2020年令和2年 鬼滅の刃 23巻ネタバレ

社会現象を巻き起こすほどのブームを生み出した吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による漫画『鬼滅の刃』が、「週刊少年ジャンプ」にて最終回を迎えました。
壮絶な戦いを終えた竈門炭治郎(かまどたんじろう)たちは一体どんな結末を迎えるのか。多くのファンが注目していた最終話のエピソードは、意外にも現代を舞台としたものでした。
炭治郎の願った鬼のいない世界には、主要キャラたちの血縁者や転生者と思われるキャラクターが多数登場しています。誰が誰の転生者か明言されていないキャラもいますが、特徴や考察を交えながら、最終話に登場したキャラクターたちを解説していきましょう。
重大なネタバレが多数含まれるで、読み進める際は注意してください。

【お知らせ】5/1発売予定の『鬼滅の刃 20巻 特装版』はご予約を承っておりません。大変申し訳ございませんが何卒ご了承下さいませ。

珠世(たまよ)という名の美女の絵しか描かない、謎多き画家として山本愈史郎(ゆしろう)という人物が登場します。大正から生き残っている唯一の鬼・愈史郎の現代での姿でしょう。
彼が画家として珠世を描き続けているのは、炭治郎との別れ際に言われた言葉が大きいと考えられます。炭治郎は珠世を失った愈史郎に対し、彼女をずっと覚えておけるのは彼だけなので、ずっと生き続けるよう言っていました。
珠世の絵を描く彼の肩には、使い猫の茶々丸の姿もあります。珠代を思い続ける愈史郎は「鬼滅」イチ一途なキャラクターだと言えるでしょう。

無限城での長く凄惨な一夜を経て迎えた201話「鬼の王」では、追い詰められた鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が太陽の下で磔(はりつけ)にされ、最期の時を迎えようとしていました。
弱き人間たちが「鬼を滅ぼす」という想いを継承し、ついには自分を倒すに至ったことに感動しながら、彼自身もまた「鬼狩りを殺し尽くす」という想いを継承させようとするのでした。そしてその継承者に竈門炭治郎を選び、彼にすべての血を注ぎ込みます。
死んだかに見えた炭治郎は、「鬼の王」として目を覚ましました。飢餓状態の炭治郎は、かつての戦友や大事な禰豆子すら傷付けていきますが、栗花落カナヲの決死の覚悟や胡蝶しのぶから預けられた薬によってその動きを止めます。
炭治郎の身体の中では無惨と炭治郎による問答が繰り広げられ、最後は炭治郎が打ち勝ち意識を取り戻したところで、『鬼滅の刃』の長い戦いに終わりが訪れたのです。

転売品の購入はせずに、可能な限り正規価格の鬼滅の刃 23巻フィギュア付き同梱版を購入するようにしましょう。

『鬼滅の刃』に登場する人喰わずの鬼・愈史郎(ゆしろう)。珠世をこよなく愛し、それ故突拍子もない発言や行動に出たりすることから、作中ではギャグ要因として描かれることも少なくありません。今回はそんな彼を詳しく解説!

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎と栗花落カナヲの子孫と思われるのが、竈門カナタと炭彦(すみひこ)の兄弟です。
兄のカナタは16歳で、黒髪に紫色の瞳といった容姿や落ち着いた雰囲気がカナヲに似ています。我妻燈子(あがつまとうこ)とはカップルなのか、一緒に登校し彼女を地球一可愛いとべた褒めしていました。
カナタに起こされてもまったく起きる気配のないマイペースな弟・炭彦は、炭治郎に似た赤髪の高校1年生です。皆勤賞を目指しているようで、慌てて飛び起きるとマンションの最上階から飛び出しパルクールの要領で移動をしていきます。
警察や教師からも目をつけられているようですが、悪びれる様子もなく、自分の好きなように行動している姿が印象的な少年です。

週間少年ジャンプの同名漫画が原作の大人気アニメ『鬼滅の刃』。本記事では本作の動画を無料視聴できるサービス、あらすじや登場人物、おすすめの関連作品について解説していきます。

来月発売の
鬼滅の刃 最終巻 特典版はどこも売り切れなんだね…
5000円もするのに。。

【23巻204話】「鬼のいない世界」
無惨との死闘から3ヵ月。炭治郎たち、鬼殺隊は解散され、これで皆それぞれの生活に戻ります。

Amazonにて鬼滅の刃全巻セットを購入することができます。

『鬼滅の刃』最強のラスボス鬼舞辻無惨。彼が自分の血を分け与え、鬼を増やし続ける理由とは?また、炭治郎と長きにわたる因縁が?無惨について明らかになっている情報を徹底解説していきます!隠された悲惨な過去とは?

特に地方の場合だと、鬼滅の刃 23巻フィギュア付き同梱版の在庫に余裕がある書店もあるそうなので狙い目となっています。

鬼滅の刃 23巻フィギュア付き同梱版は、2020年12月4日より全国の書店でも発売される予定です。

【23巻201話】「鬼の王」
無惨は灼けていくなか、強い想いがあれば永久にその意志は消えないと涙しながら感動していました。