花より男子

2021年令和3年 花より男子 松本潤 画像

2021年令和3年 花より男子 松本潤 画像

ドラマ「花より男子」の動画はTSUTAYA ディスカスでのみ配信しており、無料お試しを利用して無料レンタルすることができます。

つくし(井上真央)は、椿(松嶋菜々子)の発案で、女子高生日本一を選ぶコンテスト「ティーン・オブ・ジャパン」に出場。場違いなつくしだが、F4や椿の特訓の成果もあり、何とか勝ち進む。だが、楓(加賀まりこ)に送り込まれた道明寺(松本潤)の婚約者候補・あや乃が、つくしの前に立ちはだかる。そんな中、道明寺は楓にある決断を迫られる。

などの動画サイトがありますが、「花より男子」のドラマは現在、どこの動画配信サービスでも配信されておりません。

つくし(井上真央)の父・晴男(小林すすむ)が多額の借金を抱えてリストラされた。一家は仕事探しに奔走するが、行く先々で門前払いされる。類(小栗旬)は、楓(加賀まりこ)が裏で手を引いているのでは、と疑う。つくしは真相を確かめるため楓の元へ。楓は、牧野家への嫌がらせを認め、やめる交換条件に、司(松本潤)に関わらないよう迫る。

松本は昨年11月に受けた出演オファーを保留していたが、年明けに熟考し、「嵐という船を一度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとってこんなに大きな挑戦はありません」と決心。グループ活動休止後に初めて決まった仕事で来夏にクランクイン予定。「必死に生き抜き、戦国の世を平定させた人物を熱く演じられたら」と俳優業の“天下分け目の大戦”に身を投じる。

物語を手掛けるのは「ALWAYS 三丁目の夕日」や「コンフィデンスマンJP」シリーズを生んだ人気脚本家、古沢氏。「華やかさと親しみやすさを持ち合わせ、描きたい主人公像『ナイーブで頼りないプリンス』にピッタリ」と初タッグの松本を指名した。

今回は、嵐の2021年以降(令和3年)について、松本潤、二宮和也、櫻井翔、相葉雅紀、大野智の活動休止後の嵐の2021年以降(令和3年)の活動・個人活動、テレビ出演番組(ドラマ・映画・バラエティなど)、嵐2021年版カレンダーや嵐2021年賀状など嵐グッズの販売、東京オリンピックのナビゲーターなど、嵐の活動再開がいつなのかについて、徹底調査しお知らせします。

当サイト内のすべての情報、文章表現、情報、映像、画像等における著作権は株式会社ALIVEに帰属いたします。WEBサイトや携帯電話等のモバイルコンテンツサイト等へ、無許可で文章表現、情報、映像、画像等を転載したり、クリッピングを行うことはご遠慮ください。情報の転載などをご希望の場合は株式会社ALIVEまでご一報ください。

嵐活動休止後の2021年以降の松本潤は、ジャニーズ事務所に所属し、芸能活動を継続していくことが決まってます。

’23大河は松本潤主演『どうする家康』 “花男リレー”で座長引継ぎ サンスポ・コム(SANSPO.COM)はスポーツニュースをはじめ、今話題の最新情報をお届けします。

今回は、嵐の2021年以降(令和3年)について、2020年いっぱいで活動を休止する嵐のメンバー、松本潤、二宮和也、櫻井翔、相葉雅紀、大野智の活動休止後の嵐の2021年以降(令和3年)の個人活動、テレビ出演番組(ドラマ・映画・バラエティなど)、嵐2021年版カレンダーや嵐2021年賀状など嵐グッズの販売、東京オリンピックのナビゲーターなど、嵐の活動再開がいつなのかについて、調査しお知らせしました。

2021年令和3年 嵐 松本潤 花より男子

2021年令和3年 嵐 松本潤 花より男子

松本は2021年4月期のテレビ朝日の木曜ドラマ枠出演オファーを固辞しただけでなく、松本の代表作のひとつである『99.9−刑事専門弁護士−』(TBS系)のシーズン3への出演も保留していると週刊文春が伝えている。

