2021年最新

2021年令和3年 杉咲花 パスコ

2021年令和3年 杉咲花 パスコ

TOP > ニュース > 米・麦 > 2020 > 09 > 杉咲花さん出演CM「つれづれパン日記」シリーズ展開、敷島製パン「パスコ超熟」

発表会には杉咲さんも登場。放映開始の10月1日は「超熟の日(2018年制定。1998年10月1日が超熟の発売日)。その翌日の10月2日が杉咲さんの誕生日で、同社から超熟で作った誕生日ケーキが送られた。杉咲さんは「本当にすごく優しい世界観の、温かいCMに出演することができてうれしい気持ちでいっぱい。色々な食材のアレンジも楽しみ」とコメントした。

2021年令和3年 杉咲花 パーソナルカラー

2021年令和3年 杉咲花 パーソナルカラー

トレンドカラーは毎年変わりますが、毎日身につけるガジェットは自分に似合う色かどうかもコーディネートにおいては重要なポイントです。そのヒントになるのがパーソナルカラー診断。持って生まれた肌や瞳の色などから大きく「ブルーべース (=ブルベ) 」と「イエローベース (=イエベ) 」のどちらかに分類されます。

そんなあなたのために「ブルベ冬の芸能人の特徴」「ジャンル別のブルベ冬の芸能人100選」「パーソナルカラーの基本的な知識」などについてまとめました。

主人公のケイを演じる寺田を取り巻く妖怪役に杉咲花、大沢たかお安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大大島優子、赤楚衛二、SUMIREなど超豪華キャストが集結していることでも
話題の本作。

パーソナルカラーブルベ冬の芸能人を以下のジャンルごとにまとめました。

2021年令和3年 杉咲花 大阪弁

2021年令和3年 杉咲花 大阪弁

「あまちゃん」「スカーレット」がお気に入りだという杉咲は、「朝ドラはとてもさわやかな気持ちにさせてくれるものだと日々感じていましたので、私もがんばりたいなと思っています」とコメント。大阪での撮影の楽しみについて尋ねられると「ごはんがすごく好きなので、いろんなおいしいものを食べながら元気に撮影していこうと。好きな名物は串かつです!」と明るく答えていた。

オファーの経緯について櫻井は「まずこの企画が決まった段階で、女優さんを演じるには演技力が非常に大事だなと。杉咲さんは演技力の突出した方ですし、お芝居にチャーミングさと力強さを兼ね備えた稀有な方だと思いまして、今回ぜひにとオファーしました」と説明。過去3度ほどヒロインのオーディションを受けたという杉咲は、オファーに対する心境を「やったあ!と思いました(笑)」と素直に表現。またオファーを聞いた際には「打ち合わせにいつもは現れない“偉い人”がやって来ました」と回想。「えっ、なんだろうと思ってたら『朝ドラが決まりました』と……。早く撮影がしたいです!」と喜びたっぷりに述べた。

「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

「プレッシャーでびくびくしながら書いています」と笑いながら話した八津は、「どうせやるなら爪痕を残したいなと思い、『全話で1日の話にしたらどうですか? 舞台は2050年の未来都市とかどうですか?』と話してみたものの、朝ドラの歴史の壁の前にもろくも打ち砕かれました」と驚きの候補案を明かした。「紆余曲折ありましたが、喜劇女優の一代記という王道の形になりました」「書き出してからは、王道だからこそ逆にいろいろチャレンジできることがあるなと思い始めています。朝ドラは会話シーンを楽しむものだと感じていますので、杉咲さんの明るいチャーミングな話し方をイメージして書いています」と話す。

「とと姉ちゃん」での朝ドラ出演を振り返った杉咲は「高畑充希さんとはもちろん比べものにはならないのですが、セリフの量が多くて苦戦することもありました。朝ドラは大変なものなんだなと思わされましたね」と述懐。続けて「ただそれ以上にやっぱり楽しさを感じていました。これだけ長い時間、共演者の方々やスタッフの皆さんとご一緒できる機会はないと思いますので、とにかく楽しい時間を過ごしたいです」と意気込みを語り、「パワーをお届けできるような作品にしたいです」と笑顔を見せる。

NHK連続テレビ小説103作目となる「おちょやん」は、松竹新喜劇などに参加した女優・浪花千栄子を主人公のモデルにしたドラマ。本作では杉咲演じる竹井千代が、大正から昭和の戦後までの大阪で芸の道をひた走っていく姿が描かれる。脚本はドラマ「半沢直樹」「陸王」で知られる八津が担当し、演出には梛川善郎、盆子原誠らが名を連ねた。なおタイトル「おちょやん」は、茶屋や料亭などで働く“小さい女中さん”を意味する大阪弁から取られている。

