2021最新 田中圭 7月ドラマ

岡田准一、同日公開ライバルの田中圭に塩送る「昔バディを組んでいて」

波瑠が主演を務め、夜間救急専門の医師たちが奮闘する姿を描く医療ドラマ。崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、柏桜会あさひ海浜病院では夜間勤務専門の救急医チーム「ナイト・ドクター」が新設される。そこに、救急医の美月(波瑠)、成瀬(田中圭)、新(岸優太)、瞬(北村匠海)、幸保(岡崎紗絵)が集められる。

比嘉愛未演じる乙女ゲームを制作するベンチャー企業の社長・日高泉美が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、胸キュンとともに描くロマンティックコメディー。脚本は、阿相クミコとドラマ「知ってるワイフ」(2021年)などを手掛けた伊達さんが担当する。

2020年に内田理央主演で放送された「来世ではちゃんとします」の第2弾。5人のセフレがいる性依存系女子・桃江(内田)ら、恋愛観をこじらせた男女の生態を赤裸々に描くラブコメディー。今作では、それぞれのキャラクターのよりディープなこじらせっぷりが描かれる。前作に続き太田莉菜、小関裕太、後藤剛範、飛永翼らが出演。

皆さん、お待たせしました!皆さんのお陰で1年2カ月ぶりに撮影を再開することができました。主演の田中圭さんをはじめ、安田顕さん、倉科カナさん、中田圭祐さん、渡辺いっけいさん、松坂慶子さんも元気に撮影に臨んでいます。皆さん1年のブランクを感じさせず、さらにパワーアップした感じがします。

ちょっと変わり者の天才DNA科学者役の田中圭さんと、涙もろい熱血刑事役の安田顕さんのバディがとても魅力的で、演技派のお二人の芝居合戦は見ていて惹き込まれます!実は田中さんと安田さんは初共演で、この有りそうで無かった新鮮なバディは、役柄同様にまさに運命的なバディで、ドラマの最大の見どころです。

METライブビューイング2021 ヴェルディ「アイーダ」

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の活躍を吉沢亮主演でドラマ化。幕末から明治へ、時代の渦に翻弄(ほんろう)され挫折を繰り返しながらも、高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。脚本は連続テレビ小説「あさが来た」(2015年9月〜2016年4月)などを手掛けた大森美香が担当する。

2020年本屋大賞で第2位を受賞した小川糸の同名小説が原作。ある島のホスピスで人生の最後の日々を生きる主人公・海野雫(土村芳)と、彼女の仲間たちの命の輝き、出会いのすばらしさを描く感動物語。ほか、竜星涼、鈴木京香らが出演する。また、本田隆朗が脚本を手掛け、岡田惠和が脚本監修を務める。