2020年令和2年 松本潤 キンプリ 5人

5人でのパフォーマンスを終えて佐藤「やっぱりそう君が入るとあったかい空気になるというか、5人のつなぎ目みたいなのがそう君のキャラクターだから」
菊池「今まで3人で活動した時期もあったし、いろんなことがあったけど、5人だっていうのは自分の中で軸として持っていた」

2020年いっぱいで活動休止を発表している嵐が、12月16日発売の女性グラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス)の表紙&グラビアに登場する。【写真】大野智作品展より…初お披露目となる巨大細密画
同号は「エンタメの奇跡!」特集で、その表紙と特集にふさわしい、まさに“エンタメ界の星”である5人。表紙&グラビアテーマを「嵐、無二の光。」と題し、すべてのファンにとって輝かしい光である5人に、5本の光のなか歩く、最強にクールな表紙となっている。
撮影中は、何度かトライしながら「よし、もう一回歩こうか!」と松本潤が声をかけ、息を合わせて歩き出すシーンも。その姿は、まさに嵐がみせてくれていた最強のスターパワー溢れるグループのパフォーマンス。撮影において、グッと胸が熱くなる、最高の一枚となった。
中面グラビアでは、フォーマルなスーツスタイルに身を包んだメンバーの凛々しくスタイリッシュなソロ姿に加え、ハッピーかつキュートな空気感のペアショットをリレーで撮影。櫻井翔と相葉雅紀、相葉と大野智、大野と二宮和也、二宮と松本、松本と櫻井、それぞれ幸せ感に溢れた個性溢れる組み合わせにも注目だ。
ソロインタビューでは今年一年を振り返った嵐のメンバーとしての思い出、そして「エンタメの奇跡、魅力」についても明かす。日本中、世界中の人がさまざまな問題に直面した2020年で、そんな中でそれぞれが感じた、エンターテインメントの持つパワーについて、真摯に語っている。
さらに、5人全員の座談会インタビューも掲載。2020年、もっとも「嵐らしい」と思ったエピソードから、初めての無観客・配信ライブとなった「アラフェス2020 at 国立競技場」で感じたこと、そして5人にとってかけがえのない存在である「ファンの皆さん」への気持ちまで、じっくりと話している。

「せっかく5人で戻ってくるんだったら、俺はここにいる意味があるでしょ?」と言ってくれたそうです!翔くん素敵!さすが我らは兄貴!

廊下でSexy Zone5人と、向こうから歩いてくる嵐5人が対面。お互いに「わー!本物だ!」と言いながらも、どちらもオーラありまくり!
やっぱりジャニーズのグループって、1人1人でもかっこいいけど、グループ全員が揃ったときの放つオーラがすごいですよね!

「ride on time」の企画を練っているときには、そういった話は出ていなかったってことですよね。「ride on time」は、ずっと待ち続けてきた松島くんが帰ってきて、”やっと5人が揃った!”と言うテーマで作っているので、また1人欠けてしまうというのはかなり予想外だったんじゃないでしょうか?

変容したのは「鬼」だけではない。「笑う」もそうだ。昨日『ジョーカー』という映画を観たが、痛快この上ない、クリストファー・ノーランの暗い世界観なんかクソ食らえの、明るく楽しい作品で、何せ、ものすげー金をかけて、筆者が一番好きだった75~79年ぐらいの(コッチ市長時代)、一番汚くて危険なニューヨークがほぼほぼ街ごと再現されていたのが鬼パなかったし、やっとホアキンをハラハラしないで安心して観られるのも良かったし、何せ見事なまでの『タクシードライバー』換骨奪胎ぶりは誰にだって分かるチャームで、ホアキン演じるアーサー(のちにジョーカーになる男)がトラヴィスの顔に似てくるあたりは、さすがデニーロを迎えただけあって、「Wデニーロメソッド」と言う感じでシンクロが実に力強い。トラヴィスが少女買春をしているピンプとその一派を撃つ銃と、アーサーが、偽善と正しいマッチョに満ちた司会者(デニーロ演)を射殺する銃は口径が同じである。

ジャニーズ・エンターテインメントはキンプリを打ち出して、平成ジャニーズの勇退路を次々に打ち出す筈だ。『GQ』誌の恒例「メン・オブ・ザ・イヤー」を、高い確率でキンプリは受賞する。これは記録の上では、嵐の松本潤が08年に25歳で受賞した、ジャニーズタレントの最年少記録を、しかも集団的に更新することになる(キンプリは最年長で24歳)。その際『GQ』は、彼らのインタビュアに、高い確率で音楽家の菊地成孔氏に白羽の矢を立て、、、、、うわーしまった!! これは昨年末にガッツリ書いてから、逡巡の末に破棄した「来年(2019)の予測」だった!! しかし自分の予測の正解率に震撼する思いである。まあ、実は今書いたからであるが。

