舞台

2021最新 柳楽優弥 舞台

2021最新 柳楽優弥 舞台

W主演である中島裕翔と菅田将暉が出ずっぱり。感情移入しやすい普通の青春ドラマだと思いきや、途中から急に巧みな仕掛けが……予定調和が崩れてドキドキしてくる。柳楽優弥はこの物語の要ともいえる役どころで、ここぞという時に登場するので、これまたドキドキ。フラットで静かなオーラにぐぐっと引き込まれる。

江戸から明治という大きな過渡期ゆえの物語。彼と一緒に賞金稼ぎの旅に出るアイヌ出身の若者。それが柳楽優弥。彼の陽気でバカっぽくて危うい雰囲気を持つコミカルな存在が、一種の救いであり、映像に動きを与えている。それまでの柳楽優弥とは違う魅力を発見。國村隼と佐藤浩市が対峙するシーンがみどころだ。

柳楽優弥 アニバーサリーブック 「やぎら本」

俳優の柳楽優弥が19日、都内で行われた映画『ターコイズの空の下で』(2月26日公開)の先行プレミアム上映イベントに共演のサヘル・ローズ、KENTARO監督と参加した。

このように一時期俳優を休業していた柳楽優弥だったが、復帰後のめざましい活躍ぶりは周知の通りだ。

1952年生まれ、福岡県出身。1971年演劇活動を始め、80年代に現在の一人芝居のスタイルで上演開始。舞台をはじめ映画、テレビドラマ、ナレーション、CMなど幅広く活動している。『トニー滝谷』(05)は、ロカルノ映画祭で審査員特別賞を、『沈黙-サイレンス-』(17)で42回LA映画批評家協会賞で助演男優賞次点受賞と海外でもその演技が高く評価される。『ヤンヤン夏の思い出』(00)で海外映画に初出演、『太陽』(05)で昭和天皇を演じ、海外に名を広く知られる。近年の映画出演作は『先生と迷い猫』(15)、『泣き虫しょったんの奇跡』(18)、『漫画誕生』、『ソローキンのみた桜』(19)、『破壊の日』(20)、『ツナガレラジオ僕らの雨降Days』(21)がある。

柳楽優弥は、蛭子能収が所属していた組長の娘の婚約者。スーツ姿にメガネというスマートな男性で、登場人物の中で唯一物腰が柔らかく、彼女に対して愛情深いように見えるが、どす黒い秘密を隠し持っているのも一目瞭然というわかりやすいキャラである。彼が取り出したスマホケースのファンシーさは、笑うところ。

衝撃のデビュー後の初主演作として、柳楽優弥が映画界から大注目された作品。日本初の象使いを夢見る少年と、家族の絆を描いた実話である。

それまでのイメージをガラリと変え、このショッキングな主人公を演じて絶賛された柳楽優弥。徹底した役作りで俳優としての底力を知らしめた記念すべき作品である。彼は一体どこまで行くのか、どこに行こうとしているのかが全くわからない恐ろしさと、彼に巻き込まれていくことで浮き彫りになる人間たちの醜い姿が、心につき刺さる。

1953年生まれ、スウェーデン出身。『ファニーとアレクサンデル』(82)で映画デビュー。90年には東京グローブ座の舞台監督に就任し、「ハムレット」などのシェイクスピア劇を演出。『レナードの朝』(90)でアメリカ映画に進出、『ファーゴ』(96)では無口で凶暴なチンピラのゲア役を演じ、以後『アルマゲドン』(98)、『8mm』(99)、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)、『ウインドトーカーズ』、『マイノリティ・リポート』(02)、『コンスタンティン』『ブラザーズ・グリム』(05)、『unknown アンノウン』(06)、『ラストスタンド』(13) 、『ジョン・ウィック チャプター2』(17)などで個性派のバイプレイヤーとして活躍。

その苦しみを一人でじっと見つめている方が、柳楽優弥だ。伏せ目がちに耐えている姿が印象的で、『ウシジマくん』の時と同じ役者とは思えず。元カノとの複雑な関係を通じてあぶり出される過去の秘密が、ミステリー仕立てで描かれるので、最後までハラハラ。抑えた演技だからこそ引きつけられる目ヂカラは、この作品でも健在だ。

モンゴルでの撮影を通して柳楽は「僕は監督から教わったクオリティ・オブ・ライフという言葉が好きで、この作品からは精神的な豊かさを大切にすることを学びました。昨年は自分と向き合う1年だったので、改めて新しい自分を構築していく時期だと感じました」と成長を実感。公開に向けて「ロードムービーなのでシンプルに楽しんでほしい。今は旅行をしづらいご時世ですが、この映画を観てトリップ感を味わってほしい」と呼びかけていた。

1990年、東京都出身。2004年、映画『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭の史上最年少・日本人初となる最優秀男優賞を受賞。主な出演作に、映画『ディストラクション・ベイビーズ』、『銀魂』シリーズほか。2021年は主演映画『HOKUSAI』と『太陽の子』が公開予定。

是枝裕和監督の映画『誰も知らない』(2004年)で俳優デビューし、高い評価を得た過去を持つ柳楽。そのデビュー作同様、今回の撮影も即興演出が多かったという。「僕のデビュー作『誰も知らない』の是枝裕和監督もそういう演出だったので、心地よかった。僕は20代からキャラっぽい役が続いたので、KENTARO監督は自分らしく現場にいていいんだということを僕に気づかせてくれた」と原点に立ち返ったような心境を口にしていた。

クリント・イーストウッドが監督・主演を務めた映画『許されざる者』(92)のリメイク。時代はその映画と同時期に設定してあるが、場所は北海道。つまり、明治初期の蝦夷地を舞台にしている。

