2020年令和2年 櫻井翔 2009

最も牽引した作品は、9月に発売された20周年記念ライブ映像作品「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。本作品の牽引により、音楽映像作品のDVDとBDの総売上金額が最も高かったアーティストに贈られる同部門の「ミュージックDVD・BDランキング」においても1位(80.6億円)となった。本作品は、10月12日付のDVDとBDを合計した「週間ミュージックDVD・BDランキング」で初週売上91.6万枚を記録、令和最高累積売上、自己最高初週売上を達成した。

毎年の大晦日に放送される、男女対抗形式の大型音楽番組として有名な『NHK紅白歌合戦』は、2020年で71回目を迎えるということもあり、長らく日本人に愛されている番組の一つと言えるでしょう。

「第53回 オリコン年間ランキング 2020 作品別売上数部門」の「シングルランキング」では、SixTONES vs Snow Man(ストーンズバーサススノーマン)のデビューシングル「Imitation Rain/D.D.」(イミテーションレイン/ディーディー)が、期間内推定累積売上枚数176.1万枚で1位を獲得。男性アーティストの年間シングル1位は、2009年の嵐/矢野健太 starring Satoshi Ohno「Believe/曇りのち、快晴」(期間内推定累積売上枚数65.7万枚)以来、11年ぶりで、デビュー(1st)シングルの年間1位は、2006年のKAT-TUN「Real Face」(期間内推定累積売上枚数103.9万枚)以来、14年ぶりとなった。また、デビュー(1st)シングルの期間内推定累積売上枚数150万枚超えでの年間1位獲得は史上初となる。

本作は、ジャニーズJr.が一堂に会した大規模なライブパフォーマンスに加え、ライブドキュメント、オフショットなど、ジャニーズJr.の素の表情を詰め込んだ映像作品「素顔」シリーズの4作目。前作の「素顔3」(2001年2月発売)以来、約19年ぶりの最新作となる。公演は、2019年8月8日に行われた総勢約330名のジャニーズJr.による「ジャニーズJr.8・8祭り〜東京ドームから始まる〜」の模様を収録している。

嵐の16作目のオリジナルアルバム『untitled』(2017年10月18日発売)に収録されている「Sugar」。

「オリコン年間ランキング2020 作品別売上数部門」の「DVDランキング」では、ジャニーズJr.「素顔4」が、期間内売上47.2万枚で年間ランキング1位を獲得した。

他の音楽映像作品では、King & Princeの最新ライブ映像作品「King & Prince CONCERT TOUR 2019」が「年間DVDランキング」「年間BDランキング」で2年連続3位を記録、「年間ミュージックDVD・BDランキング」では3位となり、2019年の2位に続き2年連続TOP3入りとなった。また、SixTONESの1st音楽映像作品「TrackONE -IMPACT-」は、「年間BDランキング」「年間ミュージックDVD・BDランキング」でそれぞれ4位を記録。本作は、DVDとBDを合計した初週売上で25.5万枚を記録、1st音楽映像作品の初週売上で歴代1位も記録した。他にも、Snow Manが主演を務めた「滝沢歌舞伎ZERO」が「年間ミュージックDVD・BDランキング」で5位を記録。「滝沢歌舞伎」シリーズ初の年間TOP5入りを果たした。

2001.11.

エリート商社マンの鳴海涼介(櫻井)は、会社の“不採算部門”扱いされている京明館高校に校長として出向を命じられる。これまでのビジネスの常識と掛け離れた“学校”という現場に困惑しながらも立て直しに挑む社会派エンターテインメント。

88年、北海道の北友余市高校は中退者の受け入れを開始。
父親から見放された不良少年、義家(櫻井 翔)は、そこへ編入することになった。
だが、編入式前日、ほかの生徒とモメ事を起こして警察に補導。
教師の岩崎(原田芳雄)と安達(余貴美子)のおかげで解放されるが翌日、彼は制服をストーブに投げ込み、燃やすという反抗的な行動に出る。
嵐の櫻井翔主演の人気ドラマシリーズ『ヤンキー母校に帰る』の2005年春放映のスペシャル・ドラマ。

アンケート調査では、「〇〇さんと共演してほしい」「△△の役をやって欲しい」「××のドラマを再放送してほしい」など、「今後の櫻井翔さんの演技や作品に期待すること」についてもアンケートしました。

本作は、デビュー20周年を記念して2018年11月から2019年12月まで5大ドームで全50公演を開催、約238万人を動員した同名アニバーサリーツアーより、2019年12月25日に行われた東京ドーム・最終公演の模様を収録。10月12日付「週間ミュージックDVD・BDランキング」では初週売上91.6万枚を記録し、令和最高累積売上、自己最高初週売上を達成。さらに11月16日付で音楽映像作品では自身初、および令和初となるミリオンを突破したことでも話題に。音楽映像作品でのミリオン達成は男性アーティスト史上初の快挙となった。

作品を手に取って頂きまして、本当にありがとうございます。皆さまのおかげで受賞することができました。僕らは2020年の12月31日に休止しますが、作品を残すことで、皆さまとこれからも一緒に楽しんでいけたらと思っております。是非ともDVDやBlu-rayを観て、色々なことを思い出して頂けたらと思っております。皆さま、本当におめでとうございます。

なお、「アーティスト別セールス部門 トータルランキング」で2位にランクインしたのは、期間内推定累積売上金額107.4億円でBTS。7月に発売されたアルバム「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」の好セールスが牽引し、同部門の「アルバムランキング」でも2位(54.1億円)に。その他、同部門の「デジタルアルバムランキング」で5位(1.2億円)、「ミュージックDVD・BDランキング」で3位(38.3億円)を記録。また、12月2日付「週間ストリーミングランキング」で史上最短でストリーミング1億回再生を突破し話題を呼んだデジタルシングル「Dynamite」が大ヒットとなり、同部門の「ストリーミングランキング」でも3位(12.2億円)にランクインした。2019年の11位から3位に初TOP3入りしたのは、期間内推定累積売上金額97.1億円で米津玄師。平成生まれアーティスト作品史上初の150万枚超えを記録したアルバム「STRAY SHEEP」の好セールスが牽引し、同部門の「アルバムランキング」(76.2億円)および「デジタルアルバムランキング」(5.9億円)でも1位を獲得。その他、同部門の「デジタルシングル(単曲)ランキング」で3位(4.9億円)、「ストリーミングランキング」でも5位(9.0億円)を記録した。

なお2位には、2019年度同ランキング1位を獲得したOfficial髭男dism「Pretender」がランクイン。2020年6月22日付週間ストリーミングランキングでは同ランキング史上初の累積再生数2億回を達成した。3位は同じくOfficial髭男dismの「I LOVE…」。本作は、2020年1月〜3月に放送された、上白石萌音、佐藤健によるTVドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)の主題歌として話題に。通算11週1位を獲得した。また2019年度は、期間内再生数1億回超えを記録した作品は1作だったが、2020年度はTOP10にランクインした全作品が1億回再生超えとなった。