’23大河は松本潤主演『どうする家康』 “花男リレー”で座長引継ぎ サンスポ・コム(SANSPO.COM)はスポーツニュースをはじめ、今話題の最新情報をお届けします。

柚香 花組の柚香光でございます。皆様本日はお忙しい中いらしてくださり本当にありがとうございます。もし「あなたが初めて出会った少女漫画はなんですか?」「あなたにとっての少女漫画の原点はなんですか?」という質問をいただいたとしたら、私は「神尾葉子先生の『花より男子』です」とお答えするだろうと思います。それくらい私にとって『花より男子』は自分の少女時代に…あ、このような恰好をして少女時代というのもですが(爆笑)、自分の幼い頃の思い出、自分にとって大切な想いが詰まっている大好きな漫画でしたので、その作品の道明寺司をさせていただくということを、本当に心から光栄に思い、心をこめて誠実に取り組んでいきたいと思っております。皆様ご存知と思いますが、道明寺司は世界的な大財閥の跡取り息子、圧倒的な経済力と権力、更に彼の持つ未熟さや幼さ、本人が自覚していない心の中の満たされぬ想いから、権力を使って半ば暴力もふるい、言葉も使ってあらゆる人を苦しめています。その中で牧野つくしという、自分が求めていた、自分の肩書ではなくただ自分を見つめている、本当に欲っしている言葉をかけてくれる少女に出会うことで、彼自身がどのように成長し、何を感じ、どう人と向き合うことを覚えていくかを、司の持つ愛嬌やカリスマ性だけではなく、彼の内部をきちんと丁寧に、大切に演じていくことができたらと思っております。お稽古がはじまって1週間弱なのですが、野口先生の描かれる『花より男子』の世界は、とても魅力的で。漫画はもちろんTBSのドラマの大ファンでもある私にとって、その作品を舞台化するというプレッシャー、本当に皆様に愛していただけるような舞台ができるのか?という想いもあるのですが、野口先生が神尾先生の創られた漫画世界を大事に大事に舞台に構成してくださったことが伝わるものになっております。そんな先生の導く道にきちんとついていって、『花より男子』を大切にしていらっしゃる方、宝塚をとても愛してくださっている方、初めてご覧になる方、皆様に愛していただけるような舞台創りがきっとできると思いますので、カンパニー皆で、共演者一同力を合わせて頑張って参りたいです。そして宝塚版の『花より男子』ということで、歌い踊るF4、牧野つくし、本当に魅力的なナンバーがたくさんあふれる作品になると思いますから、宝塚版ならではの『花より男子』を楽しみにしていただけたらと思います。

