2021最新 長谷川唯成績

日本で在籍していた日テレ・ベレーザの先輩で日本女子サッカー界のレジェンド澤穂希さんが目標だ。ポジションも重なる。2018年に市スポーツ栄誉賞第1号に選ばれた際、「女子サッカーの人気は下降気味。五輪で結果を出すことが大事」と語っていた。

今季からWEリーグで戦う三菱重工浦和レッズレディースの守護神に君臨しているのが池田咲紀子だ。ユースから同クラブに所属し、2011年にトップチーム昇格。池田は2015シーズン辺りから正守護神に定着する。168cmと高身長とまではいかないが、元々ボランチでプレーしていたこともあり足元の技術に定評がある。チームにビルドアップに貢献できる。以前はミスも多く不安定な部分もあったが、出場機会を重ねるごとに安定感も増してきた。また、池田はコーチングでチームに積極的に指示を出し、得意のシュートストップでチームを助ける。本大会では、WEリーグプレシーズンマッチで無失点の山下杏也加とポジションを争うことになるが、果たして…。

2019年の女子W杯ではベスト16止まり…なでしこMF長谷川唯はチームの変化を強調「一段階上に上がった」

メダル獲得が期待される五輪に向けて「楽しみです。海外でプレーしてきたということもあるので、どれだけ通用するのか。チームとして、個人として、どこまでやれるのかという楽しみが大きい」と語っており、イタリアで大きな成長を遂げた長谷川がなでしこジャパンのキーマンになりそうだ。

サッカー女子の国際親善試合ウクライナ戦(10日、広島)に臨むなでしこジャパンMF長谷川唯(24=ACミラン)が9日、オンラインで記者会見し、2019年フランスW杯から成長したチームについて語った。

[4.11国際親善試合日本女子7-0パナマ女子国立]2日前の9日に合流したばかり。フル出場を果たすだけでなく、多くの好機を生み出し、自らゴールも奪って見せた。なでしこジャパン(日本女子代表)MF長谷川…

バックアップメンバーとして平尾知佳が3人目のGKに選出されている。最近では、U-20女子ワールドカップ優勝メンバーであるスタンボー華が台頭してきていたが、今回は東京五輪メンバーに入った。平尾は各年代別の日本代表にも選出されており、年代別の代表も率いていたこともある高倉麻子監督からの信頼も厚い。2018年には浦和レッズレディース(三菱重工浦和レッズレディース)からアルビレックス新潟レディースに完全移籍。同クラブの正守護神としてゴールマウスを守っている。平尾はシュートストップや空中戦にも強く、足元の技術があるためビルドアップに貢献できる。現代のオーソドックスなGKと言えるだろう。安定感もあり、試合に出場すれば非常に頼りになる選手である。

頭もよかった。田中さんは長谷川選手がオフサイドをとられた記憶がないという。「手がかからない子で自由にやらせていたよ」。持久力もずば抜けていて戸田の駅伝大会でもぶっちぎり。男子チームの同少年団と掛け持ちし、そこでも主力だったという。

シービリーブスカップに参戦するためアメリカを訪れている日本女子代表(なでしこジャパン)は9日、MF長谷川唯が怪我のために離脱すると発表した。代替招集はない。シービリーブスカップでなでしこジャパンはスペ…

なでしこMF長谷川唯が「米仏より衝撃」受けたカナダ、ポイントは「耐えられるか」

日本サッカー協会は9日、アルガルベカップ2018に出場するサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)を発表した。アルガルベカップに出場チームは、なでしこジャパンを含む全12チーム。グループCに入ったなで…

今年1月にイタリアの名門ACミランに移籍した長谷川は「イタリアでのシーズンが終わってから少し時間があり、体も休めることができました。移動はありましたが、コンディションは問題ないです」とし、試合に向けて「結果は必要なこと。その中でもチャレンジが大事」と語った。

法政大から今季加入…甲府MF長谷川元希がプロA契約締結「今まで以上にチームの為に」

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のMF長谷川唯(24)がプロのWEリーグに今季参入する日テレからイタリア1部リーグのACミランに移籍することが29日、関係者の話で…

なでしこMF長谷川唯 白星発進の男子に刺激「ゴールを狙う意識はすごいな」