2020年令和2年 重岡大毅 bbj

この嘆願をした理由は、重岡さん曰く国民的グループになるには省かれてしまった3人の力が絶対に必要だと思ったからだそうです。

それだけ重岡さんやジャニーズWEST自体の注目度が高く人気が出ているからなのかもしれません。

俳優としても重岡さんは活躍されていて『溺れるナイフ』や、『殿、利息でござる!』、『ごめんね、青春』での演技も注目を浴びました。

変装をきっちりして重岡さんが握手会に参加していたなら別です。

その近藤さんのブログやSNS、インスタ写真を調べていくにつれて、実は重岡さんと交際していることを匂わせているのではないかと思われる写真や記載がたくさん出てきました。

順調に人気を博していた重岡さんですが、ついに女性関係の噂が出てしまいます。というよりも、Jr.時代からファンから人気で注目を浴びていたために噂が立っていました。

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁ケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!連載班の後輩で恋人の野中春樹(重岡大毅)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて…。

重岡さんに彼女が居る、と噂が出たきっかけは、女優の吉高由里子さんと関ジャニ∞の大倉 忠義さんとの交際の噂があったことから始まります。

おそらく噂が出た時に2人が共演していそうなMステを観て雰囲気を調べようとしたファンによって「重岡大毅 白石麻衣 mステ」と検索されたことで、キーワードに残ったのではないかと思われます。

重岡さんの7歳年上の方で、ふたりはバラエティ番組『あほやねん!すきやねん!』のシリーズで共演しています。二人とも関西出身ですので意気投合したと言われています。

2人は同い年ではありますが、重岡さんは2006年にJr.になっており、2011年にオーディションに合格し乃木坂の1期生になった白石さんの握手会の時には重岡さんが居たら目撃情報が出るくらいには有名だったと思われます。

そして、吉高さんの裏垢がバレ、やり取りをしている内容から重岡さんの彼女と思われる“らん”さんとは誰なのか、ファンによる特定作業が始まります。

このつぶやきの意味は、「大ちゃん(重岡大毅さんのこと)、らん(正体不明の女性)には(付き合っていて大事にしているため)過保護だからね~」とかっこ書きが入ると言われています。

重岡さんが元から白石さんのファンで握手会に参加していたのではないかという噂もデマでしょう。

しかし、しげのその行動ではそういった幻滅が一切ないわけです。つまり、“アイドルとしての重岡大毅”だけをお見せして、ファンの皆様を幸せにしているということです。