200m

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーアナウンサー

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーアナウンサー

大橋選手は2017年に初出場した世界選手権で銀メダルを獲得したが、その後自己ベストを更新できない長いスランプに陥った。大橋は当時を振り返り「なんでこんな結果になるのかと、泳ぎたくないほどだった」と話す。スランプ脱出のきっかけとなったのが20年2月に行ったスペインでの高地合宿。その合宿7日目が「運命の日」となった。

競泳女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋悠依(25)が大ファンだという女性6人組グループ「BiSH」が25日、金メダル獲得に祝福コメントを寄せた。

2度のコロナ感染乗り越え金メダル 一時は運動もできず…男子200m自のディーン「夢が実現した」

大橋選手は「2月27日の午後練のことでした。いきなり、自分は全然背中を使えていないんじゃないかと思ったんです。それで、大げさにじゃないですけど、体のローテーションの動きを出すようにして泳いだらすんなり泳げた。一つの意識を変えるだけでこんなにも変わるのかってくらい変わって。この日は『背中記念日』です(笑)」と話した。

大橋悠依 2冠にびっくり「史上初の実感ない」

BiSHは「大橋悠依さん金メダル獲得おめでとうございます。私達のライブに来てくれていたこともメンバー一同嬉しく思っていたので陰ながら応援させて頂いていました」とつづると、「“諦めること諦めて世界を完全味方に”した悠依さん。自分を信じて突き進んできた悠依さんの糧にBiSHがなれていることをとても誇りに思います。きっと悠依さん自身がたくさんの人の糧になっているのでしょう。私達も明日を生きるパワーをたっくさん貰いました」と刺激を受けたことを明かした。

平井監督は「生真面目でとことんやる彼女の意志の強さみたいのが、いい方向に出てきてくれたのかなと思う」と話した。大橋選手も会見で「監督とはぶつかることもありましたが、自分が悪い状態の時も見捨てずにみてくださいました。一番感謝しているのは平井先生」と話していた。

17年の銀メダル後にお祝いメッセージが届きすぎて「返信で腕が疲れてしまった」と言う大橋選手は、このレースに臨む前にスマートフォンの通知をオフにしていた。2冠達成後、通知をオンにしたところ「400件くらい連絡が来ている」と笑った。

しかし、師である平井伯昌監督と練習場所や方法をめぐりぶつかることもあったという。大橋選手と共に練習した清水咲子さんは「2人はすごく話し合っていた。泣きながらのこともあった。金メダルに向かってのぶつかり合いだったのだと思う」と話す。

今回の偉業の裏話を「日刊スポーツ」が伝えていた。大橋選手は慎重な性格で、決勝前夜にライバルの情報を調べ、英国の選手が気になるんだと平井監督に話したという。しかし、平井監督は「英国ではなく、標的を米国選手に絞るように」と忠告したという。結果はその予測通り、銀メダルも銅メダルも米国選手だった。

2021最新 大橋悠依 200m 金

2021最新 大橋悠依 200m 金

大橋は最後の自由形を力強く泳ぎ切り、2分8秒52を記録。25日に行われた女子400メートル個人メドレー決勝でも金メダルを獲得しており、個人メドレー2冠を達成した。

東京五輪第6日の28日、競泳女子200メートル個人メドレーの決勝が行われ 日本の大橋悠依(イトマン東進)が金メダルを獲得した。タイムは2分8秒52。400メートル個人メドレーとの二冠を達成した。

東京オリンピックの競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が金メダルを獲得しました。今大会2つ目の金メダルです。
得意の背泳ぎで2位に上がった大橋は、続く平泳ぎでも2位をキープ。
そして、自由形では最後の最後でついにトップに立ち、逃げ切りました。
今大会400メートル個人メドレーに続き、今大会2つ目の金メダルを手にしています。

【7月28日 AFP】(更新)東京五輪は28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(Yui Ohashi)が金メダルを獲得した。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

400Mでは、世界記録保持者のホッスー(ハンガリー)らを抑え日本競泳陣メダル第1号となった大橋。勢いに乗る25歳は、この日も安定した泳ぎで後半から伸び、最後の自由形でもしっかり3位を守ってタッチした。

