vs嵐

2021最新 柳楽優弥 vs嵐

2021最新 柳楽優弥 vs嵐

演じるのは、『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭の男優賞を史上最年少で受賞した柳楽優弥と、国際的なダンサーとしても知られる田中泯。W主演でそれぞれ若き日と老年期の北斎を体現する。北斎を見出す版元の蔦屋重三郎には阿部寛。晩年の北斎に最も影響を与える戯作者の柳亭種彦を永山瑛太。そして、北斎の一つ先を行く美人画の大家・喜多川歌麿を玉木宏。北斎の怒涛の人生に共鳴した豪華キャスト陣が集結した。

12月19日、日本テレビ系『嵐にしやがれ』に柳楽優弥と嵐・松本潤が出演した。

これまではムロツヨシさんが何度か宣材写真を変更しましたが、今回は小栗旬さんと柳楽優弥さんも宣材写真が変わっています。

フジテレビ系「VS嵐」の6月13日(木)今夜放送回に、俳優の柳楽優弥がプラスワンゲストとして参戦。

2021最新 田中圭 vs嵐

2021最新 田中圭 vs嵐

田中と岸は、6月スタートの月9ドラマ『ナイト・ドクター』で現在、撮影を共にしていることもあり、仲が深まっている様子。

その1名を問われると、田中は「岸くんです」と即答し、岸は「もうちょい『誰だ!?誰だ!?』みたいなの言ってほしかった」と苦笑い。

受付期間前に田中圭MOBILE内に受付専用サイトがオープンしますので、そちらからお申込ください。

参考 ■長野オリンピック ラージヒルジャンプ団体競技★長野オリンピック1998年(平成10年)2月7日から2月22日まで、日本の長野県長野市を中心とする地域を会場として開催された20世紀最後の冬季オリンピック。72の国(地域)から選手・役員4638人が参加し、延べ144万2700人の観客が来場。長野オリンピックの競技会場は長野市、白馬村、山ノ内町、軽井沢町、野沢温泉村に配置され、このうち人口が最も多く県庁所在地である長野市が主催都市となった。

この度、本作の公開が2021年5月に決定! さらに、主演・田中圭が、2020―2021SNOW JAPANスペシャルサポーターに任命! スキー伝来110周年となる2021年に、映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』を通じて、 スキー・スノーボード業界はもちろん、スポーツを愛する皆さんを全力で応援します!

『あな番』田中圭&原田知世のウエディングショットを披露 “座長”田中を激励「一日も早く良くなりますよう…!!」

主人公・西方仁也役に「おっさんずラブ」シリーズ、ドラマ「あなたの番です」、『図書館戦争』シリーズなど、人気実力共に今最も旬な俳優・田中圭。西方の揺れ動く内面、葛藤を、圧倒的な存在感と演技力で力強く演じ切る。また、聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役で、今注目度NO,1の若手俳優・山田裕貴が出演。同じくテストジャンパーの一員でケガのトラウマを抱えた南川崇役には眞栄田郷敦が、唯一の女子高生テストジャンパーの小林賀子役に小坂菜緒(日向坂46)、そしてテストジャンパーのコーチ・神崎幸一役に古田新太が扮していている。そして主人公・西方を常に励まし応援する妻の幸枝役には、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で第41回主演女優賞を受賞、以後注目作に出演が続く若手実力派女優の土屋太鳳。監督には、「荒川アンダーザブリッジ」で大きな注目を集め、様々な分野で才能を発揮する映像作家・飯塚健。秀逸なテンポ感の中で、しっかりと人間模様を描く演出力に定評があり、感涙無くしては見られない感動作品を描き上げる。

田中圭MOBILE会員の方々を対象に、舞台「もしも命が描けたら」のチケット先行受付を実施いたします!

また、次のターンで魂チームのインサイダーを見破るインサイダーチェッカーを務めることになった田中は「自信があるか?」と聞かれ、「全くないですね。1名以外、全員強そうだなと思っているんで」とコメント。

2021年はスキー伝来110周年。金メダルの裏に隠された感動秘話を壮大なスケール感のもと、日本人らしい葛藤や心の機微を繊細かつ鮮やかに描いた、実在する感動超大作『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』と、2020-2021SNOW JAPANスペシャルサポーターの田中圭が、スキー・スノーボード業界、ひいては、スポーツを愛する皆さんを応援する!

■田中圭 コメント全文
このたび、2020-2021SNOW JAPANスペシャルサポーターに任命頂きました!僕は、来年公開される、スキージャンプを題材にした映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」で、リレハンメル五輪の銀メダリスト・西方仁也さんの役を演じさせて頂きました。1998年長野オリンピックのスキージャンプ団体戦で実際にあった、テストジャンパーと日本代表選手たちが起こした奇跡を描いた物語です。全日本スキー連盟の皆様には撮影でも大変お世話になりました!公開が延期になってしまっていたのですが、やっと、来年の5月に公開できることになりました!会場の小林 陵侑さん!実は僕もラージヒルのスタート位置でずっと撮影をしていました!めっちゃ怖かったです・・・!ぜひ、お会いして、色々なお話をしたいです!スノースポーツを愛する皆さんにぜひ見ていただきたいと思いますので、映画のPRとともに、精一杯スキージャンプも応援していきたいと思います!

田中圭が新型コロナ感染「ナイト・ドクター」関係者は”2日の差”で助かった!?

田中は、岸に向かって「インサイダーであれ!インサイダーであれ!」と念じるが、相葉は「それはやめて。岸くんがインサイダーになると、これお蔵入りになるから」と返して爆笑をさらうが…!?

2022年、北京で実施される第24回オリンピック冬季競技大会のプレシーズンとなる20/21シーズン。本格的なシーズンインを前にした11月5日(木)、公益財団法人全日本スキー連盟が「2020/2021 SNOW JAPAN記者会見」を実施。スキージャンプの小林陵侑選手ら各競技で活躍する選手が出席、新シーズンに向けての決意表明や今シーズンのオフィシャルウェアの発表などが行われた。そんな中、『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』主演の田中圭が20/21シーズンのスペシャルサポーターに任命されたことも発表された。
会場には田中からのビデオコメントも到着し、任命を受けたことと併せて『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』撮影時、スキー連盟からの協力に感謝の言葉を述べた。また映像の中で会場の小林選手に向け、「実は僕もラージヒルのスタート位置で撮影していました!めっちゃ怖かったです…。ぜひお会いして、色々なお話をしたいです!」とメッセージを送ると、小林選手は「長野オリンピックの時がまだ2歳でそんなに記憶がないのですが、これまでも何度も原田さんたちの映像を見てきましたので、その舞台裏を映画化してくれたとのことで非常に楽しみです。」と映画公開へ期待のコメントを寄せた。

映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」チームは、チームメイトからの質問に「イエス・ノー」で答えるマスターを土屋が務めることになるが、田中は「やばいぞ!典型的な“ソウルとパッション女優”なんで。言葉がたまに通じないのかなってと言うときがある」と不安を覗かせ…。