999

2021年令和3年 999 伊藤健太郎

2021年令和3年 999 伊藤健太郎

ゆっくりと口を開いた伊藤。事故は、昨年10月28日の17時45分頃、東京都渋谷区の交差点で起きた。

織田裕二さんのカンチは、もどかしくはがゆい男、そして優しい男。そんな優柔不断なカンチを伊藤健太郎さんが演じる。「今日から俺は」とは全く違ったキャラで、そこもまた見どころになりそうな予感。映画【夜空はいつでも最高密度の青色だ】で石橋静河さんの演技はすばらしいく、どんなリカになるのわくわく。さらに、石井杏奈さん、清原翔さんと新キャストに期待が高まります。2020年のカンチ、リカ、さとみ、健一のラブストーリーが楽しみです。

昨年10月にバイクとの接触事故を起こして以来、表舞台から姿を消していた俳優の伊藤健太郎(23)が、このたび初めてメディアの取材に応じた。被害者への贖罪の気持ち、“ひき逃げ”と糾弾された事故の真相、そして莫大な損害賠償について――。

事故翌日の29日に自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕。後に東京地検は伊藤を不起訴としたものの、事故当日の時点では逮捕されるとは考えもしなかったという。大ごとであると実感したのはいつの時点かと質問すると、「逮捕状を読み上げられ……手錠をかけられた時です」と目に涙を浮かべながら言葉を絞り出した。

現在、デイリー新潮では伊藤のインタビュー動画を公開中。また4月28日発売の週刊新潮では、事故後の生活や今後の仕事、報道されてきた「女性マネージャーとの確執」などについて語ったロングインタビューを掲載する。

「カンチ」こと永尾完治の新キャストは映画好きでも有名な伊藤健太郎さん!

2021年令和3年 松本潤 髪型 999

2021年令和3年 松本潤 髪型 999

【99.9第8話の楽しみ方】
1つ!深山大翔七変化!回想の子供時代以外、第1話から全てのシーン青いスーツだった深山…第8話は留置所だけにネクタイ・ベルトNG!ゆえに着替えます!どんな服を着るかは観てのお楽しみ!

【99.9第8話御視聴の注意3カ条】
1つ!録画予約は時間ではなく番組名で!前番がバレーボールゆえ延長がありえます!
2つ!『逮捕されたって事は深山出演シーン少ないんじゃない?』などといらぬ心配はしない!バリバリ出てます!
三つ!留置所に入る事がありますがビトではございません!

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

2021年令和3年 松本潤 999 背包

2021年令和3年 松本潤 999 背包

浴室での絡み合い… 松本潤&有村架純、狂おしいほどの恋に落ちた「ナラタージュ」

松本と香川のコメントは、以下の通り。

香川は「『99.9』は、私が一番「私自身」でいられる唯一無二のコンテンツ。「演技」をしているという実感がいい意味で無い。出演している全てのレギュラー陣がそう思っているはずです。その『99.9』が映画になる。映画という枠組みが演技の幅を広げ、ただでさえドラマの時でも自由だった松本潤さんの、これでもかと爆発しそうな奔放さが見ものです。とんでもないカオス的フリーダムが、スクリーンに炸裂する気がする。ご期待ください!」とコメントを寄せている。

『99.9』は、私が一番「私自身」でいられる唯一無二のコンテンツ。「演技」をしているという実感がいい意味で無い。出演している全てのレギュラー陣がそう思っているはずです。その『99.9』が映画になる。映画という枠組みが演技の幅を広げ、ただでさえドラマの時でも自由だった松本潤さんの、これでもかと爆発しそうな奔放さが見ものです。とんでもないカオス的フリーダムが、スクリーンに炸裂する気がする。ご期待ください!

僕の大好きなキャラクター「深山先生」をまた演じられる事をとても嬉しく思います。TVドラマシリーズに出てきたあの仲間たちはもちろん、新たに加わる新しいキャラクターに僕自身も早く会いたいです。先の見えない大変な日々が続いていますが、観てくれる人の笑顔を想像しながらスタッフ一丸となって真面目に楽しんで制作していきたいと思います!! 映画館のスクリーンで暴れるチーム99.9を楽しみにしていてください。

2021年令和3年 松本潤 999 視聴率

2021年令和3年 松本潤 999 視聴率

松本さん演じる超型破りな弁護士・深山と、香川照之さん演じる敏腕弁護士・佐田の掛け合いが大きな話題になったほか、事実を解き明かしていくストーリー、個性豊かな法律事務所の面々のチームワーク、随所に散りばめられた小ネタや親父ギャグなどで支持を得た。

松本潤演じる、マイペースで飄々とした刑事専門弁護士・深山大翔を中心に、弁護士と検事、裁判官との関係を描きながら、刑事事件の裁判有罪率99.9%のうち0.1%の無罪を解き明かしていく。