レギュラー出演する番組を持たない松本は、これらが事実だとすれば、全く表舞台に出てくる機会がなくなってしまう。もはやほぼ活動休止状態になるといえるだろう。

野口 『花より男子』は先ほども申しましたように、私が入団試験を受けている2005年に、同時期にドラマが放映されていて、私は(ドラマで道明寺司を演じた)松本潤さんとほぼ同い年、生年月日が1日違いで、本当にどうでもよい情報なのですが(爆笑)、同い年の人のこの活躍を凄いな!と思い、自分が宝塚に入るに当たっていつかできたらと思っていました。その後大劇場ではショー作品でデビューをしたりしておりましたが、やりたいという気持ちはずっと持っていて、劇団にも何度かお話はしていたのですが「色々な演出家の人がやりたいとおっしゃっている作品だから、野口先生たぶん無理ですよ」と言われていて(笑)、色々集めた資料が山積みになっていた訳です。それで半ば諦めていた頃に、青天の霹靂のように言われて「いいんですか!?」という感じでした。しかも柚香で『花より男子』というのはもうピッタリだなと思いましたし、柚香の道明寺司を絶対にヒットさせるし、ヒットさせるしかない!と思ったところからは、プレッシャーでしたね。漫画もそうですし、様々にメディアミックスもされていて、近年も海外で社会現象になるくらいにヒットしていますので、それを今宝塚化する、ということなので、世間の皆さんもどうなるのであろう?と気にされると思います。その中で宝塚版独自の『花男』を創らなければいけないと思いました。今回は花組の二番手スター柚香の主演公演で、時代も変わりましたし、先日花組トップスターの明日海りおも退団を発表しましたので、若手でいってみようか?と思いました。特に西門を演じる希波はまだ研3です。でも高校生の役柄ですし、若いメンバーでやりたいと。柚香の道明寺はもうこれ以上ないと思っていますので、だからこそ彼女の新境地にしたいですし、つくしの城妃も今回ミュージカル的に歌も踊りもレベルの高いものにしていきたいと思いましたので、実力者であり経験もありますし、実際に台詞をいくつか読んでもらって、つくし役を掴んでいると感じましたので彼女に配役しました。花沢類は今新人公演で活躍している聖乃に、これからの宝塚、花組を背負っていく人材に育って欲しい、この役でブレイクして欲しいという意味で花沢類役にしました。優波は過去私が担当させていただいた星条海斗のディナーショーに出てもらっていて、出演者がとても個性的な人たちの中、彼女がバランス役を担ってくれた。そして美作あきらという役がとてもバランサーで、F4の影のまとめ役的な存在なのでピッタリだと思いました。西門総二郎に関しては、TBSのドラマでは松田翔太さんが演じていましたし、シアタークリエ版では新田真剣佑さんがされていて、そこからどんどん活躍の幅を広げた出世役かなと思っていて、誰か若手を抜擢しようということになり、花組で担当した『BEAUTIFUL GARDEN』という作品の時に、根拠のない自信を持って(笑)やっていたなと思い、希波らいとならできるのではないか?と、未知数の部分はありつつ、頑張ってくれるのではないかと託しました。このメンバーで創っていくというのは、自分自身への挑戦でもありますし、ひとりひとりがこれがダメだったら次はないという気持ちでやってくれていると思います。

嵐のリーダーであり、「大ちゃん」「リーダー」の愛称で親しまれる大野さん。1994年にジャニーズ事務所に入所し、嵐としてデビューしてからは怒涛の日々を過ごしてきたことでしょう。絵を描くのが好きで、「24時間テレビ」ではチャリティTシャツのデザインをしたり、個展を開いたりするなど芸術の分野でも多くの話題を集めてきました。

城妃 皆様本日はありがとうございます。牧野つくしをさせていただきます城妃美伶でございます。たくさんの方に長い間愛されてきた『花より男子』を、そしてその中の牧野つくしというキャラクターをさせていただくのにはプレッシャーもありますが、今は演じられる喜びが大きくて、初日まで一生懸命お稽古して参りたいと思っています。牧野つくしの、周りを巻き込んでいくエネルギーを真っ直ぐに力強く演じられるように頑張りたいです。よろしくお願いします。

個性溢れる嵐のメンバーで、友達になれたら楽しそうなのは誰でしょうか。アンケートへのご協力、よろしくお願いします!

