2021最新 lineニュース 瀬戸大也

一方、瀬戸に対する声は厳しい。「奥さんにしゃべらせて本人はだんまり」「何も語らない瀬戸大也を応援する気になれない」「自分のケツくらい自分で拭けよ」などの声が聞こえてくる。

だんまりを決め込んで3か月余り、ついに復帰へ向けて動き始めた瀬戸。それと時を同じくして、妻の優佳さんが12日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に出演することがわかった。2時間スペシャルの中で、優佳さんは「予算5000円で家族4人、一週間分の夕食を作る」企画に挑戦する。

不倫騒動で活動が制限される中、練習は続けてきたという瀬戸だが、どこまで調子を戻しているのだろうか?今回復帰を果たしたとしても、その実力によっては瀬戸にもうポジションがない恐れもある。

2月4日に開幕するジャパン・オープンにエントリーし、復帰へと動き始めた瀬戸。しかし、瀬戸を待ち受ける現状はこの数か月ですっかり様変わりしてしまった。

瀬戸は‘17年に元飛び込み日本代表の優佳さんと結婚。翌18年に第1子の長女、今年3月に次女が誕生している。優佳さんは瀬戸の食事面をサポートするため、アスリートフードマイスターの資格を取得。夫婦二人三脚で来年の東京五輪を目指していたはずだったが……。

〝不倫〟瀬戸大也「競技に集中」会見せずに2・4カムバック…吉と出るのか? きちんと協会を通じて会見するべき。人間性を疑う。国の税金も競技者には使われている。競技以外のところで使用したというのであれば、説明が必要。国民は納得しない。子供も持っている大人なのだから説明できるはず。

金メダル候補だった競泳の瀬戸大也選手が男子400メートル個人メドレーで予選敗退、25日に行われる予定の決勝進出を逃した。

【関連】吉岡里帆が真冬に“丸出し”透けバスト披露「もう脱ぐしかない」芸能界引退の瀬戸際?

前回のリオ五輪で銅メダルを獲得した種目。テンポよく前半から飛び出した瀬戸は、バタフライを55秒07のトップでターン。背泳ぎもリードを守り、自身のベストラップから約1秒遅れの1分58秒52で折り返した。得意の平泳ぎで後続との差を更に広げラスト100Mへ。そこからまさかの失速となった。

瀬戸はすでに東京オリンピック出場を決めているが、自らの不祥事で活動を停止している間に、しのぎを削る好敵手が復活してしまうとは耳が痛い話。

東京大会の1年中止が決まった後は、モチベーションの低下や自身のスキャンダル発覚により一時低迷。19年世界選手権の結果ですでに出場権を獲得していた五輪への影響も懸念されたが、今年4月の日本選手権では復活優勝を遂げた。 今月22日の取材では、目標タイムを4分4秒と掲げ「完璧に練習が積めた。体も心もすごく整っている」と自信をのぞかせていた瀬戸が、まさかの結果となった。

「たとえば、瀬戸さんのスキャンダルを新潮さんより早くつかんだとしても、報じることはできなかっただろう。五輪後ならともかく、五輪前は有力選手の醜聞、それもプライベートの異性関係はやりづらい。長年培ってきた協会との付き合いもある。五輪アスリートは守られているか?と言ったらそうかもしれない」

連日熱戦が繰り広げられている「東京オリンピック」。今回は卓球の伊藤美誠・水谷隼ペア、競泳の池江璃花子、瀬戸大也、男子サッカーなど注目競技をお届けします!

え、瀬戸大也、何自分に都合のいいこと言ってんの?何きれいごとにしようとしてんの?

瀬戸の話に戻せば、今回は週刊誌がネタをキャッチしたのが運の尽きだった。協会との関係も希薄で、文壇タブーを除けば、おそらく怖いものはない。