日曜劇場には、異なるヒットのパターンもある。
松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』(16年春・18年冬)、二宮和也主演『ブラックペアン』(18年春)などだ。

いい意味で、これまでの松本潤さんのイメージを大きく変えたリーガルドラマ。2016年、2018年とシリーズが続いているので、これからのシリーズ化にも大きな期待が寄せられています。

ではTBSドラマの看板枠となる日曜劇場は、どの視聴者層により高視聴率を獲得しているのだろうか。
スイッチ・メディア・ラボの記録が残る15年以降を振り返ると、基本的にビデオリサーチの世帯視聴率が高い時は、3層の個人視聴率が高い。その意味では高齢層に特化したテレ朝ドラマに似ている。

また、昨年5月31日から5週連続で放送された特別編では、松本さんをはじめとするキャスト陣のトークも新たに収録され、大きな反響を呼んだ。今回の映画化は、「たくさんの方々からの続編を望む声をお寄せいただいたことを受けて、この度シリーズ第三弾を劇場版として制作することが決定しました」(制作スタッフ)としている。

「99.9-刑事専門弁護士-」は、有罪率99.9%という刑事弁護の世界を舞台に、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求しようとする刑事専門弁護士たちを描いたリーガル・エンタテインメント。

同時に、映画のビジュアルも解禁された。松本さん、香川さんのほかに、謎の女性のシルエットが写し出されており、「SEASONI」のヒロイン・榮倉奈々さん、「SEASONII」のヒロイン・木村文乃さんに続く、新たなヒロインが登場するという。

定番中の定番ですいません。最終回の視聴率で42.2%という驚異の数字を叩き出した、超大ヒットドラマです。流行語にもなった「やられたらやり返す、倍返しだ!」のフレーズは、知らない人はいないのでは。水戸黄門のような悪を成敗する展開がスカッとして気持ちが良いと評判で、「次の日から仕事だ…」と憂鬱な気持ちを一掃してくれます。そう、『半沢直樹』の高視聴率のヒミツは、その【日曜日・夜9時】というタイミングだとも言われており、日曜の夜に観ることで、次の日からの仕事のモチベーションが上がる!と専らの評判でした。そのため、本ドラマをイッキ見するときはぜひ日曜日に!

【おちょやん】視聴率1:NHK★NHK見逃し放送: 【17.6】おちょやん視聴率【**.*】NHKニュース7【12.4】首都圏情報 ネタドリ!「緊急事態宣言延長 あの老舗料亭まで…」

以上のように日曜劇場は、3-層を中心に中高年によく見られている。
基本はそのボリューム次第だが、1~2層も取り込むことで爆発的な世帯視聴率になることもある。逆に1~2層をとりながら他の層で伸び悩み、世帯が今一つの場合もある。
社会問題と正面から向き合いながら、数字につなげるケースが多々あるのは、“ドラマのTBS”の腕力と言えよう。

3層により高視聴率を獲るパターンだが、味のある大泉洋が主演するので1~2層も反応するかも知れない。
“思いっきり降りぬくバット”が果たして“ホームラン”をどこまでかっ飛ばすのか、楽しみにしたい。

その中にありTBSは、基本的に2位で推移しているが、その地位を支えているのが日曜劇場となっている。
例えば16年のTBS3ドラマの平均視聴率は9.9%。火曜ドラマと金曜ドラマはいずれも一桁だったが、11.8%の日曜劇場が平均を押し上げた格好だ。
17年も3ドラマ平均は10.7%。13.5%の日曜劇場が牽引した。18年も3ドラマ平均10.6%は、日曜劇場の13.8%に支えられた。

そんな松本潤さんが出演してきたドラマの中で、人気が高いのはどんな作品なのでしょうか。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

2021年令和3年 松本潤 999 主題歌

2021年令和3年 松本潤 999 主題歌

嵐・松本潤主演ドラマ「99.9―」視聴率大躍進の理由は?

僕の大好きなキャラクター「深山先生」をまた演じられる事をとても嬉しく思います。TVドラマシリーズに出てきたあの仲間たちはもちろん、新たに加わる新しいキャラクターに僕自身も早く会いたいです。先の見えない大変な日々が続いていますが、観てくれる人の笑顔を想像しながらスタッフ一丸となって真面目に楽しんで制作していきたいと思います!!映画館のスクリーンで暴れるチーム99.9を楽しみにしていてください。

松本の映画主演は2017年公開の「ナラタージュ」以来約4年ぶり。映画化にあたり松本は「僕の大好きなキャラクター『深山先生』をまた演じられる事をとても嬉しく思います。TVドラマシリーズに出てきたあの仲間たちはもちろん、新たに加わる新しいキャラクターに僕自身も早く会いたいです」とコメントしている。また香川も「映画という枠組みが演技の幅を広げ、ただでさえドラマの時でも自由だった松本潤さんの、これでもかと爆発しそうな奔放さが見ものです。とんでもないカオス的フリーダムが、スクリーンに炸裂する気がする。ご期待ください!」と、ファンにメッセージを送っている。