野口 宝塚歌劇団の野口幸作でございます。本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。私はこの作品、漫画の小さい頃からのファンで、ちょうど宝塚の演出家の試験を受ける時に、TBSさんのドラマがはじまりました。その時「いつかこの作品に携わりたい」と思っていたので、夢が叶いとても嬉しく思います。「花」に「男」と書いて一般的には「はなだん」と読まれますが、宝塚ファンの方は「はなおとこ」とおっしゃいます。「花男(はなおとこ)」とは何か?をご説明致しますと、連綿と受け継がれた宝塚男役芸を、特に極めている花組の男役という意味なのですが、今回は「花より男子」=「はなだん」と「花男」=「はなおとこ」の美しい調和、ビューティフルハーモニーを令和元年のお客様にご覧頂くというのが企画のポイントです。原作は神尾葉子先生が1992年から連載された、押しも押されもせぬ漫画ですけれども、単行本にして37巻ございまして、それを2時間半の上演時間と30人の出演者でやらなければいけませんので、ものすごく早口で喋ったりですとか(笑)、一人30回くらい着替えないといけないとかは、ちょっと避けたいと思いましたので(笑)全体の3分の1にあたる1巻〜12巻までのストーリーに絞り、更にその中から厳選して「花男」ファンならどうしても観たいだろう!という名セリフを集めて、そこに宝塚的な華やかさと、ミュージカル的な面白さを創り込んだMUSICAL ROMANCE『花より男子』を創りたいなと思っています。この作品の最も素晴らしいところは、次から次へ畳みかけるようにストーリーが展開していくことで、それをどうやって演劇的にできるのかなと思いまして。ちょうど先日ニューヨークのブロードウェイに行ってきたのですが、『MEAN GIRLS』『Be More Chill』『Dear Evan Hansen』といった作品はみんな映像を使って一瞬で変わっていく。更にそれらは全て学生、ティーン・エイジャーが主人公のミュージカルなんです。それにはやはりスピードが求められる。ですので今回は舞台全面にLEDを貼り付けまして、そこで漫画のページをめくるように、スマホのタッチパネルをスワイプするように、一瞬で変わっていく、そういうスピーディーな展開を考えております。申しあげましたように、若者が主人公のミュージカルが2019年の今世界的に盛んなんですね。その潮流に乗るという訳ではなく、偶然ではありますが、やはり宝塚としてもミュージカルを盛り上げたいということで、3人の作曲家、4人の振付家のお力をお借りして、意欲的なミュージカルに仕上げていこうと思っています。また今回今出演者が着ております、ポスターでも使用し劇中でも着用する衣装を、柚香がモデルを務めておりますJOSEPHさんにご提供いただいております。この場を借りて御礼申し上げます。時代も変わりまして新時代に相応しいミュージカルを創りたいので、『花男(はなだん)』ファンの方も「花男(はなおとこ)」が大好きな方も、宝塚を初めてご覧になる方にも楽しんでいただけるようにスタッフ・キャスト一丸となって頑張っていきたいと思います。どうかご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

嵐の活動休止まであと2カ月。その最後の日はあっという間に来てしまう。それぞれの活動が見えるメンバーたちはまだしも、動向がわからない松本にファンはモヤモヤした状態でいるだろう。

優波 皆様本日はありがとうございます。美作あきら役を演じさせていただきます優波慧でございます。私も宝塚に入る前、青春の1ページに『花より男子』がありました。そしてこの作品の舞台化が実現するなら是非宝塚で観たいなと、ファンの時から思っておりましたので、今回このようなタイミングで、しかも自身がF4の一員として参加させていただけることをとても嬉しく思います。お稽古をしていく中で、道明寺司ここにあり!というくらい柚香さんがぴったりでいらっしゃると思いますし、同級生の役として見た時に、愛しいな、可愛いな、ニクイなと思うところがたくさんあります。そういうところを大切に、また私個人と致しましては、入団10年目を迎える「花男」節目の年でもございますので、そういった誇りを自信に変えて精一杯頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

松本にしてみれば、まずは目の前にある、11月3日に配信予定の無観客ライブ『嵐フェス』に全力を注ぎ、その後のことはこれからということかもしれない。

「松潤」や「MJ」の愛称で親しまれる嵐の末っ子、松本さん。「ごくせん」「きみはペット」「花より男子」シリーズなど、数々のテレビドラマへの出演で人気に火が付きました。コンサートでは多数の演出を担当してきた嵐のアイデアマンです。2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」では主演を務めることも決定し、今後の楽しみが尽きませんね。

