2021最新 柳楽優弥 銀魂

台本をもらったときに、前作よりも新選組の出番が多かったということもあり、柳楽は「トッシーというのが、台本を読んで楽しみになりました」と、喜んだのだとか。

彼が自分たちのトップ争いに無関心なので憎たらしいものの、強そうなので味方につけたい。そこへ絡んでくるのが、ケンカ偏差値1位で最大派閥のリーダー・柳楽優弥。暴力の塊のようなボサボサ頭の悪人顔である。柳楽優弥ってこんな俳優だったっけ? でも怒った時の歩き方がステキ。

物腰がクールなので何を考えているのかわかりにくいが、婚約を破談にしてまで彰義隊へ入隊した熱い忠誠心の持ち主を演じた柳楽優弥。彰義隊の存在理由が消滅してもなお突き進もうとする彼は、決して悲劇のヒーローではなく、信念を手放さなかった1人の若者だ。重いテーマに始終せず、淡い三角関係も盛り込まれている青春映画。

最後に福田監督から「3につなげたいなって思っています」と、続編を熱望すると、柳楽も「3お願いします!」と、熱視線を送っていた。

2016年には映画『ディストラクション・ベイビーズ』で、キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞や、そのほか世界的な映画祭で数々の賞を受賞。2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演するなど、若くして日本を代表する俳優の一人として快進撃を続けている。

それまでのイメージをガラリと変え、このショッキングな主人公を演じて絶賛された柳楽優弥。徹底した役作りで俳優としての底力を知らしめた記念すべき作品である。彼は一体どこまで行くのか、どこに行こうとしているのかが全くわからない恐ろしさと、彼に巻き込まれていくことで浮き彫りになる人間たちの醜い姿が、心につき刺さる。

精神状態が不安定な母親。父の暴力。妹の不登校。そんな荒んだ家庭で暮らす高校生を演じた柳楽優弥は、伏目がちな暗い瞳が魅力的。とにかく今を何とかやり過ごすのに精一杯な彼を取り巻く人間関係が丁寧に描かれているが、どんよりした海を漂っているような気分にも。安藤サクラの活きのよさが、さりげなく救いかも。

最近ドラマやCMでも活躍し、人気がぐんぐん上がっている柳楽優弥だが、これまでどのような役を演じてきた俳優なのか、今一度振り返ってみよう。

ほかにも、柳楽へ本作に伊東鴨太郎役で出演した三浦春馬との話が唐突に振られることに。福田監督が「春馬とはライバルなの?」と問いかけると、柳楽は「超ライバル視してます」と、乗っかりつつ「本当にそういう感じですね。子役時代からオーディションをがっつり取っていくんですよ。僕だけじゃなくていろんな人が思うくらい。そこから同じ高校に行ったりして、年齢が1つ下ということもあって、高校時代はまったくしゃべってません。そうしたらこういう形で共演というのはなかなかないですね。15年前に『岸和田少年愚連隊』以来です」と、意外な関係性を話し、会場を驚かせていた。

King Gnuが2020年12月6日に開催した「King Gnu Live Tour 2019 AW」追加ファイナル公演で披露した「三文小説」LIVEパフォーマンスが1月6日、公開となった。

その元カレというのが、大人の男でねえ。とても太刀打ちできそうにない彼だが、それでも一途に彼女を愛そうとする。そんなピュアな男の子を柳楽優弥が演じ、その年頃ならではの一生懸命で繊細な傷つき方が切ない。でも惚れっぽいのも、その年頃ならでは。若者よ。たくさん恋をしよう。恋は人生の肥やし。

プリ画像には、柳楽優弥 銀魂の画像が233枚
、関連したニュース記事が1記事
あります。
一緒に
よくできました スタンプ 透過も検索され人気の画像やニュース記事、小説がたくさんあります。

ウシジマくん=山田孝之というイメージが定着したほど、ロバート・デ・ニーロばりの変貌ぶりで演じた山田孝之に注目が集まったが、この作品では綾野剛や菅田将暉、窪田正孝といった主役級の人気俳優も出演。その中の1人が、柳楽優弥である。ただし、柳楽優弥はウシジマくんと一緒に働かないし、お金も借りない。彼はストーカーなのである。

親の愛に恵まれず、孤独を感じていた二人は似た者同士。特に彼の方は、親を知らずに育ち、今は一人で古紙回収の仕事をしている身の上だ。そんな彼の支えは彼女だけ。その大好きな彼女に久しぶりに会えた夜、抑えきれない感情が爆発してしまい……やり場のない後悔に苦しむ姿を柳楽優弥が繊細に演じ、そのうまさに引き込まれる。

※2021年5月26日時点のVOD配信情報です。