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

2021最新 大橋悠依 200m メドレー

2021最新 大橋悠依 200m メドレー

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

大橋は「正直、すごい接戦になると思っていて、金メダルと思うとどうかなと思ったけど、体は止まっていたけど何とか踏ん張れた。初めての女子の2冠なのでとてもうれしい。勝っても負けても何も後悔はないと思って泳げたのがよかった。(寺村)美穂さんが準決勝で負けてしまって『私の分も明日頑張って来て』と言われて。お姉さん方の存在に助けられた。全然実感はないですけど、ものすごく大舞台で自分自身のいい泳ぎができた。沢山の迷惑をかけてきたけど多少は返せたかなと思います」と笑顔で喜びを語った。

競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が2分8秒52で金メダルを獲得し、400メートルとの2冠を達成した。競泳の日本女子で2個の金メダルを手にしたのは初めて。男子200メートルバタフライは今大会の日本男子で初めて決勝に進んだ本多灯が1分53秒73で銀メダルを獲得した。日本勢はこの種目で5大会連続表彰台。 準決勝は、男子200メートル平泳ぎの武良竜也が2分8秒27の全体6位で決勝に進んだが、佐藤翔馬は2分9秒04の10位で落選。女子200メートルバタフライの長谷川涼香は2分9秒42の9位で敗退した。 大橋悠依の話 最後は体が止まっちゃってたけど、何とか踏ん張れた。最後は勝っても負けても何も後悔はない、と言えるように泳ごうと思って、それが良かった。まだ夢みたいで実感はないけど、大舞台で自分の泳ぎができて自信になる。 本多灯の話 本当に成功して自分の思い通りのレースができた。前半は落ち着いていけた。後半は踏ん張るだけだった。緊張していたが、誰よりも楽しむことを意識してやり通した。

東京オリンピックの競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が金メダルを獲得しました。今大会2つ目の金メダルです。
得意の背泳ぎで2位に上がった大橋は、続く平泳ぎでも2位をキープ。
そして、自由形では最後の最後でついにトップに立ち、逃げ切りました。
今大会400メートル個人メドレーに続き、今大会2つ目の金メダルを手にしています。

【7月28日 AFP】(更新)東京五輪は28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(Yui Ohashi)が金メダルを獲得した。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

大橋は最後の自由形を力強く泳ぎ切り、2分8秒52を記録。25日に行われた女子400メートル個人メドレー決勝でも金メダルを獲得しており、個人メドレー2冠を達成した。

女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(イトマン東進)が400メートル種目に続き優勝した。女子個人メドレーでの日本勢の五輪制覇は400メートル、200メートルともに史上初で、2冠も初めて。今大会の日本勢でも初の金メダル2個を獲得した。

【東京五輪/競泳女子200メートル個人メドレー決勝】(28日、東京アクアティクスセンター)【写真】金メダル獲得!2冠を達成した大橋悠依選手
大橋悠依(25)が競泳女子200メートル個人メドレー決勝に出場し、2分08秒52で金メダルを獲得した。
直後のインタビューで大橋は「正直すごい接戦になると思っていた。最後、体が止まっちゃっていたが、何とかふんばれた」とレースを振り返り、「女子で2冠は初めてなのですごくうれしいです」とにっこり。「最後勝っても負けても何も後悔はないと言えるよう泳ごうと思った。それが良かったかなと思います」と声を弾ませた。
400メートル個人メドレーに続き2冠を達成したことについて「本当にまだ夢みたいで、全然実感が無いんですけど、この大舞台で自分の泳ぎができたのはすごく自信になる。いろんな人に迷惑をかけたが少しは返せたかなと思います」と笑顔で語った。

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレー金

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレー金

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

今大会厳しい結果が続く競泳では、女子200m個人メドレー決勝に登場した大橋悠依が2分8秒52をマークし、金メダルに輝いた。大橋は400m個人メドレーも制しており、日本競泳女子で史上初となる1大会での2冠を達成した。また男子200mバタフライでも初出場の19歳・本多灯が銀メダルを獲得。この結果、同種目ではアテネ2004から5大会連続の表彰台入りとなった。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーユーチューブ

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーユーチューブ

リオデジャネイロ五輪出場は逃したものの、大学4年時に初めて出場した17年世界選手権の女子200メートル個人メドレーで2分7秒91の日本記録をマークし、銀メダルを獲得。師の予言を現実に変えたことで、東京五輪は「出たい」ではなく、メダルを狙う大会に変わった。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