2020年いっぱいで活動休止となった国民的アイドルグループ・嵐。アラシックはもちろん、嵐ファンではない方も不思議と親近感を持ってしまうのが嵐の魅力ですよね。

嵐の柔軟剤&太陽の存在である相葉さん。「相葉ちゃん」「相葉くん」「まーくん」の愛称で親しまれています。その穏やかな人柄がファンだけでなくお茶の間でも愛され、バラエティ番組で活躍。現在は「I LOVE みんなのどうぶつ園」(旧「天才!志村どうぶつ園」)のほか、嵐の活動休止後は「VS嵐」の後番組「VS魂」を引き継いで嵐の居場所を守ってくれています。

2021年令和3年 井上真央 松本潤 花より男子

2021年令和3年 井上真央 松本潤 花より男子

松本も「You凄いよ!」と故ジャニー喜多川氏から褒められたことを公言している。

誰もが知る戦国の覇者。今さら大河ドラマでやるのがちょっと恥ずかしいくらいの超ベタな偉人。なのに信長や秀吉に比べてなぜか人気がないような。ずるがしこく立ち回ったあげく棚ぼたで天下が転がり込んできたイメージだから?
しかしそれこそが、私が家康に惹ひかれる理由です。
カリスマでも天才でもなく、天下取りのロマンあふれる野心家でもない、ひとりの弱く繊細な若者が、ただ大名の子に生まれついた宿命ゆえに、いやが応にも心に鎧よろいをまとわされ、必死に悩み、もがき、すべって転んで、半ベソをかきながらモンスターたちに食らいつき、個性的な仲間たちとともに命からがら乱世を生き延びてゆく。それこそ誰もが共感しうる現代的なヒーローなのではないか。
人生は、正解のない決断を「どうする?」と迫られることの連続でしょう?
そう提案させていただき、大役を仰せつかることになりました。
謙虚に、大胆に、プレッシャーを楽しんで書かせていただこうと思います。
主演の松本 潤さんは、華やかさと親しみやすさを持ち合わせ、私の描きたい主人公像「ナイーブで頼りないプリンス」にまさにピッタリ。
彼と一緒に、毎週ハラハラドキドキ泣いて笑ってともに駆け抜ける一年間をぜひお楽しみに!

活動休止後のスケジュールが白紙状態の松本潤。しかし、松本がどんな決断をして、予想だにしない道へ進んだとしても、ファンたちは応援を続けるに違いない。

そして、この「チーム徳川」のセンター・徳川家康を演じるのが、松本 潤さん。
松本さんには周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります。古沢良太さんの魂がこもった脚本と共振して、これまでのイメージを突き破る、明るくチャーミングな新しい家康像をつくりあげていただけるに違いありません。
来週が待ち遠しい、ご家族で楽しめる、そして見えない時代を生きる手がかりになる作品としてお送りします。

松潤と井上真央が付き合ってるかは分からないけど、結婚しました、とかニュースで流れたらめちゃくちゃ祝福するし、回想シーンで絶対花男のドラマが流れるのが楽しみすぎる。

松本にしてみれば、まずは目の前にある、11月3日に配信予定の無観客ライブ『嵐フェス』に全力を注ぎ、その後のことはこれからということかもしれない。

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年 滝田 栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。
ある打ち合わせの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがものすごくおもしろく、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話でした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康はおもしろいエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと…。
家康を誰にお願いするかと話していたときも、古沢さんは「松本 潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じていただけると確信しています。
令和版の新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいてください。

2021年令和3年 嵐 松本潤 花より男子 写真

2021年令和3年 嵐 松本潤 花より男子 写真

松本は昨年11月に受けた出演オファーを保留していたが、年明けに熟考し、「嵐という船を一度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとってこんなに大きな挑戦はありません」と決心。グループ活動休止後に初めて決まった仕事で来夏にクランクイン予定。「必死に生き抜き、戦国の世を平定させた人物を熱く演じられたら」と俳優業の“天下分け目の大戦”に身を投じる。

