2021最新 なでしこジャパン 顔

対戦するカナダはFIFAランキング8位で、オリンピックは4大会連続4回目の出場。2012年ロンドン大会、2016年リオデジャネイロ大会の2大会連続で銅メダルを獲得しており、近年のオリンピックで高い勝率を誇る。今大会もリオデジャネイロ大会の銅メダリストが多くリストアップされており、その経験値はカナダの武器だ。

なでしこジャパン(日本女子代表)が大きな目標としてきた、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)の初戦・カナダ女子代表戦が、いよいよ7月21日(水)に行われる。日本が目指す金メダル獲得に向け、その勢いを加速させていくためにも大会の初戦は非常に重要となる。

日本チームはすでに試合会場の札幌に移動し、カナダとの一戦に向けて最終調整に入っている。1週間前のMS&ADカップ2021でオーストラリア女子代表に1-0で完封勝利したことが、カナダ戦にいいイメージで臨むことにつながっている様子で、キャプテンの熊谷紗希選手は「DFライン裏のケア、そしてクロス対応でいいシミュレーションができた。失点を0で抑えられたことは、すごく自信になったと思う」と、オーストラリア戦がチームに好影響を与えているとした。

中でも38歳のベテランChristine SINCLAIR選手はカナダの顔とも言える存在だ。国際Aマッチ299試合出場186得点を記録しており、その得点数は、男女を通じて史上最多。日本との試合に出場すれば、節目となる300試合目のメモリアルゲームとなる。また、準優勝した北中米カリブ海予選で、7得点のJordyn HUITEMA選手にも警戒が必要だ。

「路地裏ゲストハウスALLEY(アリー)」(足利市通1)が6月20日、オープン1周年を迎えた。

カナダとの通算成績は、14戦7勝3分4敗(22得点19失点)。直近の対戦は2019年10月6日の国際親善試合(IAIスタジアム日本平)で、6分の岩渕真奈選手の先制点を皮切りに、籾木結花選手、長谷川唯選手、小林里歌子選手が得点を重ねて4-0で勝利した。その一戦は、FIFA女子ワールドカップフランス2019の敗退から約100日後に、日本がオリンピックへの再スタートを切った試合だった。