またキンプリは、女性ファッション誌「STORY」9月号(光文社)の「『もう少しで超絶』男子図鑑」というコーナーにも登場。「ザテレビジョンCOLORS」では言葉少なだった神宮寺が、「グループ結成で仕事の幅が広がり、STORYさんのような雑誌に出られることが嬉しい。(中略)同期の佐藤勝利くんはあっという間にSexy Zoneでデビューして、僕は勝利の後ろで踊ることもある。悔しい気持ちはあるけど、いい機会をもらってると前向きに考えています。正直、このグループでデビューしたいです!」とキッパリ明言。同期が第一線で活躍することに悔しさを覚えつつも、それをバネに今度こそ掴んだチャンスをモノにしようという意気込みが感じられる。

確かにミュージックデーの時、5人と翔くんが一緒に並んで、「久しぶりに5人でのパフォーマンスですがどうですか?」と言う歌唱前のトークありましたね!それが事前収録だったんですね!

5人の中では1番翔君と仲の良いはずの風舞。でも、翔くんにプレゼントしたSexy ZoneのCDの説明はケンティーに任せて、結構下がった状態でいたのが、独特の照れというか、「仕事の場ではプライベート持ち込みませんよ」的な感じでした。

アランは本当はホテル入るの撮られてた。
でも相手も売りだしかけのアイドルそれもまだ子供なので流石にまずいから公園で話してたにしたんでしよ。未成年者同士のは事務所の管理も問われるし。そいえば同じ頃山Pも撮られてたからどちらにしろ、近距離は最悪の結果に終わったね。事務所の黒歴史になったわ。あれがなければアランは今頃バリバリ売り出されててキング3人と一緒にデビューしてそう。平野とアランが同じグループにいたら無敵な感じする。アランは本当アホだよ。今でもキングにアランと岸君の5人グループでデビューして欲しい希望ある。踊れて歌える若いしかっこいい(笑)
セクボもいいけどデビューするような雰囲気はなかったかな、可愛い仲よしユニット的な感じ。
平野とアランはヲタじゃない一般に人気出そう。
じぐいわはヲタ以外には嫌悪感持たれる可能性の危険ある、ホモカプに見えるのよイチャイチャが。嵐のイチャイチャとは違うんだよね、本物に見えるのはまずいのでは?

キングとプリンス分けてデビューさせるかもね。ジャニーさんはキングをデビューさせたいメンバーなのは誰も理解してる。プリンスメンバー本当はキングメンバーのサポートできる大人がいいか?若いメンバーにするか?迷ってそう。ジャニーさんのサプライズが怖い。

あらんはヤバイ写真がネットに残ってる。消せないしねー
あらんは魅力あるからどうにかしたい事務所。ソロでドラマかな?それと舞台や映画。グループは爽やかイメージじゃないとこなら入れそう、そうじゃなきゃキンプリメンバーに選ばれてるよ、過去は消せない。本当は今頃プリンスメンバーはあらんと宮近、岸だったかもね。

デビューするにはいろんな大人な現実クリア出来ないと。
一度でもネガティブな事で記事書かれた人はデビューさせられない。スポンサーが嫌がる。昔だったらあらんも宮近もみゅーとも消えてる、今は本人が辞めるまで、舞台のみのジャニーズ。だからせくぼでデビューなんて夢見てるの笑う。キンプリも素行調査バッチリされて大丈夫か確認中だよ。ここでなんか出たらおわり。

キンプリ結成前には、平野が関西Jr.の向井康二や春頃に退所した金内柊真と「KinKan」というユニットに属し、永瀬も西畑大吾&大西流星と「なにわ皇子」として活動。岩橋&神宮寺もSexy Zoneの弟分ユニット「Sexy Boyz」に入っていたが、キンプリの始動によって各ユニットは“空中分解”状態に。平野は、キンプリでの活動に関して、「伸び伸びとやれたらいいな、って俺は思うよ。キンプリってユニットになったのも、気分的にはクラス替えみたいな感じかな。もちろん、やってることは仕事って意識あるけど、違うクラスの子と一緒になって、新しいメンバーでまた頑張ってやっていくんだな、みたいな。この先、もしかしたら次のクラス替えがあるかもしれないぐらいに考えてる」と、冷静にコメント。とはいえ「……もちろん、この6人でデビューできたらうれしいですよ。6人が大好きだし。いつかは6人でオリコン1位を目指してみたい。でも、先を目指すより、今ですね」と、この6人でのデビューを見据えていることを示唆。期間限定ユニットで終わるかどうかは今後の自分たちの頑張り次第と考えているようだ。