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年 滝田 栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。
ある打ち合わせの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがものすごくおもしろく、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話でした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康はおもしろいエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと…。
家康を誰にお願いするかと話していたときも、古沢さんは「松本 潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じていただけると確信しています。
令和版の新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいてください。

’23大河は松本潤主演『どうする家康』 “花男リレー”で座長引継ぎ サンスポ・コム(SANSPO.COM)はスポーツニュースをはじめ、今話題の最新情報をお届けします。

2023年放送のNHK大河ドラマが江戸幕府を築いた武将、徳川家康を主人公にした「どうする家康」に決まり、嵐の松本潤(37)が初主演することが19日、同局から発表された。昨年末のグループ活動休止後“初仕事”で、メンバーきっての知将は「こんなに大きな挑戦はありません」と感激。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる古沢良太氏(47)が大河初挑戦し、松本と初タッグで盛り上げる。

嵐のメンバーでは相葉雅紀(38)が3日にフジテレビ系「VS魂」(木曜後7・0)、櫻井翔(38)が16日に日本テレビ系「1億3000万人のSHOWチャンネル」(土曜後9・0)でレギュラー番組をスタート。二宮和也(37)は体調不良の相葉に代わり、14日放送の「VS魂」に出演した。リーダー、大野智(40)は“活動休止状態”となっている。

放送中の「麒麟がくる」ではジャニーズの俳優、風間俊介(37)が家康を好演。松本はTBS系「花より男子」シリーズで共演した俳優、小栗旬(38)と親交が深く、22年放送の大河「鎌倉殿の13人」に主演する小栗から“花男リレー”で座長を引き継ぐ。

ジャニーズの大河主演は2014年「軍師官兵衛」のV6・岡田准一(40)以来9年ぶり。1993年「琉球の風」の東山紀之(54)、2005年「義経」の滝沢秀明副社長(38)らに続く5人目となる。

物語を手掛けるのは「ALWAYS 三丁目の夕日」や「コンフィデンスマンJP」シリーズを生んだ人気脚本家、古沢氏。「華やかさと親しみやすさを持ち合わせ、描きたい主人公像『ナイーブで頼りないプリンス』にピッタリ」と初タッグの松本を指名した。

◆松本潤(まつもと・じゅん)1983年(昭58)8月30日、東京都生まれ。96年ジャニーズ事務所入り。99年11月、嵐としてシングル「A・RA・SHI」でデビュー。ドラマ「花より男子」「失恋ショコラティエ」「99・9-刑事専門弁護士-」などのドラマ、映画「陽だまりの彼女」「ナラタージュ」など出演多数。173センチ。血液型A。

松本の時代劇出演はNHKスペシャル主演ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(2019年)など3作目。王子様のイメージが強いが、同局は「令和版の新たな家康像になる」と断言する。

2021年令和3年 花より男子 松本潤 井上真央 メイキング

2021年令和3年 花より男子 松本潤 井上真央 メイキング

類(小栗旬)がフランスから帰国した。つくし(井上真央)は、軽薄になった類に、「オレと付き合わない?」とからかわれ、混乱する。そんな中、道明寺(松本潤)は、つくしと付き合っていると、恋人宣言。道明寺の行動につくしは動揺を隠せない。そこで、道明寺の本心を確かめるために、リッチな道明寺と、庶民のデートをすることに。

05年より始まった「花より男子」のTVシリーズにもたびたび登場してきた思い出の場所に、井上はウエディングドレス、松本はモーニングという撮影用の衣装を着て登場。一番乗りは朝5時だったという600名の熱烈ファンから盛大な祝福を受け、松本は「こんなにたくさんの人に祝ってもらえてうれしい」と喜び、「(ガーデンプレイスは)シリーズを通してキモになる場所。どしゃぶりの雨の中で撮影したりしたので、僕の中でも印象に残っています。近くを通るたびに、『あ、花男だな』と思っていました」と思い入れを語った。

大人気シリーズもこれで見納め。「花より男子ファイナル」完成!

