wowow

2021最新 柳楽優弥 wowow

2021最新 柳楽優弥 wowow

柳楽さん、本郷さんのほか、野波麻帆さん、正名僕蔵さん、田中要次さんといった実力派俳優に加え、テレビ朝日系「侍戦隊シンケンジャー」(09~10年)のシンケンピンク役でブレークした高梨臨さん、元宝塚星組の凜華せらさんといった新鋭が脇を固める。脚本は、映画「20世紀少年」(08~09年)やTBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」(08、10年)などを手がけた若手の注目株、渡辺雄介さんを起用。演出は映画「天使の牙 B.T.A.」(03年)などのスタイリッシュな映像表現が高く評価されている西村了監督。

俳優の柳楽優弥さん(20)が連続ドラマに初主演するWOWOWのミッドナイト☆ドラマ「TOKYO23~サバイバルシティ」が9月4日から放送されることが明らかになった。共演はWOWOWドラマ初登場の本郷奏多さん(19)。24時間以内に東京23区すべてを駆け抜ける「Xゲーム」に参加することになった柳楽さん演じる主人公が、勝ち抜けば賞金1億円、負けた者には死が待っているというサバイバルゲームに挑む。

「TOKYO23」は嵐田武さんが原作、橋本エイジさんが作画を担当し、「週刊コミックバンチ」(新潮社)で08~09年に連載していたサスペンスマンガ。コミックスは全3巻が刊行されている。格闘家を夢見るニートのノボル(柳楽さん)と引きこもりの青年ダン(本郷さん)。2人の元にある日、黒い箱に入った一つの腕輪が届く。それは賞金1億円を賭けた「Xゲーム」への招待状だった。舞台は東京23区、参加人数は不明。1時間ごとに盤面に表示される指定の区内で参加者同士が腕輪をクロスさせ、腕輪が最後まで外れなかった人間には1億円が与えられるというのだ。半信半疑のまま街に出た2人はやがて、腕輪に導かれたかのように出会うが、彼らは、腕輪の外れた参加者たちが次々に変死していくという衝撃的な光景を目の当たりにする。生き残りのために共闘する2人の間には友情が芽生え始めるが……というストーリーが展開する。原作は、ダンを主人公に描かれているが、ドラマでは設定を変更している。

2021最新 氷川きよし live papillon presented by wowow

2021最新 氷川きよし live papillon presented by wowow

収録会場であるマイナビBLITZ⾚坂にEDMが鳴り響く中、おもむろに扉が開くと、氷川の姿が露わになる。ダンスをしながら「キニシナイ」を歌い終えると、ジャジーな「Never give up」へ。

氷川は収録について「ここに、アルバムを聴いてくださった皆さんがいてくれたらよかったのになと、せつない気持ちでした」と振り返ったが、拳を突き上げながらの熱唱は無観客であることを忘れさせた。

歌手の氷川きよしさんの全編ポップスコンサートの模様が、「氷川きよし LIVE ~Papillon~ Presented by WOWOW」と題して、10月24日午後5時半からWOWOWプライムで放送される。氷川さんは6月に、初の全編ポップス・アルバム「Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-」をリリースし、同作を引っ提げて初のポップスコンサートを開催することが決まっていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となった。今回、ポップスコンサートをWOWOWのオリジナルライブとして実現させ、8月4日にマイナビBLITZ赤坂(東京都港区)で無観客で収録した。

ともに歩めば 夢の道!(東京オリンピック2020 開幕)あっと言う間に あたしの…

コロナ禍で無念にも中止となった、幻の全編ポップスコンサートがWOWOWで実現!演歌の枠を超え“氷川きよしというジャンル″の確立を目指して繰り広げた、七変化のステージを10/24(土)にお届け!

圧倒した後、デニムに着替えて「笑っていこうぜ!」を明るく歌い終えると、ここで初めてのMC。「この歌の道はこれからもまだまだ続きますが、自分の中で“氷川きよしというジャンル″を、おこがましいんですけど、つくっていけたら」と決意を語った。

<自分を生きてゆこう>と誓う歌詞はkii名義、氷川自身によるもの。続く「Going my way」まで畳み掛けた序盤から伝わって来るのは、“我が道を行く″という強い決意だった。

氷川きよし 劇場コンサートツアー2021 @明治座 パート2 千穐楽☆連日 クソ暑い東京@明治…

セットリストはアルバム『Papillon(パピヨン)‐ボヘミアン・ラプソディ‐』を網羅し、全曲フルコーラスで披露。「ファッションと音楽って、融合させると面白いものができるなと思って、どんどん制作意欲が湧いてきました」と氷川が語った通り、曲の世界観に合わせた衣装、ヘア&メイクの七変化は大きな見どころだ。

デビュー満20年を迎えた2020年は、6月に初の全編ポップス・アルバム『Papillon(パピヨン)‐ボヘミアン・ラプソディ‐』をリリース。同作を携えた念願のポップスコンサート開催も決定していたが、新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされていた。

そんな中、今回オリジナルライブ「氷川きよし LIVE 〜Papillon〜 Presented by WOWOW」が企画され、8月4日に収録が行われた。東京・マイナビBLITZ⾚坂を舞台に繰り広げられたこの無観客ライブの模様をリポートする。

当日は、会場にEDMが鳴り響く中、氷川さんが登場。ダンスをしながら「キニシナイ」を歌った。コンサートのセットリストは「Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-」の収録曲が網羅されており、全曲フルコーラスで披露。氷川さんは「ファッションと音楽って、融合させると面白いものができるなと思って、どんどん制作意欲が湧いてきました」とコメントしており、衣装やヘアメークの七変化も見どころとなっている。

全世界66カ国×200万人を魅了映画館で体験する至極のドキュメンタリー『アート・オン・スクリーン』第2弾作品、ポスタービジュアルが完成!2021年1月29日(金)から公開の上映劇場も発表!

■ “氷川きよしというジャンル″を求道する氷川が涙の熱唱!

氷川きよし 劇場コンサートツアー2021 @明治座 パート1私のとっての夏休み第一弾…