋で熱い男。ある意味で裏表がない。こういったキャラクターを綾野が演じるのは珍しく、なにも考えず龍彦を追っていれば、楽しめるという意味で、貴重な作品といえる。ポップな綾野剛もいいなと思わせてくれる作品だ。

3月のライオンは、影裏と同じく、盛岡市出身の大友啓史監督により映画化されています。漫画に描かれた盛岡での対局も再現され、つなぎ温泉や南昌荘でロケが行われました。

2002年に北海道警で起きた「日本警察史上最大の不祥事」と呼ばれる稲葉事件をモチーフにした本作。綾野は「市民のために」という高い志を持ちながらも、警察内で結果を残すために、裏社会とズブズブになることもいとわず、最終的には自身も覚せい剤取締法違反などで逮捕されてしまう主人公・諸星要一を演じている。白石和彌監督作品だけに、アンダーグラウンドを描きながらも、ポップでコミカル。諸星のモデルとなった稲葉圭昭氏のビジュアルと綾野はまったく違い、綾野自身も「なかなか来そうにない役」と話していたが、劇中では見事に人間の脆さを表現している。

2020年令和2年 綾野剛 映画 おすすめ

2020年令和2年 綾野剛 映画 おすすめ

入学式で偶然隣に座った奴がいつの間にか親友になってたあの感じ。あまり乗り気じゃなかった相手なのに一緒に遊んでいる内に好きになっちゃうあの恋のゲーム。なにより、学生時代は時期によって一緒にいる人間が目まぐるしく変化する。映画のあらゆるシーンで「あぁ10代の頃ってそう言えばそうだったよなぁー」の連続だ。

映画の終盤、2003年に35歳の大人になった祥子が、ふとタクシーの中から16年前の自分たちを思い出すシーンがある。ここもうおじさんにはダメだ。泣けてしょうがない。だって、祥子に対してド下手な誘い方をする10代の世之介、あれ昔の俺らそのものだもの。必死でバカで楽しかったよねえ…なんつってもう絶対に戻ってこない人間関係と膨大な時間。もちろん今は今で仕事もそれなりで家族もいて面白いけど、ちょっと楽しさの質が違う。まあ世の中がいろいろと騒がしく現実が不安な時くらい、ノスタルジーに浸るのも悪くない。

吉田修一の原作小説を、沖田修一監督が映画化(共同脚本には前田司郎)。18歳の横道世之介(高良健吾)が大学入学のため長崎から上京してきた1987年春から物語は始まり、16年後の2003年のある出来事に着地する。

綾野剛は1982年1月26日生まれ、岐阜県出身。身長180cm。

冒頭シーンで新宿駅東口に降り立ち、何もない部屋でのひとり暮らしの始まり、かったるい大学入学式、クラスメートとの出会い、年上美女への憧れ、バイト先での社会経験、夏休みの帰省、そしてラブストーリーは偶然に……という世之介の日常を追う。もしかしたら2時間40分、何も起こらない平坦で長い青春映画とがっかりする人もいるかもしれない。でも、いつの時代も意外と何も起こらないのが青春なのである。

「見てください、これ」。毎日映画コンクール男優主演賞、日本映画批評家大賞主演男優賞……。「そこのみにて光輝く」などでつかんだトロフィーを、次々に並べていった。

石田は、ほほ笑む。「もう、子供みたいにしゃべる、しゃべる。かわいいですよ。褒めてもらいたかったんでしょう、わかります」。実は石田にも、綾野に伝えたい思いがあった。

初めての演技に「伝わらない」と22回NGを出し、打ち上げの席で「お前は映画をやれ」とエールをくれた監督の石田秀範に、13年ぶりに会うためだ。

新作情報・編集部おすすめ映画はもちろん、イベントレポートやレビューも充実。海外発の驚きの映画ネタもいち早くお届け。

結論から書くと、この映画は個人的に人生ベスト3に入るレベルの傑作だ。2013年春の劇場公開時に3度映画館で観賞し、ブルーレイを買い年2ペースで見て、iTunesでダウンロードしたサントラは繰り返し聴いている。