道明寺(松本潤)は、つくし(井上真央)と類(小栗旬)が抱き合う姿を目撃した。激怒した道明寺は、類をF4から外すと宣言。類は気にせず、つくしをデートに誘う。後日、オシャレをして家を出たつくしの前に道明寺が現れる。つくしは、引き留める道明寺を振り切り類の元へ。つくしは、デート中も、道明寺のことが気になり、上の空になる。

ドラマ「花より男子」に関しては過去放送も含めてU-NEXTで配信していますので、無料期間を利用してお得に視聴してみるのをオススメします。

名門高校に通う貧乏な少女と、学園を牛耳る御曹司4人組との恋と対決を描く。リッチな子供が通う英徳学園に入ったつくし(井上真央)は、“F4”と呼ばれる4人の御曹司が学園を好き勝手に支配する状況にうんざりしていた。ある日、つくしはF4の道明寺(松本潤)に絡まれた同級生を助けてしまい、全校生徒からいじめに遭う。

つくし(井上真央)の父・晴男(小林すすむ)が多額の借金を抱えてリストラされた。一家は仕事探しに奔走するが、行く先々で門前払いされる。類(小栗旬)は、楓(加賀まりこ)が裏で手を引いているのでは、と疑う。つくしは真相を確かめるため楓の元へ。楓は、牧野家への嫌がらせを認め、やめる交換条件に、司(松本潤)に関わらないよう迫る。

一方、今年公開された実写映画として興行成績1位に輝き、劇場用パンフレットが未曾有の売上を記録するなど、関連商品も飛ぶように売れ、社会現象を巻き起こしている本作について、井上は「数字で言われてもピンとこないです」との感想。しかし、「こうして集まってくれる方たちを見ると、少し実感が湧きますね」と笑顔を見せ、「最後にこんなビックリするイベントができるとは思っていなかったです。大変なことも多かった撮影ですが、あの時頑張って良かったなと思います」と、喜びを噛みしめていた。

などの動画サイトがありますが、「花より男子」のドラマは現在、どこの動画配信サービスでも配信されておりません。

つくし(井上真央)は、椿(松嶋菜々子)の発案で、女子高生日本一を選ぶコンテスト「ティーン・オブ・ジャパン」に出場。場違いなつくしだが、F4や椿の特訓の成果もあり、何とか勝ち進む。だが、楓(加賀まりこ)に送り込まれた道明寺(松本潤)の婚約者候補・あや乃が、つくしの前に立ちはだかる。そんな中、道明寺は楓にある決断を迫られる。

2021年令和3年 松本潤 井上真央 花より男子

2021年令和3年 松本潤 井上真央 花より男子

ここ1年、実質上の“休業状態”が続いている井上真央。年明けの特番『新春大売出し!さんまのまんま』(フジテレビ系)に出演したものの、ドラマや映画の出演予定は全く聞こえてこない。連ドラも15年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で主演を務めたのが最後だ。

これらのドラマは、それぞれ、2002年、2012年、2018年に放送されていて、まだ学生服が似合う年齢、スーツが似合う年齢、その間の年齢とドラマを見ることで、松本潤さんの成長ぶりも見られるようですよね。

――報道されている松本さんとの恋愛、結婚についてお聞きしたくて。

――松本さんとのご結婚は全然ないんですか?