大橋本人が「暗黒期」と呼ばれる時期で、チームにはリオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得する萩野公介ら、世界を目指す選手たちがいた。

大橋は同種目で4分30秒82の日本記録を持ち、2019年の世界選手権では銅メダルを獲得。24日夜の予選では、4分35秒71で全体3位で決勝進出を決めていた。

象徴的なのは、大学2年生で迎えた2015年4月の日本選手権だ。200m個人メドレーに出場した大橋は、出場40人中40位、つまり最下位に終わったのだった。

28日の金メダル第1号を飾ったのは、大橋悠依選手(25)。

大学2年、2015年の日本選手権では200m個人メドレーでエントリーした40人中、なんと40位。中学生にも負けていた。

東京オリンピック(五輪)第3日の25日、競泳女子400メートル個人メドレー決勝で初出場の大橋悠依(25)が4分32秒08で金メダルを獲得した。日本の競泳陣で、今大会初のメダル。日本勢が女子個人メドレーでメダルを獲得するのは2000年シドニー五輪400メートル個人メドレーで銀メダルだった田島寧子以来2人目で、21年ぶり。

2014年に草津東高校を卒業すると、北島康介らを育てた平井伯昌率いる東洋大学に入学し、一気に飛躍が期待されたが、ここで伸び悩む。

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

東洋大の平井伯昌監督(58)=日本代表ヘッドコーチ=に「最低でも3、4年は(伸びるまでに)時間がかかる。そこからが勝負だ」と誘われ、2014年に進学した。翌年の日本選手権は200メートル個人メドレー予選で最下位の40位だったが、貧血であることが判明。治療を経て才能が開花した。

「(平井)先生もチームメートも声をかけ続けてくれた。みんなのおかげで取れたメダルだと思う」と大橋。平井監督は「本当によく頑張ってくれたし、俺も報われた」と胸をなでおろした。

もう、仲間と一緒になっても視線を落としている大橋ではなかった。

【次ページ】 20歳を過ぎての急成長はなぜ起きた?

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレー

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレー

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

2021年 7月 9日発売BBM0372108B5判別冊付録共特別定価  1,080円(税込)Contents[別冊付録]東京五輪観戦ガイド東京五輪PREVIEW◆メダル候補のライバル徹底分析!佐藤翔馬 松元克央瀬戸大也 大橋悠依 入江陵介…

【競泳】「何も後悔はないって言えるように」大橋悠依が2冠!

東京オリンピックの競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が金メダルを獲得しました。今大会2つ目の金メダルです。
得意の背泳ぎで2位に上がった大橋は、続く平泳ぎでも2位をキープ。
そして、自由形では最後の最後でついにトップに立ち、逃げ切りました。
今大会400メートル個人メドレーに続き、今大会2つ目の金メダルを手にしています。

大橋は最後の自由形を力強く泳ぎ切り、2分8秒52を記録。25日に行われた女子400メートル個人メドレー決勝でも金メダルを獲得しており、個人メドレー2冠を達成した。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

【7月28日 AFP】(更新)東京五輪は28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(Yui Ohashi)が金メダルを獲得した。

2021最新 大橋悠依 youtube 200m

2021最新 大橋悠依 youtube 200m

レース後のインタビューで大橋は「なんとか、踏ん張れてよかったです。女子二冠は初なのでうれしいです。勝っても負けても後悔のないように泳ごうと思っていました。本当にまだ夢みたいです。ありがとうございました」と笑顔でコメントした。

日本女子の200メートル個人メドレーでのメダルは初めて。個人種目での日本選手による同一大会2冠は、2004年アテネ五輪、08年北京五輪の北島康介以来、2人目。リレーを含めても、日本競泳史上3人目で女子では初の快挙。

東京オリンピック・競泳 女子200メートル 個人メドレー決勝が28日に東京アクアティクスセンターで行なわれ、大橋悠依(25=イトマン東進)が2分8秒52で優勝。

第6日目を迎えた7月28日の東京オリンピックは、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で大橋悠依が優勝し2冠を達成。男子でも、本多灯が200メートルバタフライで2位となり、苦境にある競泳日本男子勢から遂にメダル1号が出た。

東京オリンピックは第6日の28日、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝が東京アクアティクスセンターであり、大橋悠依(25)=イトマン東進=が400メートル個人メドレーに続いて金メダルを獲得した。