演じる役柄によって雰囲気や顔つきがガラリと変わる綾野剛さん。

2001年公開の映画「美しい夏キリシマ」の主人公・康夫役でスクリーンデビューを果たすと、その存在感が注目を集め各新人賞を受賞しました。以後多くの作品に出演し、その演技力が高く評価されています。

『横道世之介』第23回柴田錬三郎賞を受賞した吉田修一の同名小説(毎日新聞社 文春文庫刊)を、『南極料理人』などを手掛けた沖田監督が映画化した青春群像劇。1987年、18歳の横道世之介(高良健吾)は、大学進学のために長崎から上京。世之介は、お嬢様育ちのガールフレンド・祥子(吉高由里子)や大学でサンバサークルに誘ってきた友人・倉持(池松壮亮)、女性に興味が無い同級生・加藤(綾野剛)らに囲まれた大学生活を過ごす。そして、世之介がいなくなった16年後、それぞれはふとした瞬間に彼を思い出す――というストーリー。Amazonプライム・ビデオ、Netflixほかで視聴可能(2020年5月8日時点)。

高良健吾史上最高のハマり役・世之介、同級生の倉持(池松壮亮)、加藤(綾野剛)、小沢(柄本佑)、阿久津唯(朝倉あき)、世之介の父(きたろう)や母(余貴美子)、凄まじい存在感を発揮する川上清志(黒田大輔)。とにかく登場人物が皆魅力的で、現在の映像にCG処理を施した1987年の新宿(斉藤由貴のカセットテープ「AXIA」の街頭広告も再現)や、JR菊名駅近くの商店街をベースに丁寧に作り込んだ80年代の下北沢駅前も素晴らしい。西武の伊東勤がホームランをかっ飛ばす、お茶の間にプロ野球ナイター中継が当たり前にある風景の描写も野球ファンとしてはうれしくなる。

2020年令和2年 綾野剛 映画 ドクターデス

2020年令和2年 綾野剛 映画 ドクターデス

二宮和也主演で映画化『浅田家!』原案者の写真家・浅田政志の新作写真展『浅田撮影局』がPARCO MUSEUM TOKYOで開催!

中山七里先生の原作を読んだ当初から、「今、映像化すべき作品だ!」と思いつつも、「この題材を扱いながら映画としてエンターテインメントにするには?」というところで頭を抱えていました。その懸念を吹き飛ばしてくれたのが綾野さんと北川さんのバディでした。綾野さん演じる犬養という男は、法を守る立場からドクター・デスを追うものの安楽死に翻弄されていくという非常に複雑な役です。綾野さんは、そんな犬養に真っ向から向き合い「綾野剛なのか犬養隼人なのか」わからなくなるほど狂気の芝居を見せてくれました。北川さん演じる高千穂は、そんな犬養を冷静に理解し、叱咤し、支えていく役ですが、圧倒的な華やかさと、観る人を瞬時に引き込む芝居で、綾野さんの犬養隼人を受け止めてくれました。この二人のバディのおかげで、難解な題材に負けない、最高のクライム・サスペンスが出来上がったと予感しています。是非劇場で御覧ください。

主演を務めるのは、検挙率 No.1 を誇る破天荒で直感型の犬養演じる綾野剛。共演のバディには、頭脳派 No.1 の冷静沈着冷静で分析型の高千穂を演じる北川景子。また、人気上昇中の若手俳優・岡田健史が新米刑事・沢田を演じる。そして、前野朋哉、青山美郷、石黒賢ら実力派俳優たちが、犬養&高千穂と同じ警視庁敏腕捜査チームとして脇を固める。