2021最新 田中圭 舞台

2021最新 田中圭 舞台

■田中圭 コメント全文
このたび、2020-2021SNOW JAPANスペシャルサポーターに任命頂きました!僕は、来年公開される、スキージャンプを題材にした映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」で、リレハンメル五輪の銀メダリスト・西方仁也さんの役を演じさせて頂きました。1998年長野オリンピックのスキージャンプ団体戦で実際にあった、テストジャンパーと日本代表選手たちが起こした奇跡を描いた物語です。全日本スキー連盟の皆様には撮影でも大変お世話になりました!公開が延期になってしまっていたのですが、やっと、来年の5月に公開できることになりました!会場の小林 陵侑さん!実は僕もラージヒルのスタート位置でずっと撮影をしていました!めっちゃ怖かったです・・・!ぜひ、お会いして、色々なお話をしたいです!スノースポーツを愛する皆さんにぜひ見ていただきたいと思いますので、映画のPRとともに、精一杯スキージャンプも応援していきたいと思います!

この度、本作の公開が2021年5月に決定! さらに、主演・田中圭が、2020―2021SNOW JAPANスペシャルサポーターに任命! スキー伝来110周年となる2021年に、映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』を通じて、 スキー・スノーボード業界はもちろん、スポーツを愛する皆さんを全力で応援します!

2021年はスキー伝来110周年。金メダルの裏に隠された感動秘話を壮大なスケール感のもと、日本人らしい葛藤や心の機微を繊細かつ鮮やかに描いた、実在する感動超大作『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』と、2020-2021SNOW JAPANスペシャルサポーターの田中圭が、スキー・スノーボード業界、ひいては、スポーツを愛する皆さんを応援する!

参考 ■長野オリンピック ラージヒルジャンプ団体競技★長野オリンピック1998年(平成10年)2月7日から2月22日まで、日本の長野県長野市を中心とする地域を会場として開催された20世紀最後の冬季オリンピック。72の国(地域)から選手・役員4638人が参加し、延べ144万2700人の観客が来場。長野オリンピックの競技会場は長野市、白馬村、山ノ内町、軽井沢町、野沢温泉村に配置され、このうち人口が最も多く県庁所在地である長野市が主催都市となった。

2022年、北京で実施される第24回オリンピック冬季競技大会のプレシーズンとなる20/21シーズン。本格的なシーズンインを前にした11月5日(木)、公益財団法人全日本スキー連盟が「2020/2021 SNOW JAPAN記者会見」を実施。スキージャンプの小林陵侑選手ら各競技で活躍する選手が出席、新シーズンに向けての決意表明や今シーズンのオフィシャルウェアの発表などが行われた。そんな中、『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』主演の田中圭が20/21シーズンのスペシャルサポーターに任命されたことも発表された。
会場には田中からのビデオコメントも到着し、任命を受けたことと併せて『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』撮影時、スキー連盟からの協力に感謝の言葉を述べた。また映像の中で会場の小林選手に向け、「実は僕もラージヒルのスタート位置で撮影していました!めっちゃ怖かったです…。ぜひお会いして、色々なお話をしたいです!」とメッセージを送ると、小林選手は「長野オリンピックの時がまだ2歳でそんなに記憶がないのですが、これまでも何度も原田さんたちの映像を見てきましたので、その舞台裏を映画化してくれたとのことで非常に楽しみです。」と映画公開へ期待のコメントを寄せた。

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』【ストーリー】
1998年長野五輪。日本スキージャンプチーム・通称“日の丸飛行隊”は国民の期待を一身に背負ってラージヒル団体で日本初の金メダルを狙っていた。そこに、エース原田のジャンプを特別の想いで見守る男がいた。元日本代表・西方仁也だ。前回大会・リレハンメル五輪で西方は原田とともに代表選手として出場。西方は日本代表最高飛距離135mを飛び、金メダル目前だったが、原田がジャンプを失敗。銀メダルに甘んじた。西方は4年後の長野五輪での雪辱を誓い練習に打ち込み、代表候補として有力視されていたが、まさかの落選。悔しさに打ちひしがれる中、テストジャンパーとして長野五輪に参加して欲しいと依頼される。テストジャンパーとは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。西方は裏方に甘んじる屈辱を感じながらも、様々な思いを抱えて集まっていたテストジャンパーたちと準備に取り掛かる。そして、五輪本番。団体戦の1本目のジャンプで、またしても原田が失敗。日本は4位に後退してしまう。しかも猛吹雪により競技が中断。このまま競技が終れば、1本目のジャンプの結果のみで順位が決定してしまう。そんな中、審判員たちの判断は、「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものに。奇しくも、日本の金メダルへの道は、西方率いる25人のテストジャンパーたちへ託されたのだった…!

主人公・西方仁也役に「おっさんずラブ」シリーズ、ドラマ「あなたの番です」、『図書館戦争』シリーズなど、人気実力共に今最も旬な俳優・田中圭。西方の揺れ動く内面、葛藤を、圧倒的な存在感と演技力で力強く演じ切る。また、聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役で、今注目度NO,1の若手俳優・山田裕貴が出演。同じくテストジャンパーの一員でケガのトラウマを抱えた南川崇役には眞栄田郷敦が、唯一の女子高生テストジャンパーの小林賀子役に小坂菜緒(日向坂46)、そしてテストジャンパーのコーチ・神崎幸一役に古田新太が扮していている。そして主人公・西方を常に励まし応援する妻の幸枝役には、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で第41回主演女優賞を受賞、以後注目作に出演が続く若手実力派女優の土屋太鳳。監督には、「荒川アンダーザブリッジ」で大きな注目を集め、様々な分野で才能を発揮する映像作家・飯塚健。秀逸なテンポ感の中で、しっかりと人間模様を描く演出力に定評があり、感涙無くしては見られない感動作品を描き上げる。