杉咲花が朝ドラ「おちょやん」撮影に参加「心を込めて頑張っていきたい」

番組では、トータス松本さんのインタビュー映像も流され、トータス松本さんは杉咲さんとのメッセージのやり取りを“暴露”。東京出身の杉咲さんは、トータス松本さんとメッセージのやり取りをするときは大阪弁になるということが明かされた。トータス松本さんは、「絶対大阪弁なんですね。しゃれをきかせている感じがオシャレ」と話していた。

「第13週『一人やあらへん』は、月曜(3月1日)に番組で唯一のイケメン成田凌がヒロイン杉咲花にプロポーズするという、2人のための週でした。18・9%を記録した金曜(5日)は、成田が父の名跡を継ぐ決意をし、2代目天海天海の襲名公演でした。まさに成田の晴れ舞台。その公演では、結婚の報告までして盛り上がりました」

辛坊)いまの記事(の部分)だけではなくて、いかにこの杉咲花がすごいかと、歴代のNHKの連続テレビ小説の主人公と比べて、記事が出来上がっているので、ぜひお読みいただければ。読めば読むほど杉咲花ってすごいのねっていう、そんな感じです。

放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」でヒロイン・千代を演じている杉咲花さんが、5月7日放送の同局の朝の情報番組「あさイチ」(総合、月~金曜午前8時15分)の「プレミアムトーク」にゲスト出演。杉咲さんは、撮影現場で、千代の父・テルヲを演じたトータス松本さんからたくさんのビー玉をもらったエピソードを披露。杉咲さんは、「これはトータスさんの“裏エピソード”みたいなんです」と明かし、現場ではいつももらったビー玉を1個だけお守りとして持ち続けていたという。

また撮影現場では、杉咲さんとトータス松本さんはタメ口で会話し合うことにしていたこともインタビュー映像で明かされた。トータス松本さんは、「会うたびに『お父ちゃん』って(杉咲さんが)言っていて。『今日な、どうのこうのでな』とか話したり」と現場でのやり取りを語った。

2021年令和3年 杉咲花 おちょやん

2021年令和3年 杉咲花 おちょやん

杉咲花より以下のコメントも到着。

また、穂乃果の劇中衣裳を身にまとった杉咲花の写真も解禁。これまでシルエットとなっていたヴィジュアルも塗り替わり、松本、香川との3ショット・ヴィジュアルも解禁となった。新たなヒロインが加わり、さらにパワーアップした「チーム99.9」が、この冬、日本中を笑顔にする最高に痛快な作品を届ける。

杉咲花 おちょやんから弁護士へ 劇場版「99.9」でヒロイン役「元々拝見していた好きな作品」

「99.9」は松本潤(37)主演でTBSで2度にわたり放送された人気シリーズ。松本と香川照之(55)の名コンビによる、刑事事件を専門に扱う弁護士を題材とした物語。杉咲は司法修習を終えたばかりの新米弁護士役。16年の榮倉奈々(33)、18年の木村文乃(33)に続く3代目ヒロインとなる。
「おちょやん」では離婚を経験しどん底に落ちるも、ラジオドラマへの出演をきっかけに大阪で愛される喜劇女優を熱演。登場人物や作中キーワードがツイッターのトレンド入りを果たすなど、多くの反響を呼んでいる。
「99.9」は松本演じる超型破りな弁護士に翻弄(ほんろう)される役どころで、ビシッとスーツを着こなす超真面目なキャラクターだ。弁護士役も初挑戦。現在撮影中で、関係者によると、長年組んでいる制作チームの中へ飛び込むことに当初は緊張感もあったようだが、現場で松本が杉咲を気遣うように要所でリードすることもあるという。
出演にあたり「元々、拝見していた好きな作品で、私も現場に参加してみたいなという思いがあったので、今回お話を頂けて凄くうれしかった」と振り返る。「面白いシーンばかりで、次の展開が早く見たくなるような作品になっていると思いますので、楽しみにしていただけたら」と呼び掛けた。

杉咲自身は本作で初の弁護士役に挑戦。松本とは映画初共演、香川とは『劇場版 MOZU』以来の共演。これまでドラマでも松本演じる深山とヒロインとの絶妙な掛け合いが話題となっており、映画では果たしてどのような掛け合いが生まれるのか。そして穂乃果は斑目法律事務所にどのような影響をもたらすのか。今後発表されるストーリーからも目が離せない。

女優杉咲花(23)が今冬公開の映画「99.9―刑事専門弁護士―THE MOVIE」(監督木村ひさし)でヒロインを務めることになった。今年4月に主演のNHK連続テレビ小説「おちょやん」がクランクアップしてから今作が演技の初仕事。「おちょやん」は14日の最終回へ向け、10日からいよいよ最終週に突入したばかり。「大阪のお母さん」が令和の弁護士に“転身”する。

杉咲花 (C)ORICON NewS inc.