綾野剛「映画で表現しきれなかったものを楽曲で表現してもらったので、すごく感謝しています。」

綾野剛「安心感がありますね。とても聡明な方なので、なかなか一言で成立しないセリフを北川さんが持つ聡明さで一言バシッと言うと完成されてしまう、敵わないなと思いながら今回も一緒に演らせてもらいました。普段はとてもチャーミングなんですけど、高千穂になった時の目の鋭さだったり、まなざし、そのスイッチすごいなと思いながら現場にいました」

初めての演技に「伝わらない」と22回NGを出し、打ち上げの席で「お前は映画をやれ」とエールをくれた監督の石田秀範に、13年ぶりに会うためだ。

映画『ステップ』のBlu-ray&DVDが2021年1月8日(金)に発売されることが決定しました。

脚本を読んでの印象綾野剛「禁断の内容ということで、自分たちがどう挑むか非常にセンシティブで難しい題材だと素直に思いました。本に書かれてある一節一節が、前に進んでいく純粋な気持ちだとか、誰かを守りたいとか、生き続けようとする源みたいなものがきちんと台本に書いてあったので、コンビを組む北川景子さんとならば乗り越えられるのではないかと参加しました」

「見てください、これ」。毎日映画コンクール男優主演賞、日本映画批評家大賞主演男優賞……。「そこのみにて光輝く」などでつかんだトロフィーを、次々に並べていった。

終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生。捜査に乗り出す犬養と高千穂は、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者の存在に辿りつく。そんななか、重度の腎臓病に苦しんでいる犬養の一人娘・沙耶香が、ドクター・デスに安楽死の依頼をしてしまう──。“安楽死”という手口で、被害者を苦しませることなく安らかな死を処方するドクター・デスの目的と正体とは? 犬養と高千穂はこの連続殺人犯にどう挑むのか!? 驚きの結末が待つ、犯罪史に刻まれる禁断のクライム・サスペンス!

波瑠主演、累計発行部数100万部超を誇る桜木紫乃の直木賞受賞作を原作とする映画『ホテルローヤル』[2…

綾野さんと北川さんはどのようなことを考えましたか?北川:わたし自身、演じていて何周も回ったんですよね。安楽死が正しいことなのか、正しくないことなのか、死にたいと言っている人を生かすのはかわいそうなことなのか、でも自分の親ならば生きていてほしい……、わたし自身振り子のように揺れて、結局答えは出なかったです。綾野:僕の演じた犬養の場合、生と死の距離感が近くなっていた娘の存在があったからこそ、事件に過敏に反応した。なので、例えば犬養が独身で、逆に高千穂に子供や家族がいた場合、これは多分高千穂に起こることなのです。誰しもそのスイッチは持っていて、たまたま今回は僕だったということにすぎません。そういうことは、高千穂の最後の台詞に全部込められているのでぜひ注目してほしいです。北川:そう、だから犯人を逮捕してもスッキリしないわけじゃないですか。なのでこの映画は、同じ人が見ても、この時に見たらこう思ったけど、何ヶ月後かに例えばDVDで見たらまったく違う感想になるように、その人の置かれた状況によっても見え方が変わるでしょうね。わたし自身、いろんな人の感想にふれて、またどう感じるのかが楽しみです。すごくデリケートな作品なのだと思います。

今回沢田圭を演じさせて頂きます、岡田健史です。今回初めて刑事役を演じるにあたってプレッシャーはあったものの、皆様に助けて頂き何とかクランクアップを迎えることができました。綾野さん、北川さんとのシーンでは、僕は安心してお二人に身を委ねながら沢田のキャラを作りあげました。お芝居を通じてたくさん学ばせて頂き、新たな自分の一面を発見できました。初めての刑事役、是非、御覧ください!