暗くて地味で冴えない女子高生を同じクラスメイトの修二と彰がプロデュースし、学校の人気者へと押し上げる青春シンデレラストーリー。このドラマといえば世間では主題歌の「青春アミーゴ」のイメージが強いのでは。大ヒットした曲も良いですが、そちらに負けず劣らずドラマのストーリーも良作でした。冴えない少女ではなく、彼女を変えようと奮闘する男子高校生が主人公なのもまた良かったです。男子目線での10代の悩みや葛藤を交えながら、他人のために一生懸命であり続けるひたむきさを描き、観ているこちらの心も若返った気分です。亀梨和也さんの修二、山下智久さんの彰は本当にハマり役で、当時は彰の口癖を真似する男子もチラホラいたほどです。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

松本潤(嵐)の主演で2016年と2018年に放送されたTBS系連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の映画化が決定した。

松本と香川のほか、謎の女性のシルエットも映し出された映画のビジュアルも公開された。YouTubeでは特報映像も公開中。映画の公開は2021年冬が予定されている。

「99.9-刑事専門弁護士-」は松本が演じる型破りな刑事専門弁護士・深山大翔、香川照之演じる元検事のベテラン弁護士・佐田篤弘ら個性豊かな弁護士たちが、裁判有罪率99.9%と言われる刑事事件に隠された0.1%の真実を追い求める姿を描く作品。平均世帯視聴率は2016年4月から放送された「SEASON I」が17.2%、2018年1月から放送された「SEASON II」が17.6%に達し、多くの視聴者からの続編を求める声に応えて今回の映画化が実現した。

キャンパスライフでの理想の恋と青春がすべてこのドラマに詰まっている…!ミスチルの主題歌「Sign」のイントロが流れるだけで、"オレンジの会"のメンバーの顔が思い浮かぶほど大好きなドラマです。リアルタイムに放送していたときに自分が大学生だったこともあり、周りの同級生も全員このドラマを夢中で観ていたような。当時は気がつかなかったけど、大学時代の思い出は人生でもかけがえのないものだったんだと、このドラマを観るたびに痛感します。作中ではいわゆる"リア充"な大学生たちの様子が楽し気に描かれていますが、そんな明るい学生生活とは裏腹にヒロインは聴覚障害のヴァイオリニスト。手話を使って主人公・櫂くんや仲間たちと交流していくのですが、ヒロインが抱える心の闇も見え隠れし、そこもまた切なくて…。気が強く、すぐに暴走してしまうひねくれ者の彼女を、まっすぐな想いで包み込む妻夫木聡さん演じる櫂くんは【The・理想の彼氏】でした!海での告白シーンは、永遠に語り継がれる名シーンです。

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

「99.9」は、私が一番「私自身」でいられる唯一無二のコンテンツ。「演技」をしているという実感がいい意味で無い。出演している全てのレギュラー陣がそう思っているはずです。その「99.9」が映画になる。映画という枠組みが演技の幅を広げ、ただでさえドラマの時でも自由だった松本潤さんの、これでもかと爆発しそうな奔放さが見ものです。とんでもないカオス的フリーダムが、スクリーンに炸裂する気がする。ご期待ください!

2021年令和3年 松本潤 999 映画化

2021年令和3年 松本潤 999 映画化

松本さん、香川さんらのコメントは以下の通り。

近年の不倫ドラマの代表作。ここ数年、有名人の不倫報道がされるや否や不倫を糾弾する声が大きくなるのに、そんな世間の反応とは裏腹に"不倫"をテーマにした本ドラマは社会現象になるほど大ヒット。続編の映画も制作されるほど、多くのファンを獲得しました。このドラマといえば、挿入歌&エンディング曲で使用されている一青窈さんの「他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS」は欠かせません。「♪パッパパラッパ~」という独特な曲調を聴くだけで「昼顔だ」というのがわかる人も多いのでは。

昔は、過去のドラマを観たいと思っていてもレンタルか購入しか選択肢がありませんでした。しかも、ドラマは映画よりもストーリーのボリュームも多いので、一気に観ようと思ってもビデオ(VHS)やDVDの数も4~5本に及ぶことがほとんど。何度も観たい好きなドラマはDVDやBlu-rayBoxを買ってコレクション!となるかもしれませんが、「ちょっと気になるな」くらいの過去のドラマは、なかなか手を出すことはなかったかと思います。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