おちまさと氏 東京五輪の遅すぎる開催可否決定に「6月に言われてもそれは単なるご報告である」

2021年令和3年 杉咲花 親 写真

2021年令和3年 杉咲花 親 写真

【生年月日】1997年2月28日
【出身地】東京都
【代表作】
2015年:TBS系『表参道高校合唱部!』主演
2018年:佐藤祐市監督『累 -かさね-』(土屋太鳳とW主演)
【ヒロインモデル】坂野惇子:兵庫県出身の実業家。女学校時代の友人たちを集め、”子どもと母親の立場で作る良心的な育児用品”を目指して、アパレルメーカー「ファミリア」を創業。
坂東すみれはおっとりした性格ですが、内には意志の強さを秘めています。病床にあった母のためハンカチに刺繍したことが大きな転機となり、その後の生き方の柱となります。ベビー用品に需要を見出し、アパレルメーカーを創業する一方で、夫の出征中に長女を出産して立派に育て上げました。

【生年月日】1939年6月6日
【出身地】愛媛県八幡浜市
【代表作】
1991年:中原俊監督『12人の優しい日本人』
1980年: NHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』
1992年: NHK 連続テレビ小説『おんなは度胸』
【ヒロインモデル】林芙美子:山口県出身(諸説あり)の小説家。生い立ちは貧しく、戦後になって人気作家となり、本作の原作である「うず潮」「放浪記」などの代表作を遺しました。

昭和40年代の九州と大阪を舞台に、親子三代続く演劇一座で育てられた青年が実の母の存在を知り、母を捜しながら大衆演劇の担い手になるまでを描きます。タイトルの「いちばん太鼓」とは芝居が幕を開ける合図で、(夜明けに)打ち鳴らす太鼓のこと。
主人公・沢井銀平を岡野進一郎、その妻を三田寛子、養父を芦屋雁之助が演じました。

しかし、ラジオドラマで大家族の母親役を演じたのを機に、千代は女優に復帰。そのラジオドラマは十年も続く人気番組となり、千代自身も「大阪のお母さん」として親しまれ、女優として絶頂期を迎えるのでした。

札幌でヒップホップダンサーを目指していたヒロイン・瞳が、祖母の死がきっかけとなり、祖父の暮す東京の月島で同居することになります。祖父が里親をする3人の子供たちとの関わりを通じて、瞳自身が次第に人間として成長していく姿を描きました。

【生年月日】1981年11月4日
【出身地】奈良県吉野郡西吉野村(現・奈良県五條市)
【代表作】
2007年:河瀬直美監督『殯の森』主演
2013年:フジテレビ系『最高の離婚』
【ヒロインモデル】小篠綾子:兵庫県出身のファッションデザイナー。同じ道に進んだ三姉妹、コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコの母親として広く知られています。
小原糸子はだんじり好きのやんちゃな長女として生まれ、呉服屋ながら洋服に興味を持って、21歳の時に自らの店を立ち上げます。戦争で夫を失うという困難に遭いながら3人の娘たちを育て上げ、2006年に享年92で他界するまで精力的に働き続けました。晩年は夏木マリが演じました。

北アルプスに囲まれた長野県松本市と安曇野を舞台に、医学部を目指す女子高生と看護師として働く母親の心の交流を通し、家族のあり方を見つめました。ヒロインは脚本の石森史郎の一押しで大竹しのぶに決まり、大竹の出世作の一つでもあります。
1作目から1年間での放送が続いた朝ドラですが、『水色の時』から半年間になりました。

幼くして母を失い、故郷の滋賀から商都・大阪へ出た少女が、船場の糸問屋に奉公し、世間の激しい流れにもまれながら”ご寮さん”(主人)になるまでを描きます。
ヒロイン・あゆの亡くなった母親役で吉永小百合が出演し、話題を呼びました。「あゆ」の名には他の川に放流され、激流を泳いで成魚になる琵琶湖の稚鮎のようにたくましく成長してほしい、という母の願いが込められています。

明治から大正の時代に活躍した女性記者・磯村春子の半生を、肉親の死や日露戦争といった重いテーマを織り込みながらも、軽快なタッチで描きました。
福島県相馬に育った「はね駒」(はねこんま=おてんば娘)のりんは、仙台の女学校で英語を学んだ後、上京して結婚、出産を経験。りんは仕事と家庭の両立に悩みつつ、理解ある夫・小野寺源造に支えられ、新聞記者への道を開いていくのでした。

【生年月日】1988年2月12日
【出身地】鹿児島県
【代表作】
2009年:廣木隆一監督『余命1ヶ月の花嫁』
2014年:TBS系『Nのために』
【ヒロインモデル】―
ヒロインの一本木瞳は、最先端のストリートダンスに熱中する生活から、いきなり下町で3人の子供の里親となりました。苗字の通りの”一本気”な性格で、様々な困難にぶつかっても夢を諦めず、ついに「瞳ダンススタジオ」を開設するに至ります。