新田真剣佑主演、三浦春馬・松山ケンイチら出演、本広克行監督の布陣による映画『ブレイブ ‐群青戦記‐』…

“安楽死”という題材を描き、息もつけない展開が続くこの作品の中で、岡田さんには観客のみなさんにホッと一息ついて頂けるような、そんな存在になって頂きたいと思っていました。刑事役に初挑戦ということでしたが、岡田さん演じる沢田は、綾野さん演じる犬養と北川さん演じる高千穂にひたむきに食らいつき、新米刑事らしいエネルギッシュな演技を魅せてくれました。早朝深夜と撮影が続いた現場でも、持ち前の愛嬌と快活さでスタッフを支えてくれました。岡田さんの人柄がそのまま出ているといっても過言ではない沢田の瑞々しい演技に是非ご注目ください。

2020年令和2年 綾野剛 佐久間由衣

2020年令和2年 綾野剛 佐久間由衣

佐久間由衣さんと言えば、俳優の綾野剛さんとの熱愛が噂されています。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (window.gZgokZoeWidgetQueue = (window.gZgokZoeWidgetQueue || [])).push({frameId: “_c932979c10”, parent: “#zucks-widget-parent_c932979c10” }); 一行は夜11時すぎに店を出た。闇の中、戸田の左手薬指にはめられたキラリと光る指輪が、順調交際を物語っていたのだ。(2011年9月2日号), 女優・戸田恵梨香(23)と人気急上昇中の俳優・綾野 剛(30)である。二人ともグリーン車の座席に深くもたれかかり、戸田は文庫本を、綾野は素足を投げ出しスマホに夢中である。言葉を交わすことこそないが、互いに身体を寄せ合いリラックスしているその様子は、戸田と綾野が気のおけない仲であることを物語っている。, 戸田:「言葉の暴力が半端なかった。一緒に住んでたからさ、家のことも、“ゴミはゴミ箱に捨てて”って言っても、前はやってくれてたのに、“だいたいお前何様なの?”って。それで我慢するようになって…」, イケメン俳優として大ブレークを迎えた綾野はモテモテで、女性との噂が耳に入ることも少なくなかったようだ。そして戸田の体に異変が…。, 戸田:「ストレス半端なくて円形脱毛になっちゃって。薬をのんでたら顔がパンパンになって、それでも仕事せなあかんやん? やばかったわ(苦笑)」, 戸田はこのぶっちゃけトークのなかで、元カレとの復縁は「絶対ないな」と断言していた。, 俳優の綾野剛(33)が、フジテレビの連続ドラマ「トランジットガールズ」に主演した佐久間由衣(20)と交際していることが31日、分かった。俳優仲間の紹介で知り合い、昨春から恋に発展。映画関係者や所属事務所先輩の小栗旬(33)らとの食事の席で、佐久間を紹介するなど真剣に付き合っている。, までは分かりませんが、2018年の熱愛報道に対しては、完全否定をしていませんでした。, 綾野剛さんは確かにかっこいい俳優なので、歴代彼女として名前が挙がる人数も多かったです。. 綾野剛さんは岐阜県出身で小関麻希さんは福岡県出身、お2人とも高校卒業後に上京しモデルとして活動されているので、モデルの仕事を通して知り合ったようです。

モデルで女優の佐久間由衣さんについて、調べてみました。

玉山鉄二さん主演、佐久間さんはヒロインの週刊誌の記者を演じました。
WOWWOWらしく重厚な作りの作品で、政治家の闇を暴く史上最大の疑獄事件を解明していくストーリーです。
ヒロインといっても、男勝りな記者の役でボーイッシュな佐久間由衣さんにピッタリでした。

佐久間由衣さん自身の主演作です!
佐久間由衣さん扮する主人公の関口優佳が、現代と江戸を自由に行き来しながら「おゆう」として江戸時代の難事件に挑むというストーリーです。

賀来賢人さん主演、記憶を失った刑事を主人公とした規格外の刑事ドラマです。
佐久間さんは警視庁捜査一課理事官の娘・本城芹奈役です。

3月上旬にクランクインを迎えた本作は、現在撮影のまっただ中。佐久間は「当時を生きていない者としては、想像と現代と繋がる物を探しながらですが、嘘なく心で演じきりたいと思います」と意気込んでいる。