getty

2021最新 大橋悠依 getty

2021最新 大橋悠依 getty

東京アクティクスセンターで行われた競泳女子200メートル個人メドレーの決勝、大橋は2分08秒52でトップを切り、2位のアレックス・ウォルシュ(米国)に0.13秒差をつけての優勝。同種目において、日本女子初のメダル獲得でもあり、同一大会での2冠はアテネ五輪・北京五輪での北島康介以来2人目だった。

The IBM strategic repository for digital assets such as images and videos is located at dam.ibm.com. This repository is populated with tens of thousands of assets and should be your first stop for asset selection.

レース後のインタビューで大橋は「なんとか、踏ん張れてよかったです。女子二冠は初なのでうれしいです。勝っても負けても後悔のないように泳ごうと思っていました。本当にまだ夢みたいです。ありがとうございました」と笑顔でコメントした。

東京オリンピック・競泳 女子200メートル 個人メドレー決勝が28日に東京アクアティクスセンターで行なわれ、大橋悠依(25=イトマン東進)が2分8秒52で優勝。

Click here to request Getty Images Premium Access through IBM Creative Design Services.

【競泳】「まだ夢みたい」大橋悠依が金メダル獲得!

東京2020オリンピック第3日の25日、競泳女子400メートル個人メドレー決勝で日本女子のエース、大橋悠依(25)=イトマン東進=が優勝し、今大会の競泳陣で初、日本選手団では2個目の金メダルを獲得した。この種目ではシドニー2000オリンピック「銀」の田島寧子以来の表彰台。

2021最新 長谷川唯 getty

2021最新 長谷川唯 getty

The IBM strategic repository for digital assets such as images and videos is located at dam.ibm.com. This repository is populated with tens of thousands of assets and should be your first stop for asset selection.

18日、来月の『第32回オリンピック競技大会』および『MS&ADカップ2021』へ臨むなでしこジャパン(サッカー日本女子代表)に選出されたMF長谷川唯(ミラン/イタリア)が自身のSNSを更新した。

現在24歳の長谷川は、これまで2018AFC女子アジアカップや2019FIFA女子ワールドカップにメンバー入りを果たすなど、ここまで国際Aマッチ45試合9得点を記録。今年の1月に日テレ・東京ヴェルディベレーザからミランへ完全移籍すると、ここまでセリエAで9試合に出場し3得点を記録する活躍を見せている。

Click here to request Getty Images Premium Access through IBM Creative Design Services.

メンバー選出を受け、長谷川は「東京オリンピックのメンバーに選出されました。このような難しい状況の中、サッカーが出来ることへの感謝の気持ちを忘れず、たくさんの人の想いを背負って戦います」とメッセージを投稿。自身初となるオリンピックの舞台へ意気込みを示した。

関連記事:サッカー日本代表|2021年の年間スケジュール|東京五輪、アンダー世代の予定は?