杉咲花さんの父親は木暮武彦さんです。

杉咲花ちゃんが、小暮武彦氏の娘さんだとは知らなかったので、いささか驚きました。昔、付き合っていた彼女がRED WARRIОRS のファンだったので、何度かライブに行った事があります。その時彼女は小暮氏の事を通称の「シャケ」と呼んでいました。ミヤコ蝶々さんいついてですが、私が物心つく頃には、既に関西喜劇界の大御所になっておられました。現在の大御所と言えば上沼恵美子さんが思い浮かびますが、ミヤコ蝶々さんには、上沼さんには無い品格と貫禄がありました。印象的だったのは「続・男はつらいよ」で、全編、長谷川伸の「瞼の母」のオマージュになっていてその中での、渥美清さん演じる車寅次郎と、ミヤコ蝶々さん演じる寅次郎の実母とのやり取りはなかなか印象深かったです。寂しけれどお二人とももうこの世にいない。残念です。

蔵の町として知られる埼玉県川越市を舞台に、老舗和菓子店「甘玉堂」の跡継ぎとして真面目に働くヒロイン・つばさのところに、突然戻って来た母親が巻き起こす騒動を描きました。

舞台は日本のハリウッドといわれた京都・太秦。産みの親と育ての親、2人の母の間で揺れながら育ち、アメリカ出身で奔放な父の生き方に翻ろうされるヒロイン・美月。彼女が映画作りに懸けた情熱、挫折と成功の半生を描く物語です。
実の母を賀来千香子、育ての母を大竹しのぶ、父を段田安則が演じました。堺雅人、佐々木蔵之介ら小劇場出身俳優の出世作とされています。

大正から昭和の時代に、「鳥のように自由に飛びたい」という夢を追いかけ、飛行士になったヒロインの波乱に満ちた半生を明るいタッチで描きます。主な舞台は秋田と東京で、浅茅陽子のおおらかな演技や、中条静夫扮する父親の頑固親父ぶりも人気でした。
ヒロイン像には、当時の流行語である「翔んでる女」が反映されており、”常識に囚われない、自由奔放に生きる”新しい女性像を指しました。

2021年令和3年 杉咲花 親

2021年令和3年 杉咲花 親

昭和7年、千代(杉咲花)と一平(成田凌)が夫婦となってから、3年の月日が流れた。そんなとき、世界の喜劇王チャップリンが来日することがわかる。大山鶴蔵(中村鴈治郎)は、鶴亀家庭劇と須賀廼家万太郎(板尾創路)率いる万太郎一座を競わせ、勝った方の芝居をチャップリンに見に来てもらうと宣言する。家庭劇の面々は打倒万太郎一座に向けて盛り上がったが、ひとり千之助(星田英利)の様子だけがいつもと違っていた。

続いては杉咲花さんの性格について見ていきましょう。

今後も杉咲花さんの活躍に期待しましょう!

鶴亀家庭劇の初興行は大盛況のうちに幕を閉じ、次の公演はひと月後と決まった。その頃、シズ(篠原涼子)のひとり娘、みつえ(東野絢香)に縁談話が持ち上がる。千代(杉咲花)は、みつえはきっと一平(成田凌)のことを好きに違いないと思い込んでいたが、意外なことに、みつえが好きなのは福助(井上拓哉)だった。しかし、二人の母親であるシズと菊(いしのようこ)の仲の悪さは、先代からの因縁もあり、非常に根の深いものだった。

芝居茶屋「岡安」で奉公している千代(杉咲花)の前に8年ぶりに、父テルヲ(トータス松本)が現れる。テルヲは借金の返済のために、千代を別の店に奉公に出そうとしていた。一方、天海一平(成田凌)、須賀廼家千之助(星田英利)の天海一座が、久しぶりに道頓堀で芝居を行うが、客の入りが悪く、中日で打ち切られる。その頃、借金の取り立て屋から「岡安」への嫌がらせが続き、千代は女将のシズ(篠原涼子)に店を出ると伝える。

大正5年。竹井千代(毎田暖乃)は大阪の南河内で、飲んだくれの父テルヲ(トータス松本)と弟ヨシヲと暮らしていた。千代は口が達者な元気な女の子だったが、弟や鶏の世話などで忙しく、小学校にも通えずにいた。そんなとき、テルヲが新しい母親、栗子(宮澤エマ)を連れて帰る。これで小学校に通えると喜ぶ千代だったが、栗子は家事を何もしない。千代が栗子に次第に反発していく中で、ヨシヲが突然家からいなくなってしまう。

終戦から3年、千代(杉咲花)たちは、地方で公演を続けていた。そんなとき、鶴亀の社長、大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、道頓堀に戻ってこい、という連絡がくる。一平(成田凌)は、鶴蔵がどうして、万太郎一座ではなく、自分たちに声をかけたのか不信に思う。実は、須賀廼家万太郎(板尾創路)は、病で声を失っていた。そのことを知った、須賀廼家千之助(星田英利)は、万太郎最後の公演に助っ人として参加することにする。

