2020年令和2年 重岡大毅画像

「宇宙を駆けるよだか」は、2014~15年に少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された川端志季さんのマンガが原作。男女4人の高校生が繰り広げるサスペンスフルなラブストーリーで、「このマンガがすごい!2016」(宝島社)オンナ編で第5位にランクインしている。火賀俊平(重岡さん)、水本公史郎(神山さん)、小日向あゆみ(清原果耶さん)の3人は仲の良い親友。幼なじみの公史郎から告白され、付き合うことになったあゆみは、初デートの日、醜い容姿のクラスメートの海根然子(富田望生さん)と体が入れ替わってしまう……という展開。主題歌がはジャニーズWESTの「アカツキ」が採用されている。

プリ画像には、重岡大毅の画像が232,813枚
、関連したニュース記事が47記事
あります。
また、重岡大毅で盛り上がっているトークが2,036件あるので参加しよう!

「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」は志村の知られざる素顔がドキュメント映像、ドラマ、そして彼が愛した音楽を通じて描かれるプログラム。ジャニーズWESTの重岡大毅が、志村の冠番組「天才!志村どうぶつ園」のテレビディレクター役として主演を務める。場面写真の公開と併せて、柄本明、川栄李奈、河合郁人(A.B.C-Z)、三浦りょう太が主要キャストとして出演決定。この4人は主人公を支えるテレビディレクターやスタッフ役を務める。

最後にドラマについて、神山さんは「率直に面白い。演じていた本人だけど、物語に入ってしまって、一気見してしまった」と明かす。重岡さんは「原作のせりふやシーンが映像として実写化されている。他の作品だと、演じているとどう映っているか分からないので、どうしても自分が映っているシーンはお仕事モードで見てしまうけど、このドラマは全体的にキラキラした作品として見られた。自分で自分のシーンにぐっときたりしました」と手応えを感じたようだ。

人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんと神山智洋さんがダブル主演を務めるドラマ「宇宙(そら)を駆けるよだか」が、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で配信中だ。ジャニーズWESTの中で“かみしげ”と呼ばれる重岡さんと神山さんに、今作のオファーの感想や撮影秘話、青春の思い出などを聞いた。