この1年間におよぶ“休業”は彼女のある“決意”によるものだと報じられてきた。それは、“交際12年恋人との結婚”。その相手とは、嵐の松本潤(33)だという。3月20日付の『東京スポーツ』では、「松本との結婚のために井上はこのまま引退するのでは」という“電撃引退説”も報じられた。

口コミでは「先輩の小悪魔っぷりに振り回されている松潤が可愛い」「松本潤さんと石原さとみさんの役がとてもあっていた」などの意見があったほか、「松潤でもこんなにどんくさくなるんだと思えるほどよく演じていた」「松潤の演技が本当にアホな男に見えて面白い」など、松本さんの演技力を評価している方が多く、「ぶっ飛んでいた内容だったがリアルに見せていたのは松本くんの実力」との意見もありました。

松本さんの女性に振り回される演技も見どころの一つでしたが、真剣にチョコレートを作る松本さんが、本物のショコラティエに見えてきたとの口コミもあり、松本さんの繊細な手の動きも注目のドラマとなっています。

――松本さんとご結婚が近いと報じられてますよね。

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年 滝田 栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。
ある打ち合わせの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがものすごくおもしろく、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話でした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康はおもしろいエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと…。
家康を誰にお願いするかと話していたときも、古沢さんは「松本 潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じていただけると確信しています。
令和版の新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいてください。

井上と松本は05年、『花より男子』で共演し、交際が始まったといわれている。

その他ランキングされたドラマは、真実を追求する弁護士からキャリアウーマンのペットとして暮らす役まで様々ですが、その役ごとに松本潤さんの魅力が存分に発揮され、見ごたえのあるドラマになっていました。

人気の高いドラマだったために、「花より男子2(リターンズ)」映画「花より男子F(ファイナル)」とシリーズ化されました。

今でもたまに見たくなるという声もあり、まさに松本潤さんの代表作とも言えるドラマとなっています。

今回6割以上の票を集めダントツの1位に輝いたのは「花より男子」でした。

実は重たいストーリーを飄々とした松本潤さんの演技でうまく和ましていましたよね。

2021年令和3年 松本潤井上真央 花より男子

2021年令和3年 松本潤井上真央 花より男子

今回は、12のドラマがランクインしましたが、とにかく1位の「花より男子」が強く、まさに「一人勝ち」と言える結果となりました。

今でもたまに見たくなるという声もあり、まさに松本潤さんの代表作とも言えるドラマとなっています。

この1年間におよぶ“休業”は彼女のある“決意”によるものだと報じられてきた。それは、“交際12年恋人との結婚”。その相手とは、嵐の松本潤(33)だという。3月20日付の『東京スポーツ』では、「松本との結婚のために井上はこのまま引退するのでは」という“電撃引退説”も報じられた。

――松本さんとのご結婚は全然ないんですか?

また12月10日に放送された「櫻井・有吉THE夜会SP」(TBS系)で「花より男子」の映像が使われたときの不自然な編集などが話題になっているようだ。

ドラマ「花より男子」を無料視聴するならTSUTAYA ディスカス!

これらのドラマは、それぞれ、2002年、2012年、2018年に放送されていて、まだ学生服が似合う年齢、スーツが似合う年齢、その間の年齢とドラマを見ることで、松本潤さんの成長ぶりも見られるようですよね。

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年 滝田 栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。
ある打ち合わせの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがものすごくおもしろく、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話でした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康はおもしろいエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと…。
家康を誰にお願いするかと話していたときも、古沢さんは「松本 潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じていただけると確信しています。
令和版の新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいてください。

今回6割以上の票を集めダントツの1位に輝いたのは「花より男子」でした。

当時の松本潤さんは20歳。

その他ランキングされたドラマは、真実を追求する弁護士からキャリアウーマンのペットとして暮らす役まで様々ですが、その役ごとに松本潤さんの魅力が存分に発揮され、見ごたえのあるドラマになっていました。

人気の高いドラマだったために、「花より男子2(リターンズ)」映画「花より男子F(ファイナル)」とシリーズ化されました。

松本潤と井上真央について話題にするファンの様子を見てみよう。

井上と松本は05年、『花より男子』で共演し、交際が始まったといわれている。

「幸せになってほしい」松本潤と井上真央の結婚に相葉雅紀がエール!?