女優を目指す千代(杉咲花)は、山村千鳥(若村麻由美)の一座に入ったものの、お客の数は日に日に減っていた。清子(映美くらら)は子どもに人気の芝居をやろうと提案するが猛反対され、千鳥抜きでその芝居を行うことになる。しかし、公演直前に主役の清子が足を負傷。千代が急きょ、代役で出演することになる。千代はせりふを覚えていたものの、発声も芝居も全くだめだった。公演前日、それを見かねた千鳥が千代に演技指導を始める。

子役から活動していた杉咲花さんですが、一度活動を休止しています。

昭和12年の夏に始まった日中戦争で日本軍は勝ち続け、日本中が沸いていた。鶴亀家庭劇でも戦争を題材とした愛国ものの芝居が人気となっていた。そんなとき、千代(杉咲花)と一平(成田凌)は新派出身の子役、松島寛治をしばらく預かることになる。寛治に母はおらず、父を亡くしたばかりだった。そんなとき、突然、高城百合子(井川遥)と小暮真治(若葉竜也)が訪ねてくる。驚くことに、二人は結婚しているという。

宮藤官九郎が脚本を手掛けるオリジナルホームドラマ。かつて人気プロレスラーだった“ブリザード寿”こと観山寿一(長瀬智也)は、けがや年齢もあり今は小規模なプロレス団体で細々と試合に出ている。ある日、寿一の元に父親・観山寿三郎が危篤との連絡が入り、寿一は20年以上ぶりに家族と再会する。

一平(成田凌)は自分の力試しに、前座で千代(杉咲花)と舞台に立つことにする。台本は新作の「若旦那のハイキング」。商売敵の親同士のせいで結婚を反対された恋人たちの物語だった。それは、みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)の結婚を参考に一平が書き上げたものだった。だがこの頃、警察の検閲が厳しくなり、男女の恋愛場面が書き直されてしまう。また一か月前にえびす座でボヤ騒ぎがあり、気がかりなことが続いていた…

一平(成田凌)が突然、一人で暮らし始めた。そんなとき、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)がやって来て、父の名前を継ぎ、二代目天海を襲名するように伝える。一平はそれを断るが、これは社命だと言う。一平が襲名をしたくない理由には、父親への恨みがあった。千代(杉咲花)は、一平の母、夕に会い、襲名を説得してもらおうと、千之助(星田英利)から居場所を聞き出す。そして、一平を連れ出し、京都に向かう。

竹井千代(杉咲花)と天海一平(成田凌)が別れて2年が経った。一平はついに、鶴亀新喜劇で「初代桂春団治」を上演し、大成功をおさめた。しかし、二人はお互いに、再び会おうとはしなかった。そんなとき、鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)が、千代の家にやってくる。熊田は千代に、一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に上がってくれないかと相談する。もう一度、千代に道頓堀の舞台に上がってほしい、という熊田の願いからだった。

千代(杉咲花)と一平(成田凌)が参加する、鶴亀家庭劇が船出をした。しかし、それは喜劇、新派、歌舞伎、歌劇団など役者の寄せ集めだったため、それぞれの思いがバラバラのまま、初日を迎える。喜劇の経験のない役者たちで演じる芝居では、なかなか笑いがとれない。それを見ていた千之助(星田英利)は、突然段取りのないアドリブを連発し始める。そのことに、強く反発したのが、新派出身のルリ子(明日海りお)だった。

2021年令和3年 杉咲花 成田凌 共演

2021年令和3年 杉咲花 成田凌 共演

【牧 元一の孤人焦点】塩対応の妙味を感じた。28日放送のNHK連続テレビ小説「おちょやん」で、主人公の千代(杉咲花)が、あきらめかけた女優の道を再び歩み始める契機となる場面だ。

佐藤ざくりの同名漫画を、桜井日奈子、神尾楓珠の共演で実写化。恋愛経験ゼロの女子高校生が、毒舌イケメンのメーク術で変身するシンデレラ・ストーリーを描く。地味でさえない風貌から「毒キノコ」とあだ名を付けられるまいる(桜井)は、学校一のイケメン・天佑(神尾)から「ブスを言い訳に使うな」と一喝され、一念発起する。

杉咲花 (C)ORICON NewS inc.