また、昨年5月31日から5週連続で放送された特別編では、松本さんをはじめとするキャスト陣のトークも新たに収録され、大きな反響を呼んだ。今回の映画化は、「たくさんの方々からの続編を望む声をお寄せいただいたことを受けて、この度シリーズ第三弾を劇場版として制作することが決定しました」(制作スタッフ)としている。

刑事ドラマってどうしてこんなに面白いのでしょうか。今も昔も、刑事ドラマは不動の人気ジャンルかと思います。『踊る大捜査線』は、小さい頃に映画館に新作観に行くほど大好きでした。そんな私が大人になってどハマりしたのは『ストロベリーナイト』です。竹内結子さんの凛々しい姫川玲子役も本当にカッコ良かったんですが、なによりも事件一つひとつの生々しさ、視覚的な演出、そして姫川班のメンバーたちの魅力あふれる人間味が最高でした。ストーリーの本質を邪魔しない姫川&菊田の関係性も絶妙で…。映画の展開やリメイク版(ストロベリーナイト・サーガ)に賛否ありますが、この2010年のテレビドラマ版は刑事ドラマの中でも屈指の傑作です。

貧乏女子高生とスーパーお金持ちのお坊ちゃんが繰り広げるドタバタ学園ラブストーリーは、まさに老若男女楽しめる内容です。ストーリーは原作のままではないため、漫画派だった人も新鮮な気持ちでドラマに入り込むことができます。でも、原作での名シーンや外せないエピソードはきっちりとドラマの方にも盛り込まれているので、原作へのリスペクトも忘れていません。花男の面白さを堪能したい人は『花より男子2(リターンズ)』、映画『花より男子F(ファイナル)』もお見逃しなく!

松本さん演じる超型破りな弁護士・深山と、香川照之さん演じる敏腕弁護士・佐田の掛け合いが大きな話題になったほか、事実を解き明かしていくストーリー、個性豊かな法律事務所の面々のチームワーク、随所に散りばめられた小ネタや親父ギャグなどで支持を得た。

「99.9-刑事専門弁護士-」は、有罪率99.9%という刑事弁護の世界を舞台に、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求しようとする刑事専門弁護士たちを描いたリーガル・エンタテインメント。

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

松本潤さん主演で、TBS系の日曜劇場枠(日曜午後9時)で2016年、2018年に放送された「99.9-刑事専門弁護士-」が、映画化されることが2月17日、明らかになった。「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(仮)」と題して、今冬公開される。松本さんは、昨年末の「嵐」の活動休止後、本作が俳優としての初仕事で、2017年公開の「ナラタージュ」以来、約4年ぶりに映画主演を務める。

また本ドラマは、主演の吉高由里子さんはもちろんですが、男性キャストの演技が素晴らしかったです!『これは経費で落ちません!』で爽やかな好青年を演じていた重岡大毅さんの最低すぎる同僚役も新鮮で、闇落ちするクレイジーな演技にかなり圧倒されました。さらに、世間では三枚目俳優のイメージの強かった柄本佑さんの尾高さん役も話題となり、ドラマの放送期間中は特にSNSで大盛り上がり!尾高さんにハマることを"尾高沼"と表現されるほど、彼に夢中になる女性たちが急増しました。もちろん、私もまんまと"尾高沼"に落ち、第6話のラストシーンは何度観たことか…(笑)佐々木蔵之介さん演じる編集長の頼れる上司もカッコよく、映画で活躍する俳優陣の演技力の本気を観ることができます。

山梨県在住、30代の2児の母。テレビはドラマ・アニメ・バラエティを中心に観ることが多い。ドラマなら恋愛・仕事・サスペンス、アニメならラブコメ・青春・SFが好みだが、総じて“泣ける系”のジャンルにも弱い。漫画は専ら少女漫画ばかりで、矢沢あいの『天使なんかじゃない』は自分史上最高の作品である。最近では咲坂伊緒の漫画が大好き。気になる映像化作品をチェックする時は、映画を観てから小説(漫画)を読む派。

同時に、映画のビジュアルも解禁された。松本さん、香川さんのほかに、謎の女性のシルエットが写し出されており、「SEASONI」のヒロイン・榮倉奈々さん、「SEASONII」のヒロイン・木村文乃さんに続く、新たなヒロインが登場するという。

しかし、今は時代も変わり…。月額課金の定額制(サブスクリプション)による動画配信サービスが流行したことで、手軽にさまざまな映画やドラマを見放題で楽しめるようになりました。もちろん過去のドラマ作品も、多くのサブスクの動画サービスで観ることができます。しかもドラマを観るのもテレビだけでなく、今ではパソコン・スマートフォン・その他ゲーム機やプロジェクターなど多種多様なデバイスで視聴できます。令和の時代では当たり前になった"サブスク"をまだ活用したことのない人は、無料期間もあるので試しに1度登録してみてはいかがですか?