八津弘幸脚本、杉咲花がヒロインを務め、上方女優の代名詞で「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優・浪花千栄子をモデルにしたオリジナルストーリー。大正から昭和の激動の大阪・南河内で、貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲)が女優という芸の道を歩み、名実共に上方を代表する女優となっていく姿を描く。

さらに、成田は「怖くない? 『おちょやん』越えていけるのかな?って。自分自身も、作品への愛情も、終わった後、これくらいの気分になれるかな? これを機に越えていけたら。強くなっていると思う」と話すと、杉咲も「ここで培ったものを次につなげていかないと」と前を向いた。

「コミックシーモア」で3100万DL突破の同名漫画を実写化。大学生男女の四角関係を少しHにビビッドに描いた同作を「オフィスラブ」に設定を変更。奥仲麻琴と鈴木ゆうかが親友役で共演する。奥仲演じる杏が飲み会で盛大に酔って吐いた翌日、その姿を見ていたイケメン新入社員と会社でばったり再会してしまう。

「めちゃコミック」のオリジナル作品で、累計ダウンロード数1700万を超える人気作を萩原みのり主演でドラマ化。幼い頃に両親を失い、姉に育てられたひなた(萩原)が、姉の人生を狂わせた“女”に復讐(ふくしゅう)を仕掛けていくラブサスペンス。ほか共演は、Travis Japan・宮近海斗、山下リオ、深川麻衣、古川雄輝ら。

千代が胸に退職届を忍ばせて撮影所の廊下を歩いていると、旧知の喜劇役者・一平(成田凌)に出くわす。父親のテルヲ(トータス松本)にまつわる悩みで「あんたにウチの何が分かんねん」と怒りをあらわすと、一平から返ってきたのは、なぐさめではなく、「分かるはずないやろ。人の苦しみがそない簡単に分かってたまるか」という冷たい答え。千代は目に涙をにじませ、絶句する。
小気味良いほどの一平の塩対応。本来ならば意気消沈するところだが、千代の心はそこから前向きに動く。一平から「おれの苦しみはおまえなんかには絶対に分からへん。そやから、おれは芝居する。芝居すると、そういうものがちょっとは分かる気がする。分かってもらえる気がする」と言われ、かつての自分の舞台や演技のことを走馬灯のように思い出す。そこにあるのは、芝居をやり遂げた時の充足感。無言のままの千代の表情に、気持ちの変化が表れる。
「芝居をすることで分かってもらえる気がする」。千代を演じる杉咲はインタビューで「私はそのセリフがすごく好きで、私自身にとても響きましたし、本当にそうだなと感じました」と打ち明けている。あの場面の表情は、演技を超えた、心の奥底からの表現だった。
あの場面で2人は塩対応に終始したが、物語を離れると、関係性の良好さがうかがえる。杉咲と成田は過去に、昨年公開の映画「弥生、3月─君を愛した30年─」やCMなどで共演。杉咲は「これまでご一緒させていただいたこともあって、同志という感じがします。撮影に全く関係ないことも、何でも話せて、成田さんが現場にいてくださると安心感があります」と明かす。
一方の成田も今作の撮影に関して「杉咲さんが素晴らしい。誰が見ても文句のつけようがないんじゃないでしょうか」と絶賛。視聴者へのメッセージを問われても「何よりも、ただただ『杉咲花が素晴らしい!』。そういうことだと思います。彼女が生き生きとそこに存在していれば、それで十分かなと。きっと、みんなに愛してもらえると思います」と語る。
物語での塩対応ぶりとは相反する神対応ぶり。今後、ドラマの中で2人の関係がどのように発展していくのか注目される。
◆牧 元一(まき・もとかず) 編集局デジタル編集部専門委員。芸能取材歴30年以上。現在は主にテレビやラジオを担当。

2021年令和3年 杉咲花 似てる

2021年令和3年 杉咲花 似てる

この頃、ネット上では「外見が似ている」という指摘が相次いでいた。

16年の朝ドラ「とと姉ちゃん」で高畑がヒロインを務めた際、妹役で共演したのが杉咲である。

杉咲さんは、「私ももともとドラマがすごく好きで、1クールにやっているドラマ全部見るくらい好きだったんですけど。中でも志田未来さんが出演されている作品が特に好きで。志田さんに憧れるようになって、(志田さんと)同じ事務所のオーディションを受けた」と語り、「千代と似てるなって思いました」と振り返った。

この朝ドラを見て、嫌いになった俳優さんが増えました。それだけ、役に没頭していたということで、役者冥利につきるのでしょうが、冨澤エマさん、トータス松本さん、成田凌さん、小西はるさん。役者さんからしたら、いい迷惑かもしれませんが、それだけ千代ちゃんが好きだったということで。杉咲花さん、素敵な女優さんになられましたね。

放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」でヒロイン・千代を演じている杉咲花さんが、5月7日放送の同局の朝の情報番組「あさイチ」(総合、月~金曜午前8時15分)の「プレミアムトーク」にゲスト出演。杉咲さんは役との共通点について、千代は劇中に登場する女優・高城百合子(井川遥さん)に憧れて女優を目指すことになるのだが、杉咲さん自身も、女優の志田未来さんに憧れたことが役者を志すきっかけになったという。

INTRODUCTION
人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、言葉と⾳楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガール Story。
監督を務めたのは、「四月は君の嘘」、「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイ。バンドで活動した経歴を持ち、音楽にも造詣が深い彼が、言葉×音楽をキーワードに、少年少女の「ひと夏の青春」を描いたオリジナルアニメとなっている。
主人公であるチェリー役には、初映画、初声優、初主演となる歌舞伎界の超新星・⼋代目 市川染五郎を起用。
⼀方、ヒロインのスマイル役は、若手随⼀の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。フレッシュな競演が「ひと夏のできごと」を輝かせる。
音楽制作を務めるのは、「マクロス」シリーズをはじめ、アニメーションの劇伴やアニソン制作において第⼀線を走り続ける音楽レーベルフライングドッグ。同社の10周年記念作品ともなる本作は、『映画 聲の形』などの劇伴制作で知られる牛尾憲輔が担当。さらに主題歌や挿入歌にも豪華アーティストの参加が決定している。

杉咲花さんは母子家庭で育って、お母さんはチエカジウラさん。アニメ「マクロス7」での楽曲が有名ですがアニソン歌手ではありません。「…だけど ベイビー!!」はすぐに検索できます。声は母娘だけあってそっくりです。 チエカジウラサンと離婚したお父さんは元レベッカ、元レッドウォリアーズの小暮武彦さんですね。

大沢は寺田について「すごく過酷な現場でしたが、心くんが1人いるだけで温かい気持ちになって撮影できたので、僕も感謝してます。また、心くんは自分の役をよくわかっていた」と寺田を賞賛すると、三池監督も「心くんは、大人の心を見抜いてるんじゃないかと。それこそ妖怪に近い。ピュアな心を持っている“妖怪、寺田心”」とユーモアを交えて寺田を称えた。
三池監督は、大沢のキャスティング理由について「いろいろとロケハンをしていたら、大沢さんにそっくりな妖怪を発見して捕獲しました」とジョークを飛ばしたあとで「妖怪のなかでもいろんな派閥があって、そのなかでも過激でありながらもやさしい、スケールのでかい心の野獣ということで、それは大沢さんが一番ふさわしいのかなと思いました」と語った。
また、前作『妖怪大戦争』の後に荒俣宏から「妖怪をたくさん出すのは良いけど、次は本物の妖怪に」と頼まれたエピソードを明かしながら、「15年をかけて、全国各地で妖怪ハンターを雇って本物を捕まえてきて、所沢で飼っていたんです(笑)。大沢さんと杉咲さん以外は全部本物(の妖怪)なので、画期的な映画だと思います」との冗談を飛ばすひと幕も。

コメント欄に小暮が目立ちますが杉咲花さんの父親は木暮武彦です。 因みに小暮はデーモン閣下が世を忍ぶ仮の姿で使う時の名字です。

杉咲花ちゃんが、小暮武彦氏の娘さんだとは知らなかったので、いささか驚きました。昔、付き合っていた彼女がRED WARRIОRS のファンだったので、何度かライブに行った事があります。その時彼女は小暮氏の事を通称の「シャケ」と呼んでいました。ミヤコ蝶々さんいついてですが、私が物心つく頃には、既に関西喜劇界の大御所になっておられました。現在の大御所と言えば上沼恵美子さんが思い浮かびますが、ミヤコ蝶々さんには、上沼さんには無い品格と貫禄がありました。印象的だったのは「続・男はつらいよ」で、全編、長谷川伸の「瞼の母」のオマージュになっていてその中での、渥美清さん演じる車寅次郎と、ミヤコ蝶々さん演じる寅次郎の実母とのやり取りはなかなか印象深かったです。寂しけれどお二人とももうこの世にいない。残念です。

また、「狐面の女」役の杉咲花からビデオメッセージが。「すごくビジュアルに力を入れられている作品で、準備は大変でしたが、ものすごくカッコいい役を演じさせていただくことができました。とってもピュアで無邪気な心くんと毎日楽しい時間を過ごせたり、餃子を食べに行ったりしました。三池監督とは『無限の住人』以来、2度目にご一緒させていただき、プロフェッショナルな職人さんたちが集まった現場で、とても貴重な時間を過ごさせていただきました」

2021年令和3年 杉咲花 成田凌

2021年令和3年 杉咲花 成田凌

そのほかに杉咲花さんが、弥生と太郎の親友で若くして命を落とす高校生・渡辺サクラ、岡田健史さんが太郎と深く関係のある青年・あゆむ、小澤征悦さんが弥生の配偶者で、ある事故に巻き込まれる男・白井卓磨、黒木瞳さんが太郎の母・山田真理亜を演じる。岡田さんは映画初出演。

成田さんは柔らかい雰囲気を持った男性でした。とても人懐っこく、憎めない愛嬌(あいきょう)のあるサンタ(太郎)に合っていたように思います。流れる時間の中で変わっていく部分と変わらない根っこの部分を弥生で表現できれば、という思いで演じさせてもらいました。

『カツベン!』成田凌&黒島結菜&周防正行監督に聞く撮影秘話!“高良健吾タンコブ事件”の真相とは?

波瑠さんと成田凌さんが、ふたりの男女の10代から50代までを演じきり、壮大な物語の中で30年間を一生懸命必死に生きています。

成田さん演じる太郎は、生きていく上での苦悩や自分に対しての怒りを抱えつつも、明るく常に変わらないでいようとする心境を丁寧に演じてくれて、その細かい表現が作品にとても深みを与えています。

連続ドラマ「家政婦のミタ」「同期のサクラ」(いずれも日本テレビ系)などで知られる脚本家の遊川和彦さんの第2回監督作品「弥生、三月-君を愛した30年-」が製作され、女優の波瑠さんと俳優の成田凌さんがダブル主演を務めることが10月28日、分かった。2人は初共演。

杉咲花 (C)ORICON NewS inc.

さらに「杉咲花としては、今日この日を無事に迎えられたことをすごくうれしく思っていますし、番組を楽しみに待ってくださった視聴者のみなさまの温かいご声援にすごく励まされ、そのおかげで最後まで完走できたのではないかなと心から思っています」と笑顔であいさつした。

ラジオドラマ『お父ちゃんはお人好し』で花車当郎役の塚地武雅(ドランクドラゴン)は、「途中参加は不安でしたが座長の杉咲花ちゃん、共演者やスタッフの皆さんが良い雰囲気で迎え入れてくれて。最高でした! 見てくださった皆さんも沢山声をかけていただき・・・。花車当郎! 大変お世話になりました! こらたまらんことでござります〜! おおきに!」と、当郎の持ちギャグ(?)で締めた。

ドラマSEASONIでヒロインを演じた榮倉奈々、SEASONIIでヒロインを演じた木村文乃に続く「新たなヒロインは誰だ!?」とヒロイン予想がSNS上で白熱、数多くの考察が繰り広げられており、その行方に注目が集まっていた。杉咲は、17年に映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で銭湯を営む一家の娘役を演じ、第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞と新人俳優賞をW受賞。18年4月放送のTBS系ドラマ『花のち晴れ~花男NextSeason~』で、連続ドラマ初主演を果たすと、まもなく最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『おちょやん』の主演でも話題となっている。本作が『おちょやん』後初の映画撮影で、昭和の喜劇女優から一転、令和の新米弁護士に扮することになる。

杉咲自身は本作で初の弁護士役に挑戦し、松本とは映画初共演、香川とは『劇場版MOZU』(15年)以来の共演となる。劇中衣裳を身にまとった杉咲の写真も公開され、これまでシルエットだったビジュアルも塗り替わり、松本、香川との3ショットビジュアルも解禁となった。

遊川監督が脚本を手がけて現在放送中の「同期のサクラ」は1話1年で描かれているが、今回の「弥生、三月-君を愛した30年-」は、ある年の3月1日、3月2日、3月3日など“30年間におよぶ3月のある1日”が舞台。昭和、平成、令和をまたぎ、運命に翻弄(ほんろう)されながら愛を紡ぐ2人の半生を描くオリジナル作品。波瑠さんは、正しいことに真っすぐ突き進み、強い信念を持つ女性・結城弥生、成田さんは周りに流される弱さを抱えつつも、弥生を人生をかけて支えていく男性・山田太郎(通称サンタ)を演じる。

俳優の成田凌さんが5月15日、東京都都内で行われた主演映画「くれなずめ」の公開記念舞台あいさつに出席した。途中、5月14日に最終…

千代の親友・みつえを演じた東野絢香は、「無事千秋楽! 本当にたくさんの方々に支えていただきました。お芝居続けてて良かった。こんなに素敵な方々に出会えた。約半年、本当に本当にありがとうございました。おおきに!」と、クランクイン&クランクアップ時のみつえの写真とともにツイートし、「旦さん」こと岡田宗助役の名倉潤は、自身のインスタグラムにて「一人おちょやんロスです」と、一平役の成田凌が撮影したという名倉の写真を公開した。

2021年令和3年 杉咲花 前髪

2021年令和3年 杉咲花 前髪

温和な性格で、シズ(篠原涼子)や女中奉公する千代(杉咲花)をやさしく見守っています。

女中奉公に来た千代(杉咲花)に、掃除・洗濯などを厳しくたたきこみます。

女優になったヒロイン・千代(杉咲花)と恋に落ち、二人は結婚します。

女優の杉咲花のラジオ番組TOKYOFM『FlowerTOKYO』(毎週土曜後9:00~9:30)が15日に放送され、同日放送終了を迎えた連続テレビ小説『おちょやん』(NH…

百合子の芝居に魅了された千代(杉咲花)は、役者を目指す思いが強くなります。

【役柄】テルヲは、千代